GDC 12: CD Projekt Red「DRMはあなたのゲームを守らない」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

GDC 12: CD Projekt Red「DRMはあなたのゲームを守らない」

ニュース 最新ニュース

昨年の『The Witcher 2』での不正コピー騒動やGOG運営などで一貫してDRM非搭載を信念としているCD Projekt Redですが、現在開催中のGDC12でも再びDRMに関する意見を述べています。

「今後いかなるゲームにおいてもDRMを利用するつもりは無い」と述べたCEO Marcin Iwinski氏のプレゼンテーションは、ポーランドのパブリッシャーであるCD Projekt Redが、宣伝費を多用せずにどうやって100万本以上を売り上げるようになったかという話にフォーカスしたものとなったようです。またその中で以下のよう意見を言葉にしています。

「ゲームをリリースします。2時間でクラックされます、『The Witcher 2』では即座にやられました。本当に驚くべきことは海賊たちはプロテクトされていないGOGバージョンを使用しないということです。彼等はセキュロムのリテール版を掴み、クラックしてこう言うんです“俺達はクラックしたぞ”……つまりこれはセキュロムが搭載されていないバージョンが同時に発売されることと同じです。貴方は(DRM非搭載の)GOG版が他のものより優れていると思うはずです」

プレゼンテーション後、Joystiqに対しIwinski氏は「DRMは貴方のゲームを守らない」とコメント。DRMの搭載は合法的なユーザーに枷がかかってしまうと主張し、再びその揺らがない信念を見せつけています。
(ソース: Joystiq)


【関連記事】
CD Projekt RED無念、『The Witcher 2』海賊行為に対する法的通知を中止
DRM非搭載の『The Witcher 2: AoK』で450万回以上の海賊行為が行われる
ゲーム会社CEO: DRMは意味が無い、お金の無駄
Ubisoft: 常時ネット接続が必要なDRM戦略は成功している
Ubisoft、常時オンライン必須のDRMを一部のタイトルで廃止に
《ishigenn》

ニュース アクセスランキング

  1. ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

    ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

  2. 400人バトルロイヤルも可能な新作シューターの初映像が2月にお披露目!

    400人バトルロイヤルも可能な新作シューターの初映像が2月にお披露目!

  3. 海外版『魂斗羅』など多数のゲームパッケージイラストを手がけたBob Wakelin氏が死去

    海外版『魂斗羅』など多数のゲームパッケージイラストを手がけたBob Wakelin氏が死去

  4. 『Crackdown 3』にも携わるクラウド技術会社をEpic Gamesが完全子会社化

  5. 噂: 『Dead by Daylight』に「Saw」のジグソウ参戦か―意味深な予告映像

  6. 火星オープンワールドサバイバル『Memories of Mars』発表!―2018年春に早期アクセス予定

  7. 閉じ込められた男を救う2Dアドベンチャー『STAY』発表!―ゲームはリアルタイムで進む…

  8. 『アサシン クリード オリジンズ』 「隠れし者」1月23日国内配信!本編から4年後が舞台

  9. EVGAとも提携!『PC Building Simulator』最新トレイラー

  10. PC版『レインボーシックス シージ』海外イベントで日韓対決実現!「eiNs」が挑む

アクセスランキングをもっと見る

page top