GDC 12: マルチエンディングや対戦モードなど『Portal 2』の初期構想が公開 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

GDC 12: マルチエンディングや対戦モードなど『Portal 2』の初期構想が公開

先日開催された、GDCA12では、GOTYを初め、3部門での受賞を手にしたValveの名作パズルFPS『Portal 2』ですが、オープニングを始め今作が完成に至るまでの間に構想されていた様々なアイデアが披露されました。

PC Windows

※この記事はゲーム本編のネタバレの可能性もあるので観覧にご注意ください。


先日開催された、Game Developers Choice Awards 12では、Game of the Yearを初め、3部門での受賞を手にしたValveの名作パズルFPS『Portal 2』ですが、初期段階でのオープニングシーンを始め今作が完成に至るまでの間に構想されていた様々なアイデアがGDCにて披露されました。


これは開発初期の段階でのオープニングシーンで、製品版では前作と同じ研究施設を舞台に、住居空間の一室からスタートするシーンですが、初期の段階では、ロボットが反乱を起こした孤島を舞台とした作品となっていて、前作『Portal』の続編では無く独立した作品を目指していたようです。また、今作のマスコットとも言えるGlaDOS、Chellといった重要な役割を果たすキャラクターもカメオ出演のみで、なんとシリーズを特徴するポータルのシステムも廃止予定だったそうです。

完成版ではエンディングは一種類のみでしたが、当初はマルチエンディングが予定されていて、ゲーム開始2分以内にゲームオーバーになり、プレイヤーの短い人生を語る歌が流れるエンディングと、ラストの月にポータルを開けるシーンでそのまま移動すると宇宙空間に放り出されて死亡するというエンディングの2つが用意されていたとの事です。

マルチプレイについても大きな変更があり、製品版ではCo-opプレイが導入されていますが、当初は『Speedball』と『Portal』を混ぜた様な内容の対戦モードも用意されていたそうです。廃止の理由については“テストをした結果カオスでつまらないものになった”と説明されています。



また、GDC期間中にキャラクターアートを始めとする様々なコンセプトアートやスクリーンショットが公開されているのでこちらも合わせてご紹介します。







(ソース&イメージ: PCGamer via GamesRader)
《FURUKAWA》

PC アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』PC版に高解像度テクスチャパック発表!無料DLCとして提供へ

    『モンハン:ワールド』PC版に高解像度テクスチャパック発表!無料DLCとして提供へ

  2. 【吉田輝和の絵日記】原始時代街作りシミュ『Dawn of Man』神になった気分で未開の地に文明を築く!

    【吉田輝和の絵日記】原始時代街作りシミュ『Dawn of Man』神になった気分で未開の地に文明を築く!

  3. Steam、新ライブラリUI情報を公開!所持ゲーム関連イベントを一括確認できる新機能も発表【UPDATE】

    Steam、新ライブラリUI情報を公開!所持ゲーム関連イベントを一括確認できる新機能も発表【UPDATE】

  4. PC版『アサシン クリードIII リマスター』要求スペック公開!4K向けの推奨スペックも

  5. 宇宙ステーションADV『Tacoma』期間限定で無料配布中―ストーリーが魅力の高評価タイトル

  6. 青春ホラーADV『Oxenfree』Epic Gamesストアで期間限定無料配布中―次回配布は『The Witness』

  7. 中国学生生活ゲーム『中国式家長 / Chinese Parents』日本語版の制作が決定

  8. 荒野の大規模オープンワールドRPG続編『Kenshi 2』開発開始―前作の1,000年前が舞台

  9. 自動工場建設ゲーム『Satisfactory』の早期アクセスが開始―レッツ惑星開拓!【UPDATE】

  10. 『The Outer Worlds』『The Sinking City』Steam販売はローンチ1年後以降に―Epicなど他ストア時限専売のため【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

1
page top