BenQ27型ゲーミングディスプレイ『XL2720T』発表、4月27日発売で店頭想定価格は6万円程度 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

BenQ27型ゲーミングディスプレイ『XL2720T』発表、4月27日発売で店頭想定価格は6万円程度

ニュース 最新ニュース


ゲーマーにはお馴染み台湾のBenQから新製品『XL2720T』が発表されました。発売日は4月27日と目前、メーカー希望小売価格はオープン/店頭想定価格は59,800円前後。

スペックとしては、やや大ぶりな27型1920x1080のフルHD(大きさWxHxD: 642 x 548 x 273)・ネイティブコントラスト比1000:1・垂直リフレッシュレート120Hz対応・応答速度GtG1msとゲーミングモデルらしい構成。視野角は左右;上下が 170°/160°。入力端子はHDMI 1.4a x2 / ミニD-sub15 ピンx1 / DVI-D-DL x1 / DisplayPort x1、USB端子は4(Down streamx3 Up streamx1)と豊富な一方で、音声入力端子は無し。実際問題としてゲームを本気でプレイする層がモニタのスピーカーを使うことはあまり考えられないので、合理的な判断といえるでしょう。

すでに発売されているXL2420Tとの相違点としては、モニタサイズ以外に応答速度。2msから1msへと改善されています。あらためて解説するまでもなくこの1ミリ秒がゲーマーにとってはなによりも大事です。

ほかには、暗い場所の視認性を高める「Black eQualizer機能」・応答性を向上させる「インスタントモード」・BenQ恒例OSD(On-Screen Display)専用コントローラー「S.Switch」付属・ピポット機能など。

また、「FPS モード」なる機能も搭載されています。これは「世界的に有名な元プロゲーマーの開発協力を得て、明るさ、コントラスト、シャープネス、色合いをFPS ゲーム の為に調整されたモード」とのことで、『Counter-Strike 1.6』 用に設定されたFPS1 モードと『Counter-Strike Source』 用に設定されたFPS2 モードの2 つのが用意されています。最新作『Counter-Strike: Global Offensive』モードがないのが少し気になりますが、ともあれとくにCSガチ勢にとっては選択肢の1つになりそうです。
(ソース: プレスリリース)
《Gokubuto.S》

ニュース アクセスランキング

  1. 噂: Steam“旧正月セール”が2年ぶりに復活か―非公式DBらが報告

    噂: Steam“旧正月セール”が2年ぶりに復活か―非公式DBらが報告

  2. Bethesdaのトッド・ハワード氏がNew York Videogame Awards「Legend Award」受賞!

    Bethesdaのトッド・ハワード氏がNew York Videogame Awards「Legend Award」受賞!

  3. 海外版『魂斗羅』など多数のゲームパッケージイラストを手がけたBob Wakelin氏が死去

    海外版『魂斗羅』など多数のゲームパッケージイラストを手がけたBob Wakelin氏が死去

  4. ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

  5. 『PUBG』テンセントが中国で120人以上のチート開発者逮捕を支援していたことが明らかに

  6. 400人バトルロイヤルも可能な新作シューターの初映像が2月にお披露目!

  7. 『PUBG』中国のリージョンロック求める署名運動が発起―既に約4,000人が参加

  8. 『Crackdown 3』にも携わるクラウド技術会社をEpic Gamesが完全子会社化

  9. 2017年のSteamベストゲームはこれだ! 売り上げ上位作品が発表

  10. 火星オープンワールドサバイバル『Memories of Mars』発表!―2018年春に早期アクセス予定

アクセスランキングをもっと見る

page top