2012*年末企画 『最もたくさん読まれた記事』TOP10 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

2012*年末企画 『最もたくさん読まれた記事』TOP10

様々なゲーム情報が飛び出した2012年も、気がつけば残すところあと僅か。Game*Sparkでは本日から通常のニュースをお休みして、毎年恒例となった年末企画記事をスタッフ全員でお送りしていきます。まずは、2012年に投稿された記事の中で、 最も観覧数の多かったTOP10 を

ニュース 最新ニュース


様々なゲーム情報が飛び出した2012年も、気がつけば残すところあと僅か。Game*Sparkでは本日から通常のニュースをお休みして、毎年恒例となった年末企画記事をスタッフ全員でお送りしていきます。まずは、2012年に投稿された記事の中で、最も観覧数の多かったTOP10をまとめてご紹介します。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

1位: 目的は生き残る事のみ!『ARMA II』のゾンビサバイバルMod“DayZ”
今回ご紹介するのは近頃海外で話題となっている『ARMA II』のマルチプレイヤーMod“DayZ”です。本作は未知の伝染病によってゾンビだらけとなったチェルナルース共和国でとにかく生き延びる事が目的となっています。



2位: 『Diablo III』のプレイにちょっとだけ役立つ基本情報&小技集
ローンチ直後は、ログインエラーやキャラクターが作成できない障害が発生するなど混乱があったものの、現在はサーバーも安定しつつある『Diablo III』。海外サイトにて、実際のプレイにおいて少し役立つプレイの基本情報や小ネタ集がまとめられていたのでご紹介します。



3位: TIME誌が選ぶ「歴史上でもっとも偉大なゲーム100本のリスト」が公開
世界で最も影響力のある人物100人を選ぶ「TIME 100」が有名なアメリカ合衆国のニュース雑誌TIMEが、新たに「歴史上で最も偉大なゲーム100本」を選出、そのリストを公式サイト上にて公開しました。



4位: GDC 12: 最近の日本のゲームは酷い−『Fez』開発者Phil Fish氏
Xbox LIVE アーケードの新作『Fez』を開発するカナダのインディーゲームデザイナーPhil Fish氏が、現在開催されているGDCでのパネルセッションで、最近日本で開発されたゲームを批判する発言をしたことが波紋を呼んでいます。



5位: PAX Prime: 『Metal Gear Solid: Ground Zeroes』のゲームプレイデモが遂に一般公開!
PAX Primeの小島秀夫氏パネルディスカッションにて、『Metal Gear Solid: Ground Zeroes』のゲームプレイデモ映像が遂に一般公開、コナミの公式YouTubeチャンネルにも動画がアップロードされました。



6位: 海外の都市伝説“スレンダーマン”を題材にしたホラーゲーム『Slender』
海外の有名な都市伝説、ネットミーム“スレンダーマン”を題材にした『Slender』のティザートレイラーと無料のβ版が公開されました。開発はMark J. Hadley氏なる人物とParsec Productionsが担当。ジャンルは一人称視点のホラーアドベンチャーとなっています。



7位: 噂: 新型PlayStation 3のイメージがブラジルの代理店サイトにて誤って公開か
今月初頭にも新型PlayStation 3がFCCに登録されたとして話題となりましたが、新たにブラジルの電子機器関連の代理店Anatelの公式サイトにて、誤って新型PS3のものと見られるイメージ数枚が公開されてしまった模様です。



8位: 海外サイトが選ぶ『最も怖いホラーゲーム』TOP10
海外ゲームファンのブログStuffKitにて、「最も怖いホラーゲームTOP10(Top Ten Scariest Video Games Ever)」なる企画記事が掲載されているので、その気になるリストをご紹介。新旧含めた一級品のホラーゲームがそれぞれ動画付きでまとめられているので、夏休みの終わりに背筋を冷やしたいゲームを探している方はぜひご覧あれ。



