“ポケモン”をマヤ文明風のイラストタッチで描いたファンアート | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

“ポケモン”をマヤ文明風のイラストタッチで描いたファンアート

ゲーム文化 カルチャー


マヤ文明風のタッチで描かれた“ポケモン”のファンアート作品が登場しました。ゼニガメ、フシギダネ、フリーザーなど約40匹ほどのポケモンが古代文明のひとつマヤ文明のテイストで再現されています。このファンアートを手がけたのはメキシコ在住のアーティストMonaさん。バラエティ豊かなポケモンをこの調子でどんどんマヤ文明テイストで描いて貰いたいですよね。他のポケモンも気になる方は、MonaさんのTumblrに作品が公開されていますのでそちらをチェックしてみて下さい。

ギャラドス

ゼニガメ、カメール、カメックス

フリーザー

ヒノアラシ、マグマラシ、バクフーン

(ソース:TAXI via Mona Robot

【関連記事】




《DOG COMIC》

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 「オーバーウォッチ ワールドカップ 2017」予選、日本代表が初戦を勝利!

    「オーバーウォッチ ワールドカップ 2017」予選、日本代表が初戦を勝利!

  2. 『FF8』スコールに感化され、美容整形に数万ドル投じた男性が話題―マレーシア

    『FF8』スコールに感化され、美容整形に数万ドル投じた男性が話題―マレーシア

  3. 【レポート】鋭意開発中の『SOUL REVERSE』を体験、初登場となるレンジャーの操作感はいかに?

    【レポート】鋭意開発中の『SOUL REVERSE』を体験、初登場となるレンジャーの操作感はいかに?

  4. 初代『DOOM』パッケの人物にモデルが?ジョン・ロメロが裏話明かす

  5. 【特集】「Evo 2017」『ストV』チャンピオンときど選手にヒーローインタビュー

  6. 「オーバーウォッチ ワールドカップ 2017」各国チームメンバーと試合日程が公開!

  7. 海外版メガドラ「ジェネシス」新型3機種の価格判明―往年の名作が59.99ドルから

  8. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  9. 『ニーア オートマタ』海外ファンによる2Bコスプレが本物レベル

  10. 日本のときど選手が「Evo 2017」の『ストリートファイターV』部門で優勝!―強敵Punk選手を圧倒

アクセスランキングをもっと見る

page top