E3 2013: インパルストリガーでさらに進化したXbox Oneの新型コントローラ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

E3 2013: インパルストリガーでさらに進化したXbox Oneの新型コントローラ

新たにタッチパッドが加わり、見た目にもわかりやすくなったデュアルショック4に比べて、パッと見たところ何も変化がないように見えるXbox Oneの新型コントローラ。しかし、その中身が大きく進化していました。それがフォースフィードバック機能です。E3のマイクロソフ

ゲーム機 ハードウェア

新たにタッチパッドが加わり、見た目にもわかりやすくなったデュアルショック4に比べて、パッと見たところ何も変化がないように見えるXbox Oneの新型コントローラ。

しかし、その中身が大きく進化していました。それがフォースフィードバック機能です。E3のマイクロソフトブースで「触ってわかる」デモを行っていたので、紹介しましょう。


最大のポイントは振動素子が2個ではなく4個に増えたこと。「デュアルショック」ならぬ「クアッドショック」というわけです。従来の左右グリップ部に加えて、左右トリガー部分にも内蔵され、人差し指で直接ぶるぶるっと振動が感じられます。マイクロソフトではこれを「インパルストリガー」と呼んでいるそうです。

会場ではこのフォースフィードバック機能が良くわかる5種類のデモを行っていました。
・4つの振動素子を順番に振動させる心臓音と脈拍
・自動車のエンジン始動
・ヘリコプターがホバリングする際の振動
・自動車のタイヤの回転とブレーキの振動
・ガトリング砲の回転と連射


ちなみに振動素子が増えた分、感覚値ですがデュアルショック4よりも若干重ために感じられます。しかし、グリップ部分などがわずかに変更されたこともあって、よりホールド感が増し、高級感も感じられるものになっていました。マイクロソフトといえば、PC向けにフォースフィードバック機能がてんこもりのジョイスティック「サイドワインダー フォース フィードバック 2」を発売していましたが、こうした先行商品の技術蓄積がようやくコンシューマゲーム機にも降りてきたという感じでしょうか。

とかくフォースフィードバックといえば「遊びにくい」「細かい操作の邪魔」などとコアゲーマーからは嫌われがちな機能ですが、やっぱりリアルな振動を感じながら没入感たっぷりにゲームを楽しみたいのが一般ゲーマーというもの(ですよね?)。もうこの際ですから、目をつぶっていても(または視覚が阻害されていても)振動だけで状況がわかる、そんなゲームを期待したいところです。


このほかコントローラの正面には赤外線LEDが搭載され、Kinect 2で読み取ることで、プレーヤーとコントローラの組み合わせが正しく認識される機能を備えています。またマイクもKinect 2で標準搭載され、デフォルトでボイスチャットなどに対応ずみ。新型コントローラのフォースフィードバックと、Kinect 2との合わせ技で新しいデバイス体験を提供しようとするXbox Oneに、改めて注目してきましょう。

【関連記事】
E3 2013: コアゲーマーにこそ注目してほしいKinect2、その脅威の性能とは
E3 2013: Xbox Oneの本体価格と発売時期が明らかに−Microsoftメディアブリーフィング現地レポート
360度から見回せる、Xbox Oneの3Dモデルが登場
【Xbox One発表】Xbox Oneのオフィシャルイメージが公開、コントローラーはLEDでプレイヤーを自動認識
《インサイド》
【注目の記事】[PR]

特集

ゲーム機 アクセスランキング

  1. ゲームボーイアドバンス互換機「ポケットHDMIアドバンス for GBA」6月2日発売決定!Amazonで予約受付開始

    ゲームボーイアドバンス互換機「ポケットHDMIアドバンス for GBA」6月2日発売決定!Amazonで予約受付開始

  2. 海外アーティストがVRゲーム『Half Life: Alyx』で自室を完全再現!

    海外アーティストがVRゲーム『Half Life: Alyx』で自室を完全再現!

  3. これは実写でしょ…「Unreal Engine 5」で作られた“リアルすぎて怖い”駅が公開

    これは実写でしょ…「Unreal Engine 5」で作られた“リアルすぎて怖い”駅が公開

  4. カッターでザクザク、ライターで炙って…最高級版「Steam Deck」の耐久テスト動画が公開

  5. ゲームボーイアドバンスを据え置き化!ハンダ付け不要HDMIキットのKickstarterが進行中

  6. スーパーファミコン互換機のDIYキット「超ファミつく」5月下旬発売―自分だけのオリジナルが作成可能

  7. CS用ハンコンコンバーター「Ras1ution 2」国内向けに発売!前世代ハンコンも最新レースゲーム対応に【UPDATE】

  8. CD対応のレトロゲーム互換機「POLYMEGA」2021年9月12日に発売決定

  9. 「ブレードランナー」をVR体験できる『Blade Runner 9732』がSteam配信!―デッカードの部屋を再現

  10. レトロゲーム互換機「POLYMEGA」新モジュールで「ニンテンドウ64」に対応へ!

アクセスランキングをもっと見る

page top