Wii Uの体験版には回数制限アリ? 『FIFA12』は10回 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Wii Uの体験版には回数制限アリ? 『FIFA12』は10回

11月30日に販売開始となった欧州版Wii Uではエレクトロニック・アーツの『FIFA 13』の体験版が登場。この体験版ですが、Nintendo Everythingのレポートによれば10回の起動制限がかけられているようです。

ニュース 最新ニュース
任天堂はWii Uのパッケージタイトルについて、積極的にダウンロード版(デジタル配信)も用意する意向を明らかにしています。同時発売タイトルの『NewスーパーマリオブラザーズU』や『Nintendo Land』でも「ニンテンドーeショップ」からダウンロード購入することが可能です。

Wii Uメニューから起動できる「ニンテンドーeショップ」ではパッケージタイトルのダウンロード版が購入できるほか、パッケージでは登場しない比較的規模の小さなタイトルのダウンロード購入もできるようになります。さらに、ゲームの体験版も登場する予定です。

11月30日に販売開始となった欧州ではエレクトロニック・アーツの『FIFA 13』の体験版が登場。この体験版ですが、Nintendo Everythingのレポートによれば10回の起動制限がかけられているようです。この数字はタイトルによっても異なりそうですが、メーカーが何らかの設定を行えるのは間違いなさそうです。

残りの起動回数を促すメッセージ

どうやら、この起動制限についてのメッセージ画面から「ニンテンドーeショップ」の販売画面にも飛べるようで、体験版で気に入ったゲームをすぐにダウンロード購入するというような良い流れが作れそうです。

今のところ日本で体験版が配信されるというニュースはありませんが、近い将来のタイトルで期待したいところです。『FIFA 13』以外ではユービーアイソフトが『レイマン レジェンズ』の体験版を欧米で近日配信する計画と伝えられています。

【関連記事】Wii Uローンチタイトルの成績は? 11月25日〜12月1日のUKチャート
Wii U購入後、長時間のアップデートが必要なことを任天堂岩田社長が謝罪
ニンテンドーネットワークIDは別のWii Uに乗り換え可能? 海外ユーザーが報告
Wii U内蔵ブラウザはサクサク、ヌルヌル動く!2画面を生かした魅力的な機能を紹介
米国任天堂社長「ソニーとMSはWii Uへの対応が必要になる」
《インサイド》
【注目の記事】[PR]

ニュース アクセスランキング

  1. 高評価なのにサムズダウンの“ひねくれレビュー”にインディー開発者が苦言

    高評価なのにサムズダウンの“ひねくれレビュー”にインディー開発者が苦言

  2. 任天堂非公式ゲームキューブ&Wiiエミュ「Dolphin」のSteam配信差し止めは、Valveが任天堂に情報提供したことがきっかけ

    任天堂非公式ゲームキューブ&Wiiエミュ「Dolphin」のSteam配信差し止めは、Valveが任天堂に情報提供したことがきっかけ

  3. アクティビジョン反LGBTQ+ツイートを受けて『Call Of Duty』Nickmercsさんスキンを即削除

    アクティビジョン反LGBTQ+ツイートを受けて『Call Of Duty』Nickmercsさんスキンを即削除

  4. 『American Truck Simulator』ゲーム内に米国大手運送会社の“本物の求人広告”が登場

  5. 「引っ越し」を通じてストーリーが見えてくる名作パズルADV『Unpacking』モバイル発表【Wholesome Direct】

  6. 自然にやさしい環境を一緒につくろう!サスティナブルMMO『Loftia』発表【Wholesome Direct】

  7. Unreal Engine 5を採用したストーリー重視の遠未来FPS『Discovery』発表

  8. 今日は誰も逮捕されずに終わった…Summer Game Fest主催のジェフ・キーリーが「あの事件」に触れつつ締めくくる

  9. コスメティックに約3,000円は高すぎ…?まもなく発売の『ディアブロ IV』有料アイテムの価格設定がコミュニティで話題に

  10. オンライン強化の『KOF XIII』PS4/スイッチ版や『KOF XV』ゲーニッツ参戦、新作『餓狼伝説』のティーザーなど盛りだくさんのSNK発表まとめ

アクセスランキングをもっと見る

page top