コナミTak Fujii氏が『がんばれゴエモン』シリーズの再起を示唆 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

コナミTak Fujii氏が『がんばれゴエモン』シリーズの再起を示唆

コナミのプロデューサーである藤井隆之氏(Tak Fujii)が、Twitter上で、ファミコン時代から続く名作シリーズ『 がんばれゴエモン (英題: Mystical Ninja)』の復活を示唆するようなコメントをしています。

ニュース 最新ニュース
コナミのプロデューサーである藤井隆之氏(Tak Fujii)が、Twitter上で、ファミコン時代から続く名作シリーズ『がんばれゴエモン(英題: Mystical Ninja)』の復活を示唆するようなコメントをしています。藤井氏は英語のツイートで「ゴエモンが恋しいですか?」と呼びかけ、ファンから寄せられた多数のメッセージに対して「クラシックIPへのたくさんの熱いメッセージをありがとう、これを真剣に受け止めて、何かエクストリィィィィムな事をしたい」と、E3 2010コナミ発表会でミーム化されたお馴染みの言い回しで伝えています。長い間一線からは退いているゴエモンですが、今後復活の可能性があるか見守られます。(ソース: Twitter @Tak_Fujii, NeoGAF)

【関連記事】
3DS『Castlevania Lords of shadow(仮)』のプレサイトがオープン
コナミの新作パズルアクションゲーム『Puddle』の配信日が決定
超展開が待ち受ける『NeverDead』開始10分間のゲームプレイ
海外レビューひとまとめ『Blades of Time』
Xbox 360『NINETY-NINE NIGHTS II』体験版の配信スタート、最新ゲームプレイ映像
全然違ウ!海外版カバーアート『がんばれゴエモン ゆき姫救出絵巻 』
《Rio Tani》
【注目の記事】[PR]

ニュース アクセスランキング

  1. コジマプロダクションが“WHO”に続いて“WHERE AM I?”と書かれた謎のイメージ画像公開―小島監督のTwitterでは3つ目の単語を思わせる投稿も

    コジマプロダクションが“WHO”に続いて“WHERE AM I?”と書かれた謎のイメージ画像公開―小島監督のTwitterでは3つ目の単語を思わせる投稿も

  2. 『サイバーパンク2077』凄まじきアニメ効果、同接数なんと7倍に!―世界観設定の解像度高める内容が再訪招いたか

    『サイバーパンク2077』凄まじきアニメ効果、同接数なんと7倍に!―世界観設定の解像度高める内容が再訪招いたか

  3. 『サイバーパンク2077』拡張が1つだけの理由は続編「Orion」があるから…ナイトシティは眠らない

    『サイバーパンク2077』拡張が1つだけの理由は続編「Orion」があるから…ナイトシティは眠らない

  4. “WHO AM I?”はこの人だった!コジプロの次回作にエル・ファニングが出演か?

  5. バットマン新作ゲーム『Gotham Knights』発表! ゲームプレイ映像も披露

  6. 『サイバーパンク2077』クエストディレクターは続編プロジェクトにも参加―アメリカでの新スタジオ設立予定も

  7. 『サイバーパンク2077』続編制作発表!『ウィッチャー』複数開発計画概要含むCDPRの今後の作品展開が明らかに【UPDATE】

  8. コジマプロダクションからミステリアスなメッセージ再び―謎のイメージの答えは次回“どこか”で判明?

  9. アトラスがサ終した『真・女神転生』MMOを復活させたファンを提訴…「取り返しのつかない損害を与えている」と主張

  10. 『メトロ エクソダス』スタッフがウクライナ侵攻の戦闘任務で戦死…より鮮明になるゲーム業界への影響

アクセスランキングをもっと見る

page top