PC向け『Dark Souls: Prepare to Die Edition』の更なる詳細が明らかに | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

PC向け『Dark Souls: Prepare to Die Edition』の更なる詳細が明らかに

PC Windows


先週ラスベガスで行われたGamers Dayイベントにて発表された、人気アクションRPG『Dark Souls』のPC移植タイトル『Dark Souls: Prepare to Die Edition』の更なる詳細が明らかにされています。本記事では幾つかのスクリーンショットとともにご紹介。


■ 物語

 * 『Dark Souls: Prepare to Die Edition』はコンソールバージョンの移植だが、ファンのための追加要素が用意されている。
 
 * 数に変更があるかもしれないが、3つの新しいエリア及び4人の新しいボスが登場する。
 
 * 幾つかの新たなストーリーとより多くのNPC。またそれらを通じて新たな装備も入手可能。

 * 追加の物語はArtoriasという名のダークナイトに基づく。

■ 仕様及びグラフィックス

 * PC版とPS3版に視覚的な差はない。
 
 * 動作環境は後の公式発表で。

■ 操作

 * マウス及びキーボードはサポートされるが、ゲームパッドでの操作を推奨。


■ オンライン

 * Games for Windows Liveの採用はNamco Bandaiからの要請によるもの。
 
 * Namco BandaiはXbox 360版で使用されているサーバーが既に確立している事をGfWL採用の理由の一つとして挙げているが、最終的な仕様や流通形態はまだ決定していない。
 
■ 追加要素及びModについて
 
 * PvPステージの追加が計画されているが、大きなステージではなくボーナス的なもの。
 
 * Modへの対応は計画されていない。


■ リリースの詳細

 * 北米及び欧州での発売は2012年8月24日。
 
 * 日本での発売は未定。
 
 * 現時点でPC版の追加要素をコンソール版にもたらす計画はない。

(ソース&イメージ: Destructoid)


【関連記事】
『Dark Souls: Prepare to Die Edition』が正式発表!GfWL対応に批判も…【UPDATE】
初代『Demon's Souls』の北米サーバーが5月31日に閉鎖、オンサービスが終了へ
海外誌にPC版『Dark Souls』の情報が掲載。発売時期も明らかに
フロム・ソフトウェア: 『Dark Souls』シリーズはまだ終わっていない。 PC版についても言及
担当者が『Dark Souls』PC版の嘆願運動に言及、署名は7万件を突破
海外で『Dark Souls』のPC版発売を求める署名運動が発足
《RIKUSYO》

PC アクセスランキング

  1. 超大規模SF宇宙船シム『Star Citizen』Alpha3.0のクローズドベータが開始に

    超大規模SF宇宙船シム『Star Citizen』Alpha3.0のクローズドベータが開始に

  2. 新作ストラテジー『Warhammer 40,000: Gladius - Relics of War』発表!―『Warhammer 40K』が4Xに

    新作ストラテジー『Warhammer 40,000: Gladius - Relics of War』発表!―『Warhammer 40K』が4Xに

  3. 『PUBG』が2200万セールス突破!勢いは止まらない

    『PUBG』が2200万セールス突破!勢いは止まらない

  4. タワーディフェンスFPS『Sanctum 2』Steam版、Humbleストアにて期間限定無料配信中!

  5. チーム対戦型ストラテジー『Total War: ARENA』オープンウィーク開催!

  6. SWAT戦術RTS『Door Kickers』オンラインCo-op実装!協力ミッション攻略が可能に

  7. 『PUBG』新武器「DP-28」と「AUG A3」が公開!2次テストサーバーで使用可能

  8. PC版『Rainbow Six Siege』期間限定で低価格版を販売―違いはアンロック方法のみ

  9. テンセントが『PUBG』の中国独占運営権を獲得、中国当局からの規制にも対応ー海外メディア

  10. 開発期間約8年の『SpyParty』が近日Steam早期アクセス!―スパイとスナイパーによる1vs1

アクセスランキングをもっと見る

page top