噂: 次世代Xbox“ドゥランゴ”やKinect 2の開発キットイメージが流出か | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

噂: 次世代Xbox“ドゥランゴ”やKinect 2の開発キットイメージが流出か

家庭用ゲーム Xbox360


コードネーム“ドゥランゴ”の名で様々な噂が挙げられている次世代Xboxですが、先月末よりそのDurangoの開発キットのものとされるイメージが流出、これが本物では無いかとして海外で大きな話題となっています。

この画像が最初に登場したのは開発者フォーラムAssembler。同フォーラムでは当初、投稿されたイメージは偽物であるとして一蹴されたそうですが、Digital Foundryが複数の開発者を対象に調査した結果、各ソースからこれらのショットは本物であると指摘されたそうです。

1人の次世代開発者によれば、画像のブラックケースが“ドゥランゴ”開発キットとなっており、標準的なゲーミングPCのように多数のパーツを有しているとのこと。“D3D11Game1”と“NuiView”と呼ばれるアプリケーションは、360上で動作するレンダリングカメラの視聴とKinectデータのためのシンプルなツールとなっているそうです。

この画像をリークしたDaEなる人物によれば、この開発キットは2月にMicrosoftより与えられたものだそうで、64-bitシステム、インテルCPU、nVidiaグラフィックカード、8GB以上のRAMを搭載。最終的に同ハードウェアは8コアCPUを持つだろうとDaE氏は語っています。(なおDigital Foundryは、開発キットが販売用コンソールよりも高コストで構築されている点を指摘しています)




Digital Foundryに対しDaE氏は、“ドゥランゴ”向けにセットアップされたと見られるMicrosoftのVisual Studioコーディング・ツールのショットも公開しています。


また本日、DaE氏経由(SuperdaeはDaE氏のTwitterカウント名)で新たにDurango向けKinectの開発キットのものとされるイメージが公開されています。


(ソース&イメージ: Digital Foundry via VGA247(1) , (2))

【関連記事】
噂: 海外ゲーム誌にドゥランゴ情報が掲載、次世代機向けゲームがE3で先行発表か
次世代タイトルの開発コストは2倍に−ドゥランゴ開発者が証言
Crytekの従業員が“ドゥランゴ開発者サミット”に参加しているとツイート
噂: Xbox後継機のコードネームは“ドゥランゴ”
《ishigenn》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. プラチナゲームズ新作『グランブルーファンタジー PROJECT Re: LINK(仮)』ド派手ゲームプレイ!

    プラチナゲームズ新作『グランブルーファンタジー PROJECT Re: LINK(仮)』ド派手ゲームプレイ!

  2. 『Nintendo Labo』ダンボールコントローラーをファンが早速再現―トノサマバッタの脚にJoy-Conが!

    『Nintendo Labo』ダンボールコントローラーをファンが早速再現―トノサマバッタの脚にJoy-Conが!

  3. 『メタルギア サヴァイヴ』ゴキゲンなCo-opトレイラー!「メタルギアRAY」登場!?

    『メタルギア サヴァイヴ』ゴキゲンなCo-opトレイラー!「メタルギアRAY」登場!?

  4. 『メタルギア サヴァイブ』PS4/Xbox One向け国内βテスト開始―1月21日まで

  5. PS4版『ボーダーブレイク』オープンβスケジュールを発表!

  6. 任天堂「2017年 年間ダウンロードランキング」発表―スイッチ/3DSのタイトルは?

  7. 作ったダンボールコントローラーで遊ぶ『Nintendo Labo』が発表!―「バラエティキット」「ロボットキット」が4月20日発売

  8. 『シェンムー3』美麗な街並みや涼の姿を収めた新ショット3枚が披露

  9. リマスター版『ダークソウル』ハードによる違いはあるの?公式サイトにて仕様が公開

  10. 『Fortnite Battle Royale』最新パッチでマップがアップデート!新たな都市やバイオームが登場

アクセスランキングをもっと見る

page top