Xbox事業含むIEB部門は今後CEOのスティーブ・バルマー氏が担当へ―Microsoft内部メールが公開 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Xbox事業含むIEB部門は今後CEOのスティーブ・バルマー氏が担当へ―Microsoft内部メールが公開

ニュース 最新ニュース


MicrosoftのIEB部門(インタラクティブ・エンタテイメント・ビジネス)プレジデントであり、Next Xbox Revealイベントでは自ら壇上で次世代コンソールXbox Oneをお披露目したDon Mattrick氏が退社したとのニュースを本日お伝えしましたが、さらにこの件に関するMicrosoftの内部メールが同社の公式サイト上にて公開されました。メール上の文面によれば、Mattrick氏が抜けたXbox事業含むIEB部門はCEOのスティーブ・バルマー氏が取り仕切る模様です。

Don Mattrick氏がMicrosoftを退社し、オンラインソーシャルゲームメーカーZyngaのCEOに就任、大規模なレイオフが伝えられた同社の立て直しを図るようだと伝えられた今回のニュース。すでにZyngaでは公式ブログ上でこの件に関する創設者Mark Pincus氏から社員へ向けてのメモが公表され、正式にDon Mattrick氏のCEO就任を認めています。またそれに応えるような形で、Microsoftも公式サイトのニュースプレス部門にて社員に送ったバルマー氏の内部メールを公開しました。

この内部メールには、Don Mattrick氏が実際には7月8日よりZyngaのCEOに就任すると記載。またMattrick氏の管轄はCEOであるバルマー氏の管理下に入り、同じチームとして日常業務の指揮を継続、とりわけホリデイシーズンにおけるXbox Oneの出荷にフォーカスしていくと記されています。

なお今年6月初めには、今回のニュースでも独自の情報筋より第一報を報じた海外メディアAll Things Digitalが、Microsoftでは「デバイスとサービス」にフォーカスするためスティーブン・バルマー氏による同社の大規模な再編が計画されているとのニュースを伝えていました。
(ソース: Microsoft , Zynga)

【関連記事】
XboxボスのDon Mattrick氏がMicrosoftを退社、Zynga CEOへ就任か―海外報道
Microsoftがマイクロソフトポイントから日本円への移行を正式発表、今年後半に各現地通貨へ変更へ
Xbox 360ゲームのタイトルアップデート費用が無償化、Microsoft幹部が正式に認める【UPDATE】
経営不振のZynga、CEOの年俸は1ドルに−取締役会には著名ベンチャーキャピタリストも
《ishigenn》

ニュース アクセスランキング

  1. 米国1月ソフトセールスは『モンハン:ワールド』が首位、ハード販売は前年比119%増の飛躍的上昇

    米国1月ソフトセールスは『モンハン:ワールド』が首位、ハード販売は前年比119%増の飛躍的上昇

  2. 米国でサービス終了オンラインゲームを著作権法例外とする動き―ESAは反対

    米国でサービス終了オンラインゲームを著作権法例外とする動き―ESAは反対

  3. スーファミ風16-bitアクション『FOX n FORESTS』が今春登場! 様々な名作にインスパイア

    スーファミ風16-bitアクション『FOX n FORESTS』が今春登場! 様々な名作にインスパイア

  4. 硬派中世RPG『Kingdom Come: Deliverance』100万本セールスを突破

  5. 最もDDoS攻撃の標的になったのは「ゲーム業界」―攻撃総数自体は横ばいも79%占める

  6. Naughty Dog、未発表の次回作は三人称視点ではない可能性―『ラスアス』開発秘話も

  7. 54時間限定「Amazonタイムセール祭り」2月28日から―『ドラゴンボール ファイターズ』+ディスプレイセットなど

  8. 「初代ハーフライフのラスボスは自分」…ゲイブの息子グレイ・ニューウェルの海外インタビュー映像

  9. 『レインボーシックス シージ』は10年にわたるサポートを計画―続編の予定はなし

  10. 噂:『GTA V』「プレミアムエディション」の存在が浮上ーストアページ発見されるも現在は削除

アクセスランキングをもっと見る

page top