米ライフル協会が暴力ゲームを名指しで批判−小学校乱射事件後、初の記者会見 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

米ライフル協会が暴力ゲームを名指しで批判−小学校乱射事件後、初の記者会見

米コネティカット州の小学校で発生した銃乱射事件では26名の命が奪われ、米国では銃規制に向けた動きが大きくなりつつあり、オバマ大統領も「大統領としての全権能を使う」と強い姿勢を見せています。

ニュース 最新ニュース
米コネティカット州の小学校で発生した銃乱射事件では26名の命が奪われ、米国では銃規制に向けた動きが大きくなりつつあり、オバマ大統領も「大統領としての全権能を使う」と強い姿勢を見せています。

こうした中、最大の圧力団体とも言われる全米ライフル協会(NRA)は事件後、初めてとなる記者会見を行い、こうした悲惨な事件はビデオゲームなどのメディアが原因だと具体的な製品名を挙げ責任転換を図りました。

全米ライフル協会のWayne LaPierre副会長は「メディアが隠そうとしている汚い事実があります。人々に対する暴力を売りにする悲しく、無神経で、堕落した暗い産業がこの国にはあります。『Bulletstorm』『Grand Theft Auto』『Mortal Kombat』『Splatterhouse』といった意地が悪く暴力的なビデオゲームたちもその一つです」と記者会見で述べました。

こうした協会の姿勢は強い非難を集めていて、TechCrunchは「やってはいけない記者会見のお手本」とコメント。ニューヨーク市の公式ツイッターも「学校に武装した警備員を置くような提案をしながら、もっとも基本的な取り組みに反対している」と非難しています。


多くの議員が協会の支持を受けている中、規制強化が実現するかは不透明ですが、26人の命の重みは米社会を動かしているようです。 (ソース: TechCrunch, WSJ)
《Mr.Cube》

ニュース アクセスランキング

  1. 『荒野行動』のNetEase、『PUBG』との和解成立について正式コメント

    『荒野行動』のNetEase、『PUBG』との和解成立について正式コメント

  2. Steamが新たな試み「2019年4月の新作売上トップ20本」を掲載―大麻経営『Weedcraft Inc』など

    Steamが新たな試み「2019年4月の新作売上トップ20本」を掲載―大麻経営『Weedcraft Inc』など

  3. 正式発表から約5年…『Dead Island 2』は現在も開発中―THQ Nordicが言及

    正式発表から約5年…『Dead Island 2』は現在も開発中―THQ Nordicが言及

  4. 『サムライスピリッツ』新キャラ「鞍馬夜叉丸」紹介映像―仮面を外すことで戦い方も変化

  5. 『サイバーパンク2077』E3でのプレイアブルデモの出展は無し―開発者によるプレイを披露へ

  6. 戦術ケモノADV『Mutant Year Zero: Road to Eden』拡張「Seed of Evil」が7月30日に発売!

  7. Steamサマーセールの実施日が判明か―非公式データベースサイトが報告

  8. 「BitSummit 7 Spirits」BitSummitアワードのノミネート作品を公開―来場者が投票できるアワードも

  9. 倒した相手が挨拶?中国版『PUBG Mobile』が『Game for Peace』へと変更、表現規制更新も実施

  10. 銀河の歴史がまた1ページ『EVE Online』で起きた史上最大の宇宙艦隊戦を収録した映像やショットが登場

アクセスランキングをもっと見る

1
page top