小島監督: 個人的に『METAL GEAR RISING』は雷電では無くグレイ・フォックスでやりたかった | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

小島監督: 個人的に『METAL GEAR RISING』は雷電では無くグレイ・フォックスでやりたかった

家庭用ゲーム Xbox360

スピンオフ作品『METAL GEAR RISING REVENGEANCE』にて『Metal Gear Solid 2』から久々に主役キャラクターとなった雷電ですが、実は小島秀夫監督は個人的に同作でグレイ・フォックスことフランク・イェーガーを主人公にしたい思いがあったことを海外サイトIGNのインタビューにて明らかにしました。

シリーズでも根強い人気を誇るグレイ・フォックスだけに、彼が主役となることを望んでいるファンの数は多そうですが、小島監督は『MGR』の製作では開発チームに全権を委ねるため、自身は開発ではなくプロダクションにフォーカスしたかったとコメント。もし開発チームの意向を変え、主役を雷電からグレイ・フォックスに変更すれば、自身が台詞を書くなど開発に参加しなければならなくなっていたとその理由を説明。「チームは大きく成長し素晴らしいゲームを作り上げたようでとても良かった」と述べています。


なおそのグレイ・フォックスは特典スキンとして『METAL GEAR RISING REVENGEANCE』にも登場予定。同インタビューでは、噂の『Tha Phantom Pain』に関しインタビュアーと小島監督の間でやり取りも行われていました。
(ソース: IGN)

【関連記事】
『The Phantom Pain』のキャラクターはスネーク?の質問に対し小島監督「多分インスピレーション」
小島秀夫氏、あの究極のキャラ弁を「FOXエンジン」上で再現!
ジョーク: 『The Phantom Pain』開発者のどう見ても小島監督なTwitterアカウントが登場
「Metal Gearだけではない」小島監督が完全新規のオリジナル作に意欲
『MGSGZ』や『サイレントヒル』の話が飛び出すEG Expo小島監督Q&Aセッション動画
《ishigenn》

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『シェンムー3』E3 2017出展はおあずけ、開発に専念―レポート映像第3弾

    『シェンムー3』E3 2017出展はおあずけ、開発に専念―レポート映像第3弾

  2. 『ファークライ5』2018年春に国内発売決定、日本語版アナウンストレイラーも

    『ファークライ5』2018年春に国内発売決定、日本語版アナウンストレイラーも

  3. 今回の敵は終末カルト!『Far Cry 5』ゲーム概要&スクリーンショット

    今回の敵は終末カルト!『Far Cry 5』ゲーム概要&スクリーンショット

  4. 【特集】王道!『PS StoreでDLすべきCERO Z洋ゲー』10選

  5. 4vs1マルチホラー『Dead by Daylight』の海外PS4/XB1版発売日決定!

  6. 『タイタンフォール2』大型アップデート海外向けトレイラー!新型タイタンの勇姿を見よ

  7. 『シェンムー3』の発売日や対応機種、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  8. 『Call of Duty: WWII』のキャンペーンでは枢軸軍側でのプレイはなし―「枢軸軍は獰猛な敵」

  9. バンダイナムコ、一人称スリラーADV『GET EVEN』を2017年に配信─PS4/STEAMにて展開

  10. 『スプラトゥーン2』スイッチ同梱版、マイニンテンドーストアでは販売せず─カスタマイズには新色ジョイコンを追加予定

アクセスランキングをもっと見る

page top