“ポケモン”をマヤ文明風のイラストタッチで描いたファンアート | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

“ポケモン”をマヤ文明風のイラストタッチで描いたファンアート

ゲーム文化 カルチャー


マヤ文明風のタッチで描かれた“ポケモン”のファンアート作品が登場しました。ゼニガメ、フシギダネ、フリーザーなど約40匹ほどのポケモンが古代文明のひとつマヤ文明のテイストで再現されています。このファンアートを手がけたのはメキシコ在住のアーティストMonaさん。バラエティ豊かなポケモンをこの調子でどんどんマヤ文明テイストで描いて貰いたいですよね。他のポケモンも気になる方は、MonaさんのTumblrに作品が公開されていますのでそちらをチェックしてみて下さい。

ギャラドス

ゼニガメ、カメール、カメックス

フリーザー

ヒノアラシ、マグマラシ、バクフーン

(ソース:TAXI via Mona Robot

【関連記事】




《DOG COMIC》

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 御年70歳の海外コスプレイヤーが「春麗」コスプレを披露ー人生まだまだ楽しい!

    御年70歳の海外コスプレイヤーが「春麗」コスプレを披露ー人生まだまだ楽しい!

  2. 「オーバーウォッチリーグ」参加選手が暴言で1週間の出場停止へ―同性愛者への差別発言

    「オーバーウォッチリーグ」参加選手が暴言で1週間の出場停止へ―同性愛者への差別発言

  3. 『ストリートファイターV アーケードエディション』プロゲーマーも参加した店頭体験会レポート!

    『ストリートファイターV アーケードエディション』プロゲーマーも参加した店頭体験会レポート!

  4. 完璧すぎる劇中再現ー『スカイリム』に「ポプテピピック」パロディ逆輸入MODが誕生

  5. サイバーパンクアクション『RUINER』のサントラLPが海外で予約開始!―平沢進の「トビラ島」も収録

  6. 『PUBG』マーケットで一部のアイテムが高騰、20万円以上での取引成立も

  7. カナダの男性がTwitchの荒らし行為で刑事告発―最長10年の懲役

  8. 『PUBG』中国のリージョンロック署名運動、賛同者が初期目標の5,000人突破

  9. 『Getting Over It』あの釜男のインパクト大なコスプレが披露ー開発者も思わず感嘆

  10. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

アクセスランキングをもっと見る

page top