Xbox 360本体の最新アップデートベータで欧州向け配信ゲームの基本価格が上昇 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Xbox 360本体の最新アップデートベータで欧州向け配信ゲームの基本価格が上昇

家庭用ゲーム Xbox360

先日にXbox 360の次期アップデートに向けたパブリックベータの募集が海外ユーザー(日本は後日)向けに行われ、当選者を対象にアップデートが適用され始めていますが、欧州のユーザーから通貨に関する問題が報告されているようです。

このアップデートでは事前に告知されていたようにこれまでの仮想通貨であるMicrosoftポイント(MSP)から、現地通貨への切り替えが行われますが、これによって欧州で配信されているゲームの価格が以前よりもやや高めに設定された模様です。Neogafではそのリストを掲載しています。

ポンド/ユーロ価格
400 points (£3.40 / €4.80) → £4.49 / €4.99
800 points (£6.80 / €9.60) → £8.99 / €9.99
1200 points (£10.40 / €14.40) → £11.99 / €14.99
1600 points (£13.60 / €19.20) → £14.99 / €19.99

上記のリストにあるように、これまで800MSPを購入する場合は6.80ポンドであったのに対し、現在は32パーセントの価格上昇となる8.99ポンドの価格で配信されている模様です。さらに他の欧州ユーザーによると、チャージ済みMSPの現地通貨換算は過去のレートが適用され、400MSPがチャージされている場合は3.40ポンドとなり、現在の400MSP相当のタイトルが購入出来ないと言った問題も報告されています。

現在はまだアップデートのベータ段階のため、今後改善される可能性も考えられますが、日本でもベータが募集される際には、ゲームの価格に僅かな変化が生じる可能性も考慮しておいた方が良いかもしれません。(ソース: Neogaf via CVG)
【関連記事】
Xbox 360本体アップデートのパブリックベータが受付スタート、日本は後日実施
Xbox Liveゴールド会員向け無料ゲームの提供は毎月1日と16日に予定
E3 2013: Xbox 360の新モデルが発表、ゴールドメンバーには毎月2本のゲームが無料提供
Xbox LIVE Rewardsの新プログラム“Play to Earn”が4月からスタート
《Round.D》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『Call of Duty: WWII』に「無限ダッシュ」は非搭載

    『Call of Duty: WWII』に「無限ダッシュ」は非搭載

  2. Steam/Xbox One版『Fallout 4』の週末無料プレイ実施が海外発表!―Modも体験可能

    Steam/Xbox One版『Fallout 4』の週末無料プレイ実施が海外発表!―Modも体験可能

  3. PS4/XB1『DiRT 4』の国内向け公式サイト&最新トレイラーが公開

    PS4/XB1『DiRT 4』の国内向け公式サイト&最新トレイラーが公開

  4. PS VR『サマーレッスン:宮本ひかり コレクション』発売開始、VR空間で「宮本ひかり」と触れ合えるゲーム本編とDLC4つが収録

  5. PS4版『Destiny 2』予約受付がスタート、拡張2種収録のデジタルデラックス版も

  6. eスポーツ大会「パワプロチャンピオンシップス2017」開催決定、最強の野球ゲームプレイヤーを決める大会が4都市で実施

  7. 『スプラトゥーン2』スイッチ同梱版、マイニンテンドーストアでは販売せず─カスタマイズには新色ジョイコンを追加予定

  8. 定額サービス「Xbox Game Pass」海外で6月開始―Goldメンバーは5月24日より

  9. 『オーバーウォッチ』国内向け最新パッチノート!PS4日本語版GOTYも発売

  10. 新型タイタンも追加!『タイタンフォール2』近日中に大規模アップデートが海外で配信

アクセスランキングをもっと見る

page top