最新映像やマルチプレイディテールなど『Halo 4』の情報が一挙解禁 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

最新映像やマルチプレイディテールなど『Halo 4』の情報が一挙解禁

Bungieの手を離れ、新たにMicrosoft傘下の343 Industriesが開発を進めるヘイローシリーズ最新作『Halo 4』。サンフランシスコで開催されたSpring Showcase 2012にて今作の情報が一挙解禁。

家庭用ゲーム Xbox360


Bungieの手を離れ、新たにMicrosoft傘下の343 Industriesが開発を進めるヘイローシリーズ最新作『Halo 4』。サンフランシスコで開催されたSpring Showcase 2012にて今作の情報が一挙解禁。開発者ダイアリー映像、スクリーンショット、マルチプレイを中心としたゲームディテールが公開されています。

■ 今作ではマスターチーフのアーマーがより軽量でフレキシブルにリデザインされた。

■ マルチプレイヤーモードにはストーリー背景が用意され、全てのプレイヤーは“Spartan IV”となって戦うことになる。

■ プレイヤーはSpartan IVの容姿、能力、装備などを豊富にカスタマイズ可能。

■ 今回は2種類のマップ「Wraparound」と「Warhouse」が披露された。

■ マルチプレイ用のマップはシングルキャンペーンからの使い回しではなく、バランスを考慮して設計されている。

■ バトルライフルが復活。見た目が少し異なり、連射速度もあがった。

■ 『Battlefield』や『Modern Warfare』にあるような武器カスタマイズ要素の影響はなく、基本的な武器のシステムは従来のシリーズと同じになる。

■ 343 Industriesは武器バランスにフォーカスしており、武器の選択肢もさらに増えた。

■ ビークルは今作でも登場。

■ Assassinationも健在。さらに凶悪になった。

■ Destructoidの記者いわく、Spartan IVの足音やバトルライフルの発砲音など音響効果が凄まじかった。

■ 30fpsで動作。

■ Kinectの対応予定は今のところなし。

海外サイトCVGでは、トレイラーからキャプチャーされた大量のゲームプレイスクリーンショットを掲載しているので気になる方はチェック。

『Halo 4』は2012年ホリデーシーズンに日本含む全世界で発売予定です。(ソース: Destructoid, Kotaku)


【関連記事】
噂: 『Halo 4』のゲーム直撮りスクリーンショットが流出
噂: 『Halo 4』はマルチプレイヤーBotを搭載
『Halo 4』は既存エンジンの改良版を使用、Xbox 360で発売へ
『Halo 4』は初代Haloのルーツを辿る−Microsoft
E3 11: 日本でも発売決定!『Halo 4』の公式アートやスクリーンショットが到着
E3 11: Microsoftが『Halo 4』を発表、2012年ホリデー発売
《Rio Tani》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 異世界ソ連FPS『Atomic Heart』ポリマー水流に飲み込まれる女性を描いたティーザー映像公開

    異世界ソ連FPS『Atomic Heart』ポリマー水流に飲み込まれる女性を描いたティーザー映像公開

  2. 激似の嵐!『ソウルキャリバーVI』仰天カスタムキャラたち―ガスコイン神父からサノスまで

    激似の嵐!『ソウルキャリバーVI』仰天カスタムキャラたち―ガスコイン神父からサノスまで

  3. 『Fallout 76』には「エンクレイヴ」勢力が登場―その他の組織も続々紹介

    『Fallout 76』には「エンクレイヴ」勢力が登場―その他の組織も続々紹介

  4. 『フォートナイト』公式Twitterが画像とともに奇妙な詩を投稿―ハロウィンテーマのイベントに関係か

  5. 『PUBG』ハロウィンスキンを紹介するティーザー映像公開!ホラー映画さながら…

  6. 『フォートナイト』浮島は謎のエネルギーを立ち昇らせ再びルートレイクへ

  7. 『スターデューバレー コレクターズ・エディション』2019年1月31日より国内発売!PS4向けDL版も同日配信

  8. 今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

  9. 『ヒットマン2』シリーズ初の対戦モード「ゴースト・モード」登場―国内向けトレイラーも

  10. 『フォートナイト』浮遊を始めた小島たちが雷光と共に浮島へ収束ー今度は何が起こるのか

アクセスランキングをもっと見る

page top