Slant Six、『バイオハザード ORC』の酷評レビューについてコメント | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Slant Six、『バイオハザード ORC』の酷評レビューについてコメント

PC Windows

昨日も海外レビューひとまとめでお伝えしたように、最新作『バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ』での評価が振るわなかったSlant Sixですが、ユーザーから同スタジオに投げかけられた今回の酷評レビューに対するツイートに、公式アカウントがTwitterにて返答しています。

「どうしてこんなに酷くレビューされているのか理解に苦しむよ。本当に面白いし最高だ!」とユーザーからツイートを受けたSlant Sixは、「そう思うよKyle(ユーザー名)!我々はプレイヤーの意見に耳を傾けていますが、みんな本作を気に入ってくれているように思います、そしてそれが最も重要なことなんですよ :)」返信。プレイヤー達からの素晴らしいフィードバックに胸が高鳴っているともツイートし、プレイしたユーザー達に感謝の言葉を述べました。

なおSlant Sixは海外での『バイオ ORC』ローンチ後、初のオリジナルIP作品『Strata Scavenger』を正式発表しています。日本語版『バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ』は国内でPS3/Xbox 360版が4月26日に発売。5月には海外でPC版もリリースされる予定です。
(ソース: GamerZines)


【関連記事】
『バイオ ORC』のSlant Sixが新規IPとなる『Strata Scavenger』を発表
海外レビューひとまとめ『バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ』
『新・光神話 パルテナの鏡』や『バイオ ORC』の初海外レビューが掲載
Spec Opsの物語を描く『バイオハザード ORC』の無料DLCミッションが発表
Svensson氏: 『バイオハザード6』はシリーズ最高の予約本数を記録
《ishigenn》

PC アクセスランキング

  1. 『荒野行動』日本首席ストーリーアドバイザーに深作健太氏が就任―実写映画「バトル・ロワイアル」の脚本家

    『荒野行動』日本首席ストーリーアドバイザーに深作健太氏が就任―実写映画「バトル・ロワイアル」の脚本家

  2. 『GTA IV』収録楽曲の一部削除・追加アップデートが配信、ファンからは更新データを拒む声も

    『GTA IV』収録楽曲の一部削除・追加アップデートが配信、ファンからは更新データを拒む声も

  3. 上海産アクションRPG『Eastward』新トレイラー、『MOTHER』『ゼルダ』の系譜を感じる温かなインディー作品

    上海産アクションRPG『Eastward』新トレイラー、『MOTHER』『ゼルダ』の系譜を感じる温かなインディー作品

  4. 『PUBG』テストサーバーでマップ選択追加や武器バランス大幅調整アップデート実施!

  5. 「アドベンチャー・タイム」オープンワールドRPG『Adventure Time: Pirates of the Enchiridion』発売日決定!

  6. Steam、レビューでのコメント可否も設定可能に、デフォルトではOFF

  7. 崖の上に都市をつくる新作シム『Cliff Empire』早期アクセス開始! 核戦争後の世界で人類を再生

  8. 『PUBG』原点の1つ、ミリタリーサンドボックス『Arma 3』がフリーウィークエンド実施!

  9. ドットと光で世紀末を演出するADV『Eastward』のビジュアルが美しい!日本の90年代アニメを意識

  10. SF風味な架空スポーツゲーム『Laser League』5月10日から正式リリース、新DLCも発表

アクセスランキングをもっと見る

page top