北米で白いXbox 360本体とKinectのバンドルが出荷開始【UPDATE】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

北米で白いXbox 360本体とKinectのバンドルが出荷開始【UPDATE】

Microsoftは、Xbox 360の新たなバンドルパッケージとなるXbox 360 Special Edition 4GB Kinect Family Bundleを、本日より北米市場向けに出荷開始すると発表しました。このパッケージは数量限定生産になるといい、価格は299.99ドル、同梱内容は以下の通り。

家庭用ゲーム Xbox360

※UPDATE: 日本マイクロソフトより国内でも3月8日に発売と発表がありました。詳細はこちらの記事をご覧ください。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

Microsoftは、Xbox 360の新たなバンドルパッケージとなる「Xbox 360 Special Edition 4GB Kinect Family Bundle」を、本日より北米市場向けに出荷開始すると発表しました。このパッケージは数量限定生産になるといい、価格は299.99ドル、同梱内容は以下の通り。

■光沢仕様の白い4GB Xbox 360本体

■光沢仕様の白いKinectセンサー

■白いワイヤレスコントローラー

■Kinect専用ソフト『Kinect Sports』

■Kinect専用ソフト『Kinect Adventures』

■Xbox LIVE 3ヶ月ゴールドメンバーシップ




また、このバンドルに同梱されているスペシャルエディションの白いワイヤレスコントローラーが、単品価格49.99ドルで同時発売。

これらの新製品はヨーロッパやブラジルでも数ヶ月以内に発売予定とのこと。日本国内向けの発売に関しては日本マイクロソフトからの発表が待たれます。

尚、白いKinectセンサーは「スター・ウォーズ リミテッド エディション」にも同梱されています。(ソース&イメージ: Major Nelson)


【関連記事】
『Kinect Star Wars』国内発売日が4月5日に決定!ゲームの詳細や特典も
まさに未来の買い物?Kinectを搭載した全自動ショッピングカートが凄い
商用向け『Kinect for Windows』が出荷開始、開発キットも無料公開
250GB HDDやソフト4本を同梱したXbox 360の10周年バンドルパックが仏Amazonに掲載
噂: Xbox後継機のコードネームは“ドゥランゴ”
噂: MicrosoftがXbox 360後継機向けのタブレット型コントローラーを検証中
《Rio Tani》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『CODE VEIN』ポッキリ心が折れるのに、つい再挑戦したくなる─バンナム初の「死にゲー」に挑んだ開発者の試行錯誤に迫る【TGS2019】

    『CODE VEIN』ポッキリ心が折れるのに、つい再挑戦したくなる─バンナム初の「死にゲー」に挑んだ開発者の試行錯誤に迫る【TGS2019】

  2. 『DEATH STRANDING』東京ゲームショウ2019一般初日ステージレポート!圧倒的な視聴者の人数に小島監督も驚き【TGS2019】

    『DEATH STRANDING』東京ゲームショウ2019一般初日ステージレポート!圧倒的な視聴者の人数に小島監督も驚き【TGS2019】

  3. 『仁王2』キャラクリエイトが追加され、妖怪の技も使用可能!11月のβ版配信が待ち遠しくなる常闇ステージレポート【TGS2019】

    『仁王2』キャラクリエイトが追加され、妖怪の技も使用可能!11月のβ版配信が待ち遠しくなる常闇ステージレポート【TGS2019】

  4. 『Marvel's Avengers』ステージレポ―実機プレイによるヒーローたちのド派手な活躍に大興奮!【TGS2019】

  5. 『モンハン:アイスボーン』追加モンスター含む「無料大型アップデート第2弾」が12月配信!19年内ロードマップも公開

  6. 『FF7 リメイク』TGS2019ステージのアーカイブ映像公開!イフリートを召喚するアプス戦やクラシックモードの情報も

  7. 『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド RETRO』9月17日発売!シリーズの原点をスイッチで楽しめる

  8. 『CoD:MW』メディアセッションレポー掲げられた5つの「ドグマ」とは【TGS2019】

  9. 『ボーダーランズ3』公式スキルシミュレーター国内公開!主人公4人のスキルが明らかに

  10. 熱狂、そして“つながり”『DEATH STRANDING』ボイスタレントセッションレポ!【TGS2019】

アクセスランキングをもっと見る

page top