ニューヨーク近代美術館に『パックマン』、『Portal』等14タイトルが展示 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ニューヨーク近代美術館に『パックマン』、『Portal』等14タイトルが展示

今年7月には、ニューヨーク近代美術館に、高橋慶太氏手がける『塊魂(Katamari Damacy)』が一時的に展示されたというニュースをお伝えしましたが、新たに来年3月に新設されるカテゴリにて14本のビデオゲームが展示される事が決定しました。

ニュース 最新ニュース
今年7月には、ニューヨーク近代美術館(The Museum of Modern Art, New York)に、高橋慶太氏手がける『塊魂(Katamari Damacy)』が一時的に展示されたというニュースをお伝えしましたが、新たに来年3月に新設されるカテゴリにて14本のビデオゲームが展示される事が決定しました。国内タイトルとしては、前述した『塊魂』の他、七音社が手がけたリズムアクションゲーム『ビブリボン』も選ばれています。

  • Pac-Man (1980)
  • Tetris(1984)
  • Another World (アウターワールド)(1991)
  • Myst (1993)
  • SimCity 2000 (1994)
  • vib-ribbon (ビブリボン)(1999)
  • The Sims (2000)
  • Katamari Damacy(塊魂) (2004)
  • EVE Online (2003)
  • Dwarf Fortress (2006)
  • Portal (2007)
  • flOw (2006)
  • Passage (2008)
  • Canabalt (2009)

尚、上記のリストはあくまで第一弾タイトルとなり、最終的に40本の作品の展示を目指しているとで、今後数年以内の展示作品として以下のタイトルが候補に挙げられているようです。

  • Spacewar! (1962)
  • オデッセイ (ゲーム機) (1972)
  • Pong (1972)
  • Snake (オリジナル版が1970)
  • Space Invaders(スペースインベーダー) (1978)
  • Asteroids (1979)
  • Zork (1979)
  • Tempest (1981)
  • Donkey Kong(ドンキーコング) (1981)
  • Yars' Revenge (1982),
  • M.U.L.E. (1983)
  • Core War (1984)
  • Marble Madness (1984)
  • Super Mario Bros(スーパーマリオブラザーズ) (1985)
  • The Legend of Zelda(ゼルダの伝説) (1986)
  • NetHack (1987)
  • Street Fighter II(ストリートファイター II)(1991)
  • Chrono Trigger(クロノ・トリガー) (1995)
  • Super Mario 64(スーパーマリオ64) (1996)
  • Grim Fandango (1998)
  • Animal Crossing(どうぶつの森) (2001)
  • Minecraft (2011)
(ソース: MOMA)

【関連記事】高橋慶太氏のPS2名作『塊魂』がニューヨーク近代美術館に展示
『EVE Online』や『DUST 514』のCCP Gamesで100人規模のレイオフ
PSNで近日配信?『ビブリボン』などゲームアーカイブス用一挙25作品の存在が確認
『EVE Online』と連携した新作MMOFPS『Dust 514』のクローズβ登録が開始
《FURUKAWA》
【注目の記事】[PR]

ニュース アクセスランキング

  1. コジマプロダクションが“WHO”に続いて“WHERE AM I?”と書かれた謎のイメージ画像公開―小島監督のTwitterでは3つ目の単語を思わせる投稿も

    コジマプロダクションが“WHO”に続いて“WHERE AM I?”と書かれた謎のイメージ画像公開―小島監督のTwitterでは3つ目の単語を思わせる投稿も

  2. 『サイバーパンク2077』拡張が1つだけの理由は続編「Orion」があるから…ナイトシティは眠らない

    『サイバーパンク2077』拡張が1つだけの理由は続編「Orion」があるから…ナイトシティは眠らない

  3. 『サイバーパンク2077』凄まじきアニメ効果、同接数なんと7倍に!―世界観設定の解像度高める内容が再訪招いたか

    『サイバーパンク2077』凄まじきアニメ効果、同接数なんと7倍に!―世界観設定の解像度高める内容が再訪招いたか

  4. “WHO AM I?”はこの人だった!コジプロの次回作にエル・ファニングが出演か?

  5. 祝!Sucker Punch25周年―GuerrillaやNaughty Dog、フィル・スペンサー氏からお祝いコメント

  6. バットマン新作ゲーム『Gotham Knights』発表! ゲームプレイ映像も披露

  7. 『サイバーパンク2077』クエストディレクターは続編プロジェクトにも参加―アメリカでの新スタジオ設立予定も

  8. 『ニード・フォー・スピード』シリーズ最新作が10月7日午前0時にお披露目!

  9. アトラスがサ終した『真・女神転生』MMOを復活させたファンを提訴…「取り返しのつかない損害を与えている」と主張

  10. まだまだ人気の『サイバーパンク2077』最高同接数が『ウィッチャー3』を越す―売上でも新作タイトルを押しのける

アクセスランキングをもっと見る

page top