E3 2013: 中古ゲーム問題は「あくまでもゲーマー、顧客の利益が第一」EAレーベル社長談 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

E3 2013: 中古ゲーム問題は「あくまでもゲーマー、顧客の利益が第一」EAレーベル社長談

現在、絶賛開催中の世界最大のゲームショー、E3ですが華々しい新作ソフト発表の裏で多くの関係者の間で話題になっている争点のひとつが中古ゲームソフト問題です。この問題について、EAのFrank Gibeau氏が、E3を取材中のアナリストに語っています。

ニュース 最新ニュース
現在、絶賛開催中の世界最大のゲームショー、E3ですが華々しい新作ソフト発表の裏で多くの関係者の間で話題になっている争点のひとつが中古ゲームソフト問題です。

この問題に対するマイクロソフト、ソニーの表明に続いて、ゲーム制作サイドからはエレクトロニック・アーツの重役(EAレーベル社長)、Frank Gibeau氏が中古ソフト問題についての見解を先頃、E3を取材中のアナリストに語っています。

中古ソフト問題に対する同社のスタンスは現在検討中であるとしながらも「ゲーマー(の利益が)第一であり、顧客第一である」という基本姿勢を主張し、中古ゲームをプレイすることもゲーマーにとっては「とてもポジティブなゲーム体験」であると述べていることから、どうやら規制はかけない方針であると推察できそうです。

以前から中古ゲームソフトは業界内で幾度となく問題視されてきましたが、次世代機のXbox One、PS4が基本的にはネット接続状態でのプレイを前提に設計されていることが次第に明らかになり、オンライン上で中古ゲームが識別できるようになってしまうことから、現在この問題が再燃しています。

マイクロソフトは先日、中古ソフトの扱いについては個々のパブリッシャーに任せるという基本姿勢を打ち出しながらも、同社が販売するXbox One用ソフトについては中古販売や譲渡について何らの課金も課さないとしています。しかしながら、譲渡の際にはXbox Liveの上で「30日以上の友好関係」にあった人物に、1本のゲームについて「一度だけ」という条件を設けています。

一方でソニーは、ディスク版の中古ソフトをオフライン状態でプレイする限りは、これまで通り何らの制限も設けないとしています。

次世代機の登場と共にリニューアルされた形になった中古ゲームソフト問題ですが、実際に次世代機が登場してからはいったいどんな動きを見せるのか、業界関係者には長期的な観測が求められていそうです。

(ソース: GAMESPOT)

【関連記事】
E3 2013: カンファレンス直後の吉田修平氏に聞くPS4のゲーム、本体、中古対策
E3 2013: PlayStation 4はリージョンロック非採用か、SCE社員がTwitter上にて報告
E3 2013: PS4は中古ゲームをサポート、常時オンライン接続も採用せず
Xbox Oneは手数料無しでも中古売買が可能など、Microsoftがライセンスに関する重要な詳細を公式ブログにて発表
海外報道: Xbox Oneでは中古販売の売り上げの一部がMicrosoftとパブリッシャーに入るシステムに【UPDATE】
【Xbox One発表】MicrosoftがXbox Oneソフトの中古売買やアクティベーションについて明確化
【Xbox One発表】海外報道:Xbox Oneのゲームは初回インストールが必要、中古ディスクは追加料金でインストール可
Electronic Arts幹部がEAタイトルのオンラインパス廃止を表明、今後の新作タイトルでは搭載せず
《インサイド》

ニュース アクセスランキング

  1. 日本一ソフトウェア最新作『void tRrLM(); //ボイド・テラリウム』発表!汚染された世界で人類最後の少女「トリコ」を世話するローグライクRPG

    日本一ソフトウェア最新作『void tRrLM(); //ボイド・テラリウム』発表!汚染された世界で人類最後の少女「トリコ」を世話するローグライクRPG

  2. 『Pathfinder: Wrath of the Righteous』発表!TRPG世界観のRPGシリーズ新作

    『Pathfinder: Wrath of the Righteous』発表!TRPG世界観のRPGシリーズ新作

  3. 『DEATH STRANDING』コレクターズエディション開封の儀!BBポッドの圧倒的存在感、小旅行にも使えるBRIDGESケースなどが同梱

    『DEATH STRANDING』コレクターズエディション開封の儀!BBポッドの圧倒的存在感、小旅行にも使えるBRIDGESケースなどが同梱

  4. 任天堂、『ゼルダの伝説 BotW』続編のシナリオプランナーを募集

  5. 『FF7 リメイク』マテリアや召喚獣を加えたバトルシステムを公開!対アプス戦の映像で新要素をまとめてチェック

  6. 「The Game Awards 2019」各部門ノミネート作品発表! 国産タイトルも多数選出

  7. 「EVO」運営による、『鉄拳7』無許諾映像の上映について原田勝弘氏が経緯説明

  8. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  9. 『鉄拳7』「ザフィーナ」&完全新規キャラ「LEROY SMITH」発表―シーズンパス3は9月より配信

  10. 『MOTHER2』インパクトありすぎな敵キャラ10選

アクセスランキングをもっと見る

1
page top