Xbox LIVEのストリーミングサービス利用率はゲームプレイ時間とほぼ同等に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Xbox LIVEのストリーミングサービス利用率はゲームプレイ時間とほぼ同等に

Netflix、ESPN、Hulu、Vudu、YouTube、さらに新たに対応されたHBO Go、Major League Baseball、Comcast Corp,'s Xfinityなど、海外では多くのストリーミングサービスに対応しているXbox 360ですが、その利用率はゲーミングとほぼ同等になってきているようです。

家庭用ゲーム Xbox360
Netflix、ESPN、Hulu、Vudu、YouTube、新たに対応されたHBO Go、Major League Baseball、Comcast Corp,'s Xfinityなど、海外では多くのストリーミングサービスに対応しているXbox 360ですが、その利用率はゲーミングとほぼ同等になってきているようです。MicrosoftのXboxビジネスにおけるマーケティング戦略部門ヘッドYusuf Mehdi氏が大まかな統計を明らかにしています。

Mehdi氏によれば、1つの家庭が1ヶ月にXbox LIVEを利用する平均時間はおよそ84時間となっており、この平均は1年前と比較すると3割ほど上昇しているとのこと。またその内、映像や音楽のストリーミングサービスの平均利用時間は42時間から45時間で、ゲームプレイ時間とほぼ同等かそれ以上に。同氏は続けて、Xbox 360でゲームをプレイしたあと、電源を落とさずにストリーミングサービスを利用するようなユーザーが多いことも明らかにしています。

国内Xbox LIVEではやや限定されている感のあるストリーミングサービスですが、Los Angeles Timesによれば、北米Xbox LIVEでは既に36サービスが展開されており、2,400の野球試合やドラマプログラム1,000種以上、数千の映画やテレビ番組が各サービスを通して視聴可能となっているそうです。
(ソース: Los Angeles Times via Kotaku)


【関連記事】
名作『ドラゴンズレア』がXBLAで復活、Kinectにも対応
Xbox LIVEで実績やゲーマースコアが消滅する問題の対処方法
GDC 12: 最近の日本のゲームは酷い−『Fez』開発者Phil Fish氏
XBLA新作『Trials Evolution』『Minecraft』『Fable』が国内でも配信決定!
Xbox 360のシステムアップデートが実施、色の問題を修正
《ishigenn》
【注目の記事】[PR]

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『エースコンバット』シリーズ史上最強のステルス戦闘機「X-02S」を専門家がガチ評価!その判定は…?

    『エースコンバット』シリーズ史上最強のステルス戦闘機「X-02S」を専門家がガチ評価!その判定は…?

  2. PS5がその場で当たる!「プレステ」×「ユニクロ」コラボを記念したTwitterキャンペーンが開催中

    PS5がその場で当たる!「プレステ」×「ユニクロ」コラボを記念したTwitterキャンペーンが開催中

  3. 『アーマード・コアVI』ダイナミックで激しいバトルに―経験や知見、ノウハウを生かした新しいアクションとして開発中

    『アーマード・コアVI』ダイナミックで激しいバトルに―経験や知見、ノウハウを生かした新しいアクションとして開発中

  4. 新作ACT『コードシフター』配信開始!『ギルティギア』『くにおくん』『ブレイブルー』などの人気キャラが集合

  5. 『クロスファイア』シリーズ最新作『CrossfireX』が5月18日にシングル含めサービス終了へ

  6. GOTY受賞作『It Takes Two』1,000万本突破―リリースから2年弱で達成

  7. 『ホグワーツ・レガシー』アリーナで死の呪文「アバダ・ケダブラ」を放つ約30分の新ゲームプレイ映像!「必要の部屋」の紹介も

  8. 『FORSPOKEN』の魔法パルクールは現実世界でも再現可能!?日本トップレベルのパルクールコーチに教えを乞い、魔法トレーサー「フォースパーくん」となれ

  9. 『ポケモンSV』ペパー先輩とのバトルに“違和感”を覚えるトレーナーたち―実は「ボールの持ち方」に意外な違いあり

  10. 受け取りを忘れずに!PS5所有者向け「PS Plusコレクション」5月9日に終了―『Bloodbone』や『ゴッド・オブ・ウォー』をプレイできる

アクセスランキングをもっと見る

page top