E3公式Webサイトのラインナップに『人喰いの大鷲トリコ』が掲載、対象プラットフォームは変わらずPS3に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

E3公式Webサイトのラインナップに『人喰いの大鷲トリコ』が掲載、対象プラットフォームは変わらずPS3に

2009年のE3にて正式発表されたものの長きにわたり沈黙が続いている上田文人氏の最新作『人喰いの大鷲トリコ(The Last Guardian)』。今年2月には上田氏がSCEを退社したことを明らかにするなど不安なニュースも聞こえてきた本作ですが、E3の公式Webサイトにて『The Last

ニュース 最新ニュース

2009年のE3にて正式発表されたものの長きにわたり沈黙が続いている上田文人氏の最新作『人喰いの大鷲トリコThe Last Guardian)』。今年2月には上田氏がSCEを退社したことを明らかにするなど不安なニュースも聞こえてきた本作ですが、E3の公式Webサイトにて『The Last Guardian』の名が掲載されていたことが新たに明らかとなりました。

これはE3主催団体が毎年開設している公式WebニュースサイトE3 Insiderの出展者一覧リストにてソニーのラインナップとして明記していたもので、次世代機でリリースされるのではとも一部で囁かれていた本作ですが、対象プラットフォームはPS3となっており、発売時期は現時点で不明とされています。

主催団体側が誤って記載した可能性もあるためE3での出展や対象プラットフォームを確約するわけでは無い今回のニュースですが、久々に大鷲が公の前に姿を現すこととなるのか、続報に注目が集まるところです。
(ソース: E3 Insider)

【関連記事】
上田文人氏が『人喰いの大鷲トリコ』の開発状況やSCE退社を報告
SCE吉田氏: 『人喰いの大鷲トリコ』の2013年発売は約束できない
放棄状態にあった『人喰いの大鷲トリコ』の海外商標が再出願
GC 12: SCE吉田氏が『人喰いの大鷲トリコ』の近況や延期の経緯を説明
『人喰いの大鷲トリコ』の商標についてソニーが回答 「現在も開発中」
《ishigenn》

特集

ニュース アクセスランキング

  1. ハロウィンからウィンターまで今後のSteam大型セールの実施日程が報告

    ハロウィンからウィンターまで今後のSteam大型セールの実施日程が報告

  2. 『原神』PC版アンチチートプログラムの仕様変更を発表―「あらゆるプレイヤーの個人情報や利益に損する行為をいたしません」と相次ぐ疑惑の声に回答【UPDATE】

    『原神』PC版アンチチートプログラムの仕様変更を発表―「あらゆるプレイヤーの個人情報や利益に損する行為をいたしません」と相次ぐ疑惑の声に回答【UPDATE】

  3. Epic対Apple裁判の判決は来年7月へ―Epicは「嘘」をついていると裁判官から厳しい指摘

    Epic対Apple裁判の判決は来年7月へ―Epicは「嘘」をついていると裁判官から厳しい指摘

  4. 発電機に繋がれた謎の生物の正体は?磁気パズルACT続編『Teslagrad 2』開発を発表

  5. 「Google Play」ガイドライン改定を計画―アプリ内課金がGoogleの決済サービスを経由するよう徹底させる狙い

  6. Steam2020年度8月売上上位は『Fall Guys』『Horizon Zero Dawn』『MSFS』『PSO2』などがランクイン!

  7. 2DメカACT『ハードコア・メカ』とアニメ「天元突破グレンラガン」のコラボが決定!

  8. 魔法系バトロワ『スペルブレイク』のプレイヤー数が500万人突破! プレイヤー人口第2位は日本

  9. Epic Gamesストアにて新発売の遊園地シム『RollerCoaster Tycoon 3: Complete Edition』期間限定無料配信開始

  10. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

アクセスランキングをもっと見る

page top