カプコンプロデューサー「サバイバルホラーのバイオはCoDほど売れない」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

カプコンプロデューサー「サバイバルホラーのバイオはCoDほど売れない」

ニュース 最新ニュース

『バイオハザード リベレーションズ』や『バイオハザード ザ・マセナリーズ 3D』、また『オペレーション・ラクーンシティ』のプロデューサーとして、近年のバイオハザード開発に携わっている川田 将央氏。同氏が海外のGamasutraによる独占インタビューにて、近年の『バイオハザード』の方向性サバイバルホラー市場についての意見を述べています。

川田氏は「特に北米市場において、シリーズにはアクション重視の方向性が最も必要だと思います、バイオハザードの初期作品には『バイオハザード4』や『バイオハザード5』で変化した拡張部分が必要です」とコメント。同市場では今後もこの方向性を成長させる必要があるとし、それが『リベレーションズ』をアクション重視にした理由であることも明らかにしました。また同氏は現在のサバイバルホラー市場についても言及。

「サバイバルホラーゲームのマーケティングデータを見ていくと……『Call of Duty』や全てのアクションゲームの売り上げと比べて、この市場は小さいです、“サバイバルホラーとしての『バイオハザード』”が同様の売り上げを達成出来るとは思えません」

サバイバルホラー市場が持つ規模の小ささを指摘した川田氏ですが、同インタビュー中では「だからといって『バイオハザード6』を完全に『Call of Duty』のようなアクション重視にする必要は無いと思います。まっすぐなシューターにすべきでは無い。ただ自分の感想としては『4』や『5』は正確にはシューターではありませんでした」とも発言。『リベレーションズ』や『ORC』の名を挙げつつ、市場を広げていくという視点において、ナンバリングタイトルで『バイオハザード』の本来の姿を維持することは出来るが、より規模を大きくしたり他の市場でヒットさせることも出来るとしました。

最後に川田氏は「品質に見合った売り上げのゲームをつくろうと思うなら、世界にアピールすることは必要。明白なことだと思いますが、しかし『Grand Theft Auto IV』や『Skyrim』、『Call of Duty: Modern Warfare』が日本でも売れているのは、ゲームプレイが面白いからです」とコメントしています。
(ソース: Gamasutra)


【関連記事】
Slant Six、『バイオハザード ORC』の酷評レビューについてコメント
Deathが敵を切り裂く!『Darksiders II』最新CGトレイラー
『バイオ ORC』のSlant Sixが新規IPとなる『Strata Scavenger』を発表
海外レビューひとまとめ『バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ』
『新・光神話 パルテナの鏡』や『バイオ ORC』の初海外レビューが掲載
《ishigenn》

ニュース アクセスランキング

  1. 「今年ブレイクするYouTuber予想ランキングトップ20」発表―上位半数がバーチャルYouTuber

    「今年ブレイクするYouTuber予想ランキングトップ20」発表―上位半数がバーチャルYouTuber

  2. インディーヒット作『Downwell』を手掛けたもっぴん氏が任天堂に入社

    インディーヒット作『Downwell』を手掛けたもっぴん氏が任天堂に入社

  3. グリー、Supercellとの特許紛争についてコメント発表…一部アプリでは機能削除も

    グリー、Supercellとの特許紛争についてコメント発表…一部アプリでは機能削除も

  4. 新生『ゴッド・オブ・ウォー』国内発売日が4月20日に決定―クレイトスの新たな旅が始まる

  5. 噂: Steam“旧正月セール”が2年ぶりに復活か―非公式DBらが報告

  6. Wargamingが『World of Tanks VR』電撃発表!VR市場に本格進出

  7. 『PUBG』開発元がチャリティーイベントに合計200万ドルを寄付予定、日本円にして約2億円

  8. Bethesdaのトッド・ハワード氏がNew York Videogame Awards「Legend Award」受賞!

  9. 400人バトルロイヤルも可能な新作シューターの初映像が2月にお披露目!

  10. ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

アクセスランキングをもっと見る

page top