“ポケモン”をマヤ文明風のイラストタッチで描いたファンアート | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

“ポケモン”をマヤ文明風のイラストタッチで描いたファンアート

マヤ文明風のタッチで描かれた“ポケモン”ファンアート作品が登場しました。ゼニガメ、フシギダネ、フリーザーなど約40匹ほどのポケモンが古代文明のひとつマヤ文明のテイストで再現されており、このファンアートを手がけたのはメキシコ在住のアーティストMonaさん。

ゲーム文化 カルチャー

マヤ文明風のタッチで描かれた“ポケモン”のファンアート作品が登場しました。ゼニガメ、フシギダネ、フリーザーなど約40匹ほどのポケモンが古代文明のひとつマヤ文明のテイストで再現されています。このファンアートを手がけたのはメキシコ在住のアーティストMonaさん。バラエティ豊かなポケモンをこの調子でどんどんマヤ文明テイストで描いて貰いたいですよね。他のポケモンも気になる方は、MonaさんのTumblrに作品が公開されていますのでそちらをチェックしてみて下さい。

ギャラドス

ゼニガメ、カメール、カメックス

フリーザー

ヒノアラシ、マグマラシ、バクフーン

(ソース:TAXI via Mona Robot

【関連記事】




《DOG COMIC》

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『WWE 2K バトルグラウンド』開発元テイクツーが登場する選手のタトゥー無断使用で提訴を受ける

    『WWE 2K バトルグラウンド』開発元テイクツーが登場する選手のタトゥー無断使用で提訴を受ける

  2. 『CS:GO』観戦バグ問題で37チームのコーチに対し最大3年間のBAN措置を決定

    『CS:GO』観戦バグ問題で37チームのコーチに対し最大3年間のBAN措置を決定

  3. 超有名キャラを会社に無断で使用!?“Dr.ワタリ”の流血事件!?─あの噂は嘘か誠か、「やりすぎセガ伝説」で真実が明らかに【TGS2020】

    超有名キャラを会社に無断で使用!?“Dr.ワタリ”の流血事件!?─あの噂は嘘か誠か、「やりすぎセガ伝説」で真実が明らかに【TGS2020】

  4. 『オブリビオン』を『スカイリム』のエンジンで再現する「Skyblivion」の開発記録映像が公開―「シロディール」再生までの道のりを明かす

  5. 不気味な世界観で展開するシューティングADV『Cube Gothic』Steam配信開始

  6. ドタバタマラソン『Nippon Marathon 2』のKickstarterキャンペーンが開始―勘違い日本を飛び出して世界へ!

  7. 香川県議会が弁護士会の「ネット・ゲーム依存症対策条例」廃止を求める声明に対し見解を発表―「廃止については理由がない」

  8. 『バイオハザード ヴィレッジ』は“イーサンシナリオの完結作品”になると明言! 条件付きの世界初実機プレイや新作CGドラマも発表【TGS2020】

  9. 『アイザックの伝説: リバース』続編級DLC「Repentance」のSteamページが公開!

  10. PS Chinaが「China Hero Project」新情報を公開するオンラインイベント開催―bilibiliとYouTubeで9月30日20時より開始

アクセスランキングをもっと見る

page top