体験版はゲームのセールスに逆効果?海外ゲームデザイナーが調査結果を公開 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

体験版はゲームのセールスに逆効果?海外ゲームデザイナーが調査結果を公開

ニュース 最新ニュース

現行機ではオンラインから手軽にダウンロード出来る様になったゲームの体験版(デモ)ですが、体験版がゲームのセールスに逆効果であるとゲームデザイナーのJesse Schell氏が主張しています。

今週金曜日にバルセロナで開催されたGamelabカンファレンスにて、この主張を展開したSchell氏は、ゲームのリサーチ及びコンサルタント会社のEEDARによって集計されたXbox 360ゲームの平均セールスデータを公開。これはゲームを体験版やトレイラーの有無に分類し、発売から6ヶ月後のセールスデータを集計したもので、その中で最も数字が伸びたのは“トレイラーのみ”のゲームとなり、平均セールスは52万5千本に。

一方で“体験版のみ”のゲームは同じ期間の集計で20万本にとどまる結果となり、さらに“トレイラーと体験版”を用意したタイトルは25万本とトレイラーのみのゲームに比べて大きく数字が減少している事が確認出来ます。また何も用意されなかったゲームは平均で10万本を切っているようです。



しかし実際に体験版がセールスの直接的な低下に起因しているかは定かではなく、また発売時はトレイラーのみのカテゴリに属されるCall of Dutyの様なベストセラーゲームも、発売より数ヶ月後に体験版を配信している為、その状況がデータに反映されているかは不明確である点も指摘されています。(ソース: CVG)
【関連記事】
《Round.D》

ニュース アクセスランキング

  1. 噂: 韓国審査機関に『ロックマン クラシックス コレクション 2』登録

    噂: 韓国審査機関に『ロックマン クラシックス コレクション 2』登録

  2. 噂: 「ミニスーパーファミコン」がクリスマスに海外発売か

    噂: 「ミニスーパーファミコン」がクリスマスに海外発売か

  3. 元『BioShock』開発者のホラー『Perception』配信日が5月に決定

    元『BioShock』開発者のホラー『Perception』配信日が5月に決定

  4. ソニー2016年度連結業績―PS4は2,000万台到達―ゲームは大幅増収増益

  5. PS4版『レインボーシックス シージ』公認大会新シーズンが5月開始!

  6. 『バイオハザード7』クリス描くDLC「Not A Hero」が配信延期

  7. 「A 5th of BitSummit」ゲームフリーク開発者ら登壇!公式サイトもリニューアル

  8. あまりにセクシーな2B…『ニーア オートマタ』過去作コスチューム/闘技場DLC発表!

  9. 『Call of Duty: WWII』キャンペーンは「自動回復」無し、リアルな兵士を描く

  10. 戦慄ホラー続編『Outlast 2』海外発売日が遂に決定!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top