9位: 海外誌にPC版『Dark Souls』の情報が掲載。発売時期も明らかに
ユーザーの間で、PC版の移植を求める署名運動が行われる等、海外でも多大な人気を誇る『Dark Souls』ですが、ついに、発売時期を含むPC版についての情報が海外誌PC Actionに掲載されたようです。タイトルも『Dark Souls: Prepare to Die Edition』と一新。



10位: 動物擁護団体PETAが『ポケモン』を使った抗議運動「ピカチュウ達を人間から解放せよ」
かつて『Battlefield 3』や『Super Meat Boy』、果ては『マリオ』の“タヌキスーツ”にまで槍玉にあげていた動物擁護団体PETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)が、『ポケモン』をターゲットにした新たな抗議キャンペーンを展開しています。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

結果のご覧の通りで、最も人気だったのは、『ArmA II』のModという地味な存在でありながら、オープンワールドゾンビサバイバルという特異なゲームシステムで海外コアゲーマーの間でも絶大な支持を集めた『DayZ』のプレイレポート記事でした。

約12年ぶりの続編となった『Diablo III』は、発売後のサーバートラブルやパッチ情報などで話題性の高かったタイトル。また、TOP10内には含まれていないものの、カプコンの『バイオハザード6』や『Dragon's Dogma』の記事も大変人気で、海外での評価にも高い関心が集まりました。

Metal Gear Solid: Ground Zeroes』は、PAX 2012の小島秀夫氏パネルセッションで初めてゲームプレイデモが一般公開されて脚光を浴び、オープンワールドジャンルということで海外のゲーマーからもただならぬ注目を集めていたのが記憶に新しいです。

皆さんの今年最も注目したゲームニュース、印象に残った記事は何でしたか?

こちらもチェック! 2012*年末企画記事一覧
『2013年期待の新作』TOP50
『大作に隠れた良作ゲーム』TOP10
時代と共に変わる『人気ゲームキャラクター達の進化図』
『メタスコアで見る今年の残念ゲー』TOP20
『Game*Sparkスタッフが今年最も遊んだゲーム』TOP5
『凄く遊べる原作物キャラクターゲーム』TOP5
『海外で最も評価された国産ゲーム』TOP20
『ランキングネタ・TOP10系記事』TOP10
『ゲーム創作コンテスト』結果発表!
忍耐!『Valveタイムひとまとめ』
『あなたがきっと知らないゲームトリビア』50選
海外で密かにブームを見せる都市伝説ゲーム『スレンダーマン』特集
『厳選!海外セクシーゲームコスプレ写真集』30ショット+オマケ
あぁ、あの頃君は若かった!『海外クリエイターの昔と今』
『十年以上の時を経て今年再始動した名作』5選
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. AMD、「Zen2」コアを使用した第3世代「Ryzen」や新型GPU「Radeon RX 5700」シリーズを発表

    AMD、「Zen2」コアを使用した第3世代「Ryzen」や新型GPU「Radeon RX 5700」シリーズを発表

  2. SUDA51『トラヴィス ストライクス アゲイン: ノーモア ヒーローズ』 PS4/Steam版が国内発表

    SUDA51『トラヴィス ストライクス アゲイン: ノーモア ヒーローズ』 PS4/Steam版が国内発表

  3. 『Dead by Daylight』日本公式Twitterが開設!

    『Dead by Daylight』日本公式Twitterが開設!

  4. WHO「ゲーム障害」含む国際疾病分類第11版を正式合意―業界団体は再検討求める

  5. 映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」出演者の役名解禁!山寺宏一さんは「スラりん」担当

  6. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  7. Steamサマーセールの実施日が判明か―非公式データベースサイトが報告

  8. 正式発表から約5年…『Dead Island 2』は現在も開発中―THQ Nordicが言及

  9. 蛮族ストラテジー『Conan Unconquered』リリース日が5月29日に変更―スペック情報も公開

アクセスランキングをもっと見る

1
page top