超難易度を誇ったあの2Dアクション続編『I Wanna Be the Guy: Gaiden』の配信が開始 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

超難易度を誇ったあの2Dアクション続編『I Wanna Be the Guy: Gaiden』の配信が開始

国内でもその爆発的な難易度で話題となった2Dアクションゲーム『I Wanna Be the Guy』ですが、開発を担当したインディーズ開発者Kayinが再び挑戦状を叩きつけたようです。続編となる『I Wanna Be the Guy: Gaiden』の配信が開始されました。

PC Windows

国内でもその爆発的な難易度と名作オマージュで話題となった2Dアクションゲーム『I Wanna Be the Guy』ですが、開発を担当したインディーズ開発者Kayinが再び挑戦状を叩きつけたようです。続編となる『I Wanna Be the Guy: Gaiden(ワナガイ)』の配信が開始されました。

前作『I Wanna Be the Guy』は名作ゲームへのリスペクトと即死トラップが散りばめられた高い難易度が国内外で話題となった2Dアクションタイトル。新作『I Wanna Be the Guy: Gaiden』は先週の格闘技トーナメントEVO 2012にてお披露目された作品で、前作はその後多数の派生作品が登場しましたが、本作はオリジナルの開発者が手がける正当な続編となります。前作の主人公The Kidを探すThe Ladなる人物がプレイキャラクターとなっており、インゲームでは新たに『バイオニックコマンドー』のバイオニック・アームアクションなどが追加されているようです。

他にも本作ではゲームパッドへの対応や操作設定オプション、インディーズゲームサイトGamejoltを利用したタイムトライアルリーダーボードやトロフィー機能が搭載され、前作と比べるとゲーム周りがより充実しているとのこと。なお『IWBTG: Gaiden』は現在3ステージのみが収録されていますが、今後コンテンツの追加も検討していることが明らかにされています。ダウンロードはこちらからどうぞ。
(ソース: Eurogamer)

【関連記事】
ゲーマーへの挑戦状! 超難ゲー『I Wanna Be The Guy: The Movie: The Game』
《ishigenn》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

PC アクセスランキング

  1. Windows11発表!グラフィック、スピードなどゲーム機能を大幅強化―オートHDRやDirect Storageに対応

    Windows11発表!グラフィック、スピードなどゲーム機能を大幅強化―オートHDRやDirect Storageに対応

  2. 『ボーダーランズ3』「クロスプラットフォームプレイ」「最大レベル引き上げ」「シーズンイベント常設化」等の無料アップデートが配信

    『ボーダーランズ3』「クロスプラットフォームプレイ」「最大レベル引き上げ」「シーズンイベント常設化」等の無料アップデートが配信

  3. 夏直前の“注目作・期待作”ラッシュがヤバい!『ゼルダ』や昨年のGOTY候補作など、直近約1ヶ月間の必見タイトルを独断でお届け

    夏直前の“注目作・期待作”ラッシュがヤバい!『ゼルダ』や昨年のGOTY候補作など、直近約1ヶ月間の必見タイトルを独断でお届け

  4. Razerはゲーミングチェアの新モデル「Razer Iskur X」やキーボードとマウスがセットになった「Razer Level Up Bundle」などを6月25日に発売

  5. 犯人だけでなく被害者も誰か推理するコナミ新作対戦ミステリーシム『CRIMESIGHT』発表!

  6. ファンタジーRPG『グリードフォール』4Kや高速ロードに対応する新世代機向け無料アップグレードと拡張版「The De Vespe Conspiracy」海外6月30日リリース

  7. 生と死についてのADV『Lost At Sea』現地7月15日リリース―初老女性が謎の島で人生を振り返る

  8. 「アバター」新作ゲーム『Avatar: Frontiers of Pandora』レイトレーシングやNPCのAIに焦点を当てた技術紹介映像!

  9. 初期のキングスキャニオンとワールズエッジが復活&アリーナにスカルタウン追加!『Apex Legends』で「ジェネシスコレクションイベント」6月29日より開催

  10. 『原神』新★5キャラ「楓原万葉」の詳細公開!一人称の「拙者」や語尾の「ござる」など、その姿は“いかにもな武士”

アクセスランキングをもっと見る

page top