噂: ZeniMax Swedenが『Wolfenstein』の新作を開発中 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

噂: ZeniMax Swedenが『Wolfenstein』の新作を開発中

初期作品の『Wolfenstein 3D』でFPSというジャンルを確立し、その後幾つかの続編やリメイク作品が制作された『 Wolfenstein 』シリーズですが、その最新作がスウェーデンのデベロッパーMachineGames(ZeniMax Sweden)によって開発されているとの噂が浮上しています。

ニュース 最新ニュース

初期作品の『Wolfenstein 3D』でFPSというジャンルを確立し、その後幾つかの続編やリメイク作品が制作された『Wolfenstein』シリーズですが、その最新作がスウェーデンのデベロッパーMachineGames(ZeniMax Sweden)によって開発されているとの噂が浮上しています。

その根拠となるのはフリーランスの作曲家Julian Beeston氏が自身のウェブサイトに掲載した仕事履歴で、2013年Machine Gamesでの仕事として『Wolfenstein』がリストされていました(現在は更新されタイトル名だけに)。


また、ボイスオーバー及びパフォーマンス・キャプチャーディレクターのTom Keegan氏も自身のウェブサイトの仕事履歴にMachine Gamesをリスト。ただしこちらには『Wolfenstein』の名はなく、『Project Tungsten』と記載されています。


MachineGamesはStarbreeze Studiosの元スタッフによって2009年に設立された開発スタジオで、2010年にはBethesda Softworksの親会社であるZeniMax Mediaが買収。現在はid TECH5を採用した未発表のトリプルAタイトルを開発中と伝えられています。

これら様々な情報からMachineGamesが開発しているという未発表タイトルが『Wolfenstein』であり、『Project Tungsten』というコードネームで呼ばれているとの考えに至るのは至極自然な事だと思います。

加えて俳優Alexander Leeb氏の仕事履歴には『Project Tungsten』にて“ドイツ兵役”を演じた事が記載されており、噂を更に裏付けています(『Wolfenstein』シリーズにはドイツ兵が登場する)。

前述のTom Keegan氏がAlexander Leeb氏のディレクターを担当した模様

なお2012年にZenimax及びBethesda Softworksが『Wolfenstein』シリーズの前のパブリッシャーであるActivisionからWolfenstein.comのドメイン名を購入した事も何らかの関係があるかもしれません(ちなみにWolfenstein.comでは『Wolfenstein 3D』がブラウザ上でプレイ可能)。
(ソース: GamesBeat)

【関連記事】
ZeniMax MediaがデベロッパーのMachineGamesを買収、現在“Tech 5”を採用したトリプルAタイトルを開発中
祝20周年!『Wolfenstein 3D』のブラウザバージョンが無料公開
これぞ究極のデメイク!?想像力必須のFlashゲーム『Wolfenstein 1D』
職人頑張りすぎ!『Wolfenstein 3D』を再現してしまった『LittleBigPlanet 2』ベータ版プレイ映像
『Return to Castle Wolfenstein』と『Wolfenstein: Enemy Territory』のソースコードが無料公開
《RIKUSYO》

ニュース アクセスランキング

  1. 『グランブルーファンタジー Relink』プラチナゲームズとの共同開発体制を変更―開発はCygamesのみに

    『グランブルーファンタジー Relink』プラチナゲームズとの共同開発体制を変更―開発はCygamesのみに

  2. 拳銃リアル操作FPS新作『Receiver 2』発表! 可動部品のすべてをシミュレート

    拳銃リアル操作FPS新作『Receiver 2』発表! 可動部品のすべてをシミュレート

  3. 『SEKIRO』GOTY獲得にフロム・ソフトウェアからコメントが到着!「ここまで育ててくださったユーザーの皆さんのおかげです」【TGA2019】

    『SEKIRO』GOTY獲得にフロム・ソフトウェアからコメントが到着!「ここまで育ててくださったユーザーの皆さんのおかげです」【TGA2019】

  4. 船上サイコホラー『Layers of Fear 2-恐怖のクルーズ』Steam版が日本語に対応!

  5. GOTYは『SEKIRO』が獲得!「The Game Awards 2019」各部門受賞作品リスト【TGA2019】

  6. 『Mortal Kombat 11』DLCキャラ「ジョーカー」紹介トレイラー!【TGA2019】

  7. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  8. 美麗ハクスラアクション『Blasphemous』がニンテンドースイッチで12月19日にリリース―PC版の日本語対応も

  9. 魔法を駆使するバトルロイヤル『Spellbreak』PS4版が2020年春にCBT予定

  10. 『The Forest』開発元新作『Sons of The Forest』発表!トレイラー映像も【TGA2019】

アクセスランキングをもっと見る

page top