2012*年末企画 『ランキングネタ・TOP10系記事』TOP10 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

2012*年末企画 『ランキングネタ・TOP10系記事』TOP10

2012年ももうそろそろ終わり。既に幾つかの年末企画記事を掲載していますが、本記事では今年1年で取り上げた『ランキングネタ・TOP10』系の記事で 読者に人気だったTOP10 をご紹介します。

ニュース 最新ニュース

2012年ももうそろそろ終わり。既に幾つかの年末企画記事を掲載していますが、本記事では今年1年で取り上げた『ランキングネタ・TOP10』系の記事で読者に人気だったTOP10をご紹介します。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

1位: 海外サイトが選ぶ『最もグロテスクな表現が含まれているゲーム』TOP25
“このゲームには暴力シーンやグロテスクな表現が含まれています”で日本でもお馴染みの残酷ゲームですが、今回は海外サイトGameranxが独自に選考した“最もグロテスクな表現が含まれているゲーム TOP25(Top 25 Goriest Games of all Time)”が発表されていますのでご紹介致します。



2位: 神業連発!海外サイトが選ぶ『2011年の偉大なスナイパーキル』TOP10
海外サイトGameRanxで『Gears of War 3』、『Battlefield 3』、『Call of Duty Modern Warfare 3』の三作品の中から『2011年の偉大なスナイパーキル』という形で10本のスーパープレイ動画がランキング形式で紹介されています。



3位: ギネスワールドレコーズが“最も素晴らしいゲームエンディングTOP50”を発表
下らない一芸から素晴らしい偉業までありとあらゆる世界記録を付けることで有名なギネスワールドレコーズですが、同団体が新たに“最も素晴らしいゲームエンディング TOP50”をランク付けし公表しています。



4位: 海外サイトIGNが選ぶ“歴代RPG作品ベスト100”
ライト層からコアゲーマーまで幅広く愛されるロールプレイングゲーム。ゲームの歴史と共に数々の名作が生み出されてきましたが、海外サイトIGNにて“歴代RPGベスト100なるランキングが掲載されているのでご紹介します。



5位: 海外サイトが選ぶ『リメイクすべき5つの名作ゲーム』
海外サイトComputer and Videogamesで「リメイクすべき名作ゲーム」という形で5本のタイトルが紹介されています。最近では日本でも『Halo: COMBAT Evolved Anniversary』や『俺の屍を超えていけ』を始めとした様々な名作のリメイクが登場しましたが、果たして今回どのようなタイトルが取り上げられているのか実際に見てみましょう。



6位: 海外サイトが選ぶ『ゲームをしていて最もイラッとくる瞬間』
過去に、Game*Sparkリサーチでも、「ゲームをプレイしていて最もテンション上がる瞬間」というお題で読者の皆さんが選ぶ様々な瞬間を取り上げましたが、今回海外サイトDORKLYにてその真逆となる『ゲームをしていて最もイラッとくる瞬間』と題した15個のシーンがピックアップされています。



7位: 海外サイトが選ぶ『ローカライズが必要な日本のゲーム』
海外でも非常に高い評価を得る日本のゲームタイトルは多く存在しますが、海外では発売されていないものもしばしば。GamingBoltにて、『ローカライズが必要な日本のゲーム』と題し、海外ユーザーの求める10個の国内タイトルがピックアップされているのでご紹介します。



8位: 海外サイトが選ぶ『最も奇妙なゲームヒーロー』TOP10
過去にもGame*Sparkでは、日本のゲームキャラクターにスポットを当てたランキング記事『最も奇妙な日本のゲームキャラクターTOP7』をご紹介しましたが、今回海外サイトGame Podunkにて『最も奇妙なゲームヒーロートップ10』と題し10人の変わったヒーロー(一部ヒロイン)がランキング形式で掲載されているのでご紹介します。



9位: 海外サイトが選ぶ『ゲーム史上最も最悪な司令官』
海外サイトDORKLYにて『ゲーム史上最も最悪な司令官』と題して6人のキャラクターを紹介した記事が掲載されているのでご紹介します。海外の名作から日本の国民的タイトルまで、各国を代表する最悪のリーダーたちを実際に見てみましょう。



10位: 海外サイトが選ぶ 『2012年度における重要なPCゲーム』20選
今年も残すところ2ヶ月を切りましたが、海外サイトComputer And Video Gamesにて、2012年度を代表するPCゲームとして20のタイトルがリストアップされているのでご紹介します。



◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


こちらもチェック! 2012*年末企画記事一覧
『2013年期待の新作』TOP50
『大作に隠れた良作ゲーム』TOP10
時代と共に変わる『人気ゲームキャラクター達の進化図』
『メタスコアで見る今年の残念ゲー』TOP20
『Game*Sparkスタッフが今年最も遊んだゲーム』TOP5
『凄く遊べる原作物キャラクターゲーム』TOP5
『海外で最も評価された国産ゲーム』TOP20
『ゲーム創作コンテスト』結果発表!
忍耐!『Valveタイムひとまとめ』
『あなたがきっと知らないゲームトリビア』50選
海外で密かにブームを見せる都市伝説ゲーム『スレンダーマン』特集
『厳選!海外セクシーゲームコスプレ写真集』30ショット+オマケ
あぁ、あの頃君は若かった!『海外クリエイターの昔と今』
『十年以上の時を経て今年再始動した名作』5選
『最もたくさん読まれた記事』TOP10
《RIKUSYO》

ニュース アクセスランキング

  1. ユービーアイソフト、ノートルダム大聖堂再建への寄付とPC版『アサクリ ユニティ』1週間限定無料配布を告知

    ユービーアイソフト、ノートルダム大聖堂再建への寄付とPC版『アサクリ ユニティ』1週間限定無料配布を告知

  2. サバイバルACT『LEFT ALIVE』シューティングライクに楽しめる新難易度「CASUAL」 追加

    サバイバルACT『LEFT ALIVE』シューティングライクに楽しめる新難易度「CASUAL」 追加

  3. 16-bitスタイルの2D横スクACT『Driven Out』発表!武術経験無しの少女が戦いに挑む

    16-bitスタイルの2D横スクACT『Driven Out』発表!武術経験無しの少女が戦いに挑む

  4. 海外版『JUDGE EYES:死神の遺言』ピエール瀧演じた羽村京平の差し替え後映像が公開―日本語音声は未発表

  5. 『ディビジョン2』8人レイド「オペレーション・ダークアワーズ」含むタイトルアップデート3が5月に延期

  6. 『スマブラSP』新参戦「ジョーカー」は"アルセーヌ"を召喚―テトラカーンなどで華麗に反撃、最後の切りふだも判明

  7. オープンワールドACT『Forager』PC版が4月18日リリース―お金を稼ぎ、世界を拡げて大冒険

  8. 『エースコンバット7』空中で爆散する機体を捉えたティーザー映像―続報は近日公開

  9. アーケード版『BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE』の稼働が4月25日に決定

  10. 『P5R』こと『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』PS4向けに正式発表―謎の女性キャラが登場するティーザー映像も

アクセスランキングをもっと見る

1
page top