噂: ZeniMax Swedenが『Wolfenstein』の新作を開発中 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

噂: ZeniMax Swedenが『Wolfenstein』の新作を開発中

初期作品の『Wolfenstein 3D』でFPSというジャンルを確立し、その後幾つかの続編やリメイク作品が制作された『 Wolfenstein 』シリーズですが、その最新作がスウェーデンのデベロッパーMachineGames(ZeniMax Sweden)によって開発されているとの噂が浮上しています。

ニュース 最新ニュース

初期作品の『Wolfenstein 3D』でFPSというジャンルを確立し、その後幾つかの続編やリメイク作品が制作された『Wolfenstein』シリーズですが、その最新作がスウェーデンのデベロッパーMachineGames(ZeniMax Sweden)によって開発されているとの噂が浮上しています。

その根拠となるのはフリーランスの作曲家Julian Beeston氏が自身のウェブサイトに掲載した仕事履歴で、2013年Machine Gamesでの仕事として『Wolfenstein』がリストされていました(現在は更新されタイトル名だけに)。


また、ボイスオーバー及びパフォーマンス・キャプチャーディレクターのTom Keegan氏も自身のウェブサイトの仕事履歴にMachine Gamesをリスト。ただしこちらには『Wolfenstein』の名はなく、『Project Tungsten』と記載されています。


MachineGamesはStarbreeze Studiosの元スタッフによって2009年に設立された開発スタジオで、2010年にはBethesda Softworksの親会社であるZeniMax Mediaが買収。現在はid TECH5を採用した未発表のトリプルAタイトルを開発中と伝えられています。

これら様々な情報からMachineGamesが開発しているという未発表タイトルが『Wolfenstein』であり、『Project Tungsten』というコードネームで呼ばれているとの考えに至るのは至極自然な事だと思います。

加えて俳優Alexander Leeb氏の仕事履歴には『Project Tungsten』にて“ドイツ兵役”を演じた事が記載されており、噂を更に裏付けています(『Wolfenstein』シリーズにはドイツ兵が登場する)。

前述のTom Keegan氏がAlexander Leeb氏のディレクターを担当した模様

なお2012年にZenimax及びBethesda Softworksが『Wolfenstein』シリーズの前のパブリッシャーであるActivisionからWolfenstein.comのドメイン名を購入した事も何らかの関係があるかもしれません(ちなみにWolfenstein.comでは『Wolfenstein 3D』がブラウザ上でプレイ可能)。
(ソース: GamesBeat)

【関連記事】
ZeniMax MediaがデベロッパーのMachineGamesを買収、現在“Tech 5”を採用したトリプルAタイトルを開発中
祝20周年!『Wolfenstein 3D』のブラウザバージョンが無料公開
これぞ究極のデメイク!?想像力必須のFlashゲーム『Wolfenstein 1D』
職人頑張りすぎ!『Wolfenstein 3D』を再現してしまった『LittleBigPlanet 2』ベータ版プレイ映像
『Return to Castle Wolfenstein』と『Wolfenstein: Enemy Territory』のソースコードが無料公開
《RIKUSYO》

ニュース アクセスランキング

  1. 『オーバーウォッチ』新ヒーロー「シグマ」発表! 恐怖感じるオリジン・ストーリー公開

    『オーバーウォッチ』新ヒーロー「シグマ」発表! 恐怖感じるオリジン・ストーリー公開

  2. テンセント、ポケモンと共同でオリジナルの新作タイトル開発を発表

    テンセント、ポケモンと共同でオリジナルの新作タイトル開発を発表

  3. 『ポケモンGO』伊藤園ジム自販機で「アーマードミュウツー」をゲットせよ!時間指定伝説レイドバトル開催

    『ポケモンGO』伊藤園ジム自販機で「アーマードミュウツー」をゲットせよ!時間指定伝説レイドバトル開催

  4. モバイル向け新作『ロックマンX DiVE』2019年グローバルリリース予定!ティーザー映像公開

  5. 国内PS4版『ARK:Survival Evolved』新マップ「Valguero」などを含む無料アップデート配信

  6. 国内PS4版『ディヴィニティ:オリジナル・シン 2』は2019年秋に発売!王道ファンタジーRPG、再び日本へ

  7. Blizzardの共同創立者兼CDO、Frank Pearce氏が退任―「Diablo」「Starcraft」など

  8. こんなオトモはいかが?『モンハン:アイスボーン』オリジナルサントラが9月25日発売決定

  9. 『アノ1800』初の大型DLCとなる「海の底の宝」の詳細な内容を発表―新天地や潜水鐘など

  10. 『モンハン:ワールド』全世界出荷本数1,300万本に到達―攻撃珠などの記念アイテムパックが7月26日配信

アクセスランキングをもっと見る

page top