Take-Two、ユークス開発『WWE』ゲームシリーズの権利をTHQから受け継ぎ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Take-Two、ユークス開発『WWE』ゲームシリーズの権利をTHQから受け継ぎ

ニュース 最新ニュース

パブリッシャーTHQ倒産後のアセット/子会社競売で、買い手が明確になっていなかったプロレスゲームフランチャイズ『WWE』ですが、Bloombergの新たな報道から、噂されていた通り、Rockstar Gamesや2K Gamesを傘下に収める大手Take-Two Interactiveが引き継ぐことが明らかになりました。

これは連邦破産裁判所に提出された申し立てから分かった情報で、パブリッシャーTHQと、プロレス団体WWE、そして長年ゲーム化タイトルの開発を行なってきた日本のユークス3社による契約は解消され、今後はTake-Two Interactiveがゲームのパブリッシングや開発を取り纏める契約の合意に至ったとのこと。

また、THQが倒産する以前に、1,500万〜2,000万ドルの売掛債権を要求していたユークス(THQが14%の株式を保有)に対しては、引き換えとして450万ドルに相当する1,552,000株と、25万ドルのロイヤリティが支払われる見込み。

同様に、2017年まで続くはずだったTHQとWWEのライセンス契約も撤回される形で、WWEには補正された金額のロイヤリティがTHQから支払われる模様です。

Take-Twoの契約は間もなく最終合意に達するとのことで、近々正式発表が予想されますが、ユークスの開発する新たな『WWE』タイトルが、2K Sportsブランドから登場することになるかもしれません。(ソース: Bloomberg via VG247)

【関連記事】
Crytek CEO: THQとVigilの『Darksiders』IPを購入するつもりはない
『Saints Row』と『Metro』を輝かしい未来に導いていく―Deep Silverがその行く末を約束
CrytekがTHQ競売にて手に入れた『Homefront』フランチャイズについて言及
セガ、Relic Entertainment及び開発タイトルに関わるIP取得を発表
米破産裁判所がTHQ競売取引を受理、残されたIPも後日売却へ
THQ競売結果が判明、Take-Two、セガ、Ubisoftなど大手がIPやスタジオを落札
ユークス、THQへの売掛金を回収できない可能性… 『WWE』シリーズは継続に向けて努力
海外レビューハイスコア 『WWE '13』
ゲームに関して知っておくべき全ての事を収めた『WWE '13』ローンチトレイラー
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. PS4版『コール オブ デューティ ワールドウォーII』国内発売日決定!字幕トレイラーも

    PS4版『コール オブ デューティ ワールドウォーII』国内発売日決定!字幕トレイラーも

  2. 任天堂、竹田玄洋氏の退任を発表―「NINTENDO64」以降の据え置き機開発に携わる

    任天堂、竹田玄洋氏の退任を発表―「NINTENDO64」以降の据え置き機開発に携わる

  3. 任天堂、平成29年3月期決算発表─『ゼルダの伝説 BotW』は合算384万本、ニンテンドースイッチは274万台販売

    任天堂、平成29年3月期決算発表─『ゼルダの伝説 BotW』は合算384万本、ニンテンドースイッチは274万台販売

  4. 『ストV』新コスなどがまとめて買える「Premier Pass」期間限定販売中

  5. 『Call of Duty: WWII』キャンペーンは「自動回復」無し、リアルな兵士を描く

  6. 『Call of Duty: WWII』キャンペーン/マルチ情報が公開―オマハビーチ以外の舞台は?

  7. 『バイオハザード7』クリス描くDLC「Not A Hero」が配信延期

  8. あまりにセクシーな2B…『ニーア オートマタ』過去作コスチューム/闘技場DLC発表!

  9. 第二次世界大戦が舞台の最新作『Call of Duty: WWII』が近日正式発表!【UPDATE】

  10. 戦慄ホラー続編『Outlast 2』海外発売日が遂に決定!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top