BlizzardとValve、『DOTA』の商標権を巡る訴訟で和解 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

BlizzardとValve、『DOTA』の商標権を巡る訴訟で和解

本日Blizzard EntertainmentとValveは、Valveの新作タイトルである『DOTA』の商標権を巡ってBlizzardが訴訟を起こしていた問題で、双方合意の上で和解に至ったと発表しました。

PC Windows
本日Blizzard EntertainmentとValveは、Valveの新作タイトルである『DOTA』の商標権を巡ってBlizzardが訴訟を起こしていた問題で、双方合意の上で和解に至ったと発表しました。

この合意により、Valveは今後『DOTA』の商標を新作『DOTA 2』を含め商業的に使用することが可能となり、一方のBlizzardは、『DOTA』の名前を『Warcraft III』や『StarCraft II』のユーザーModコミュニティー内の非営利使用という形で維持していけるとのこと。

一方、『StarCraft II』の公式カスタムマップとしてリリース予定だった『Blizzard DOTA』は、『Blizzard All-Stars』に名称が変更となったことも同時に発表されています。

Blizzardの幹部Rob Pardo氏は、「最終的にファンは、自分の楽しみにしているゲームがプレイできるようになるのを願っているだけで、我々とValveはそのことを理解し、それに集中し続けられるのを助けるこの合意に至ったことに満足しています」とコメント。

Valveの代表Gabe Newell氏も、「誰の利益にもならないようなことで道から外れることなく、Blizzardと合意に至ったことはとても喜ばしいです。我々とBlizzardはファンが期待していることに注力し、それぞれのコミュニティーのために素晴らしいゲームを作って届けることを望んでいます」と述べています。(ソース: プレスリリース via Blue's News)


【関連記事】
『Dota 2』vs『Blizzard Dota』、BlizzardがDotaの商標を賭けValveを提訴
BlizzardがValveの『Dota 2』発表を疑問視…「理解出来ない」
L4Dや料理の鉄人を元ネタにした『StarCraft II』の公式カスタムマップが発表
Valveが『DOTA』を商標登録、公式発表の日は近い?
ValveがWC3の人気Mod『DotA』の制作者をスカウト、新プロジェクトに着手
Valve、『Dota 2』公式大会“The International 2012”の開催を発表
《Rio Tani》

特集

PC アクセスランキング

  1. NVIDIA次世代ビデオカード「RTX 3090」はGDDR6Xメモリを採用か

    NVIDIA次世代ビデオカード「RTX 3090」はGDDR6Xメモリを採用か

  2. 『A Total War Saga: TROY』Epic Gamesストア無料配布は750万DL以上に

    『A Total War Saga: TROY』Epic Gamesストア無料配布は750万DL以上に

  3. 正式版を迎えた3DACT『Risk of Rain 2』Steamプレイヤー数300万人突破!

    正式版を迎えた3DACT『Risk of Rain 2』Steamプレイヤー数300万人突破!

  4. 『Fall Guys』チート検知システムを改善「もう個々のチーターの報告の必要はない」

  5. 『Apex Legends』シーズン6「ブーステッド」ゲームプレイトレイラー公開―新レジェンド「ランパート」がお出ましだ!

  6. ローグライクACT続編『Spelunky 2』Steam版ストア公開!PS4版から数週間以内に配信予定

  7. 未発売ホラーを基にした『Dying Light』新DLC「Hellraid」配信開始! 地獄へと繋がるポータルを開け

  8. 60人もちもちサバイバル『Fall Guys』PC向けコラボコスに『Team Fortress 2』のスカウト登場!

  9. 『Microsoft Flight Simulator』技術進化の過程を感じる38年間のシリーズ史を収めたトレイラー映像が公開

  10. 『フォートナイト』でアクアマンの宿敵“ブラックマンタ”が登場! 正義と悪、両陣営のコスチュームをアンロック

アクセスランキングをもっと見る

page top