BlizzardとValve、『DOTA』の商標権を巡る訴訟で和解 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

BlizzardとValve、『DOTA』の商標権を巡る訴訟で和解

PC Windows

本日Blizzard EntertainmentとValveは、Valveの新作タイトルである『DOTA』の商標権を巡ってBlizzardが訴訟を起こしていた問題で、双方合意の上で和解に至ったと発表しました。

この合意により、Valveは今後『DOTA』の商標を新作『DOTA 2』を含め商業的に使用することが可能となり、一方のBlizzardは、『DOTA』の名前を『Warcraft III』や『StarCraft II』のユーザーModコミュニティー内の非営利使用という形で維持していけるとのこと。

一方、『StarCraft II』の公式カスタムマップとしてリリース予定だった『Blizzard DOTA』は、『Blizzard All-Stars』に名称が変更となったことも同時に発表されています。

Blizzardの幹部Rob Pardo氏は、「最終的にファンは、自分の楽しみにしているゲームがプレイできるようになるのを願っているだけで、我々とValveはそのことを理解し、それに集中し続けられるのを助けるこの合意に至ったことに満足しています」とコメント。

Valveの代表Gabe Newell氏も、「誰の利益にもならないようなことで道から外れることなく、Blizzardと合意に至ったことはとても喜ばしいです。我々とBlizzardはファンが期待していることに注力し、それぞれのコミュニティーのために素晴らしいゲームを作って届けることを望んでいます」と述べています。(ソース: プレスリリース via Blue's News)


【関連記事】
『Dota 2』vs『Blizzard Dota』、BlizzardがDotaの商標を賭けValveを提訴
BlizzardがValveの『Dota 2』発表を疑問視…「理解出来ない」
L4Dや料理の鉄人を元ネタにした『StarCraft II』の公式カスタムマップが発表
Valveが『DOTA』を商標登録、公式発表の日は近い?
ValveがWC3の人気Mod『DotA』の制作者をスカウト、新プロジェクトに着手
Valve、『Dota 2』公式大会“The International 2012”の開催を発表
《Rio Tani》

PC アクセスランキング

  1. PC版『アサシン クリード4 ブラックフラッグ』が期間限定無料配布!―シリーズ生誕10周年記念

    PC版『アサシン クリード4 ブラックフラッグ』が期間限定無料配布!―シリーズ生誕10周年記念

  2. 週末セール情報ひとまとめ『RUINER』『Cuphead』『H1Z1』『No Man's Sky』『Stardew Valley』他

    週末セール情報ひとまとめ『RUINER』『Cuphead』『H1Z1』『No Man's Sky』『Stardew Valley』他

  3. 16bit風アクションRPG『CrossCode』日本語正式対応!

    16bit風アクションRPG『CrossCode』日本語正式対応!

  4. PC版『PAYDAY 2』がタランティーノ映画「レザボア・ドッグス」とコラボ―原作オマージュ映像も

  5. 「Discord」日本サーバーが遂に追加!サーバーリージョンで日本が選択可能に

  6. スマブラ風ケモノアクション『Earth Romancer』がfigで資金調達を開始!

  7. 大規模宇宙シム『Star Citizen』をCrytekが提訴―エンジンライセンス違反を主張

  8. 人気カードゲーム『Heart of Crown PC』Steam配信―実績対応/パッケージ版とクロスプレイも

  9. 『QWOP』開発者の新作『Getting Over It』が10月に登場!―釜に入った男がハンマーで山越え

  10. 元祖商業バトロワ『H1Z1』フリーウィークエンド開催決定!12月15日から開始予定

アクセスランキングをもっと見る

page top