『Hitman』シリーズ、今後は『Call of Duty』のように2つの開発チームで製作へ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Hitman』シリーズ、今後は『Call of Duty』のように2つの開発チームで製作へ

シリーズ6年ぶりの最新作『Hitman: Absolution』が良好な評価を獲得した『Hitman』シリーズですが、新たに登場する最新作やシリーズの今後に関するインタビューが早くもOPM誌のサイトに掲載。今後2つの開発チームによってフランチャイズの製作が進められていくようです

ニュース 最新ニュース
シリーズ6年ぶりの最新作『Hitman: Absolution』が良好な評価を獲得した『Hitman』シリーズですが、新たに登場する最新作やシリーズの今後に関するインタビューが早くもOPM誌のサイトに掲載。今後2つの開発チームによってフランチャイズの製作が進められていくことが、ディレクターのTore Blystad氏より明らかにされました。

Blystad氏は「TreyarchとInfinity Wardのようなものだ」とOPM誌にコメント。巨大なフランチャイズが1作品の開発に長い時間をかける中、2つのチームがあれば幾らか並行して開発を行いお互いに助け合うことが出来る、また制作陣が変わることでキャラクターの新鮮な一面を得ることができると、この開発スタイルの優位な点をインタビュー中にて説明しています。

一方でIO Interactiveと共に開発を行うSquare Enix Montrealの新たなチームには、IOでゲーム開発経験を持つ元キーメンバーも在籍しているとのこと。『Hitman』というゲームから大きく逸脱しないよう、お互いのチームが綿密に話し合いながら製作は進められていく予定で、開発の舵取りが完全に新規チームに委ねられないこともBlystad氏は明らかにしています。

なおIO Interactive内では既に複数のスタッフが新たなプロジェクトに着手しているとのことです。
(ソース: PSM)

【関連記事】
海外レビューハイスコア 『Hitman: Absolution』
発売が間近に迫る『Hitman: Absolution』のローンチトレイラーが公開
『Hitman: Absolution』最高難易度“Purist”での約20分にわたるゲームプレイ映像
エージェント47の過去を調べる『Hitman: Absolution』ICA調査ファイル最新トレイラー
“究極のアサシン”47を紹介する『Hitman: Absolution』最新トレイラー
《ishigenn》
【注目の記事】[PR]

ニュース アクセスランキング

  1. 角川ゲームスが『メタルマックスゼノ リボーン』『メタルドッグス』の国内パブリッシング業務の移管を発表

    角川ゲームスが『メタルマックスゼノ リボーン』『メタルドッグス』の国内パブリッシング業務の移管を発表

  2. ウィザーズ・オブ・ザ・コーストによる 「ダンジョンズ&ドラゴンズ」日本公式Twitterアカウント開設!7月中に今後の情報を公開予定

    ウィザーズ・オブ・ザ・コーストによる 「ダンジョンズ&ドラゴンズ」日本公式Twitterアカウント開設!7月中に今後の情報を公開予定

  3. 【期間限定無料】RPG『Iratus: Lord of the Dead』『Geneforge 1 - Mutagen』PvPvE『Hood: Outlaws & Legends』Epic Gamesストアにて配布開始

    【期間限定無料】RPG『Iratus: Lord of the Dead』『Geneforge 1 - Mutagen』PvPvE『Hood: Outlaws & Legends』Epic Gamesストアにて配布開始

  4. EAが『skate.』シリーズ新作の初期プレイテスト参加者を募集!開発段階の映像も披露

  5. 『Fall Guys』が6月に基本プレイ無料化! スイッチ/Xbox/Epic Gamesストア版も配信へ【UPDATE】

  6. テンセントに買収された1C Entertainmentが社名変更―“Fulqrum Games”へ

  7. 『スカルガールズ』のLab Zero Games、スタッフほぼ全員がレイオフ―パワハラ・セクハラ等渦中のCEO判断

  8. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  9. 原因は靖国参拝か…?『第五人格』人気プレイヤーの公式大会停止処分に波紋

  10. 『Starfield』プレイ映像や小島秀夫監督の提携発表も!Xbox & Bethesda Games Showcase発表内容ひとまとめ

アクセスランキングをもっと見る

page top