噂: ZeniMax Swedenが『Wolfenstein』の新作を開発中 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

噂: ZeniMax Swedenが『Wolfenstein』の新作を開発中

初期作品の『Wolfenstein 3D』でFPSというジャンルを確立し、その後幾つかの続編やリメイク作品が制作された『 Wolfenstein 』シリーズですが、その最新作がスウェーデンのデベロッパーMachineGames(ZeniMax Sweden)によって開発されているとの噂が浮上しています。

ニュース 最新ニュース

初期作品の『Wolfenstein 3D』でFPSというジャンルを確立し、その後幾つかの続編やリメイク作品が制作された『Wolfenstein』シリーズですが、その最新作がスウェーデンのデベロッパーMachineGames(ZeniMax Sweden)によって開発されているとの噂が浮上しています。

その根拠となるのはフリーランスの作曲家Julian Beeston氏が自身のウェブサイトに掲載した仕事履歴で、2013年Machine Gamesでの仕事として『Wolfenstein』がリストされていました(現在は更新されタイトル名だけに)。


また、ボイスオーバー及びパフォーマンス・キャプチャーディレクターのTom Keegan氏も自身のウェブサイトの仕事履歴にMachine Gamesをリスト。ただしこちらには『Wolfenstein』の名はなく、『Project Tungsten』と記載されています。


MachineGamesはStarbreeze Studiosの元スタッフによって2009年に設立された開発スタジオで、2010年にはBethesda Softworksの親会社であるZeniMax Mediaが買収。現在はid TECH5を採用した未発表のトリプルAタイトルを開発中と伝えられています。

これら様々な情報からMachineGamesが開発しているという未発表タイトルが『Wolfenstein』であり、『Project Tungsten』というコードネームで呼ばれているとの考えに至るのは至極自然な事だと思います。

加えて俳優Alexander Leeb氏の仕事履歴には『Project Tungsten』にて“ドイツ兵役”を演じた事が記載されており、噂を更に裏付けています(『Wolfenstein』シリーズにはドイツ兵が登場する)。

前述のTom Keegan氏がAlexander Leeb氏のディレクターを担当した模様

なお2012年にZenimax及びBethesda Softworksが『Wolfenstein』シリーズの前のパブリッシャーであるActivisionからWolfenstein.comのドメイン名を購入した事も何らかの関係があるかもしれません(ちなみにWolfenstein.comでは『Wolfenstein 3D』がブラウザ上でプレイ可能)。
(ソース: GamesBeat)

【関連記事】
ZeniMax MediaがデベロッパーのMachineGamesを買収、現在“Tech 5”を採用したトリプルAタイトルを開発中
祝20周年!『Wolfenstein 3D』のブラウザバージョンが無料公開
これぞ究極のデメイク!?想像力必須のFlashゲーム『Wolfenstein 1D』
職人頑張りすぎ!『Wolfenstein 3D』を再現してしまった『LittleBigPlanet 2』ベータ版プレイ映像
『Return to Castle Wolfenstein』と『Wolfenstein: Enemy Territory』のソースコードが無料公開
《RIKUSYO》

ニュース アクセスランキング

  1. PC版『絶体絶命都市4Plus』が海外発表―日本語入りで2020年初頭にSteam配信予定

    PC版『絶体絶命都市4Plus』が海外発表―日本語入りで2020年初頭にSteam配信予定

  2. 荒野のストラテジーカードゲーム『Nowhere Prophet』7月19日に発売―難民達を率いて安息の地を目指せ

    荒野のストラテジーカードゲーム『Nowhere Prophet』7月19日に発売―難民達を率いて安息の地を目指せ

  3. 『モンスターハンター フロンティアZ』12月18日にサービス終了―約12年の狩猟生活に幕

    『モンスターハンター フロンティアZ』12月18日にサービス終了―約12年の狩猟生活に幕

  4. 『FF7 REMAKE』ストーリーやバトルシステムに関する基本情報が公開!コマンド×アクションの融合による戦略性の高い戦闘が展開

  5. Steamサマーセールの実施日が判明か―非公式データベースサイトが報告

  6. 大人気ホラーサバイバル『Dead by Daylight』2019年内にモバイル版の全世界リリースが決定!日本向けの特別トレイラーも

  7. 宇宙戦闘交易ADV続編『Rebel Galaxy Outlaw』発表!マイシップの3Dプリントモデル購入も可能

  8. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  9. 『FINAL FANTASY VIII Remastered』発表!PS4/XB1/スイッチ/PC向けに2019年配信予定【E3 2019】

  10. オープンワールドRPG『NEW LIFE』3月からSteam早期アクセス配信!―違法・合法なお仕事で送る新たな人生

アクセスランキングをもっと見る

page top