海外レビューハイスコア 『Divinity: Dragon Commander』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外レビューハイスコア 『Divinity: Dragon Commander』

RPG、ストラテジー、そしてジェットパックを装着したドラゴンを操る事が出来るアクションを合体させた『Divinity: Dragon Commander』。その海外レビューになります。2013年8月6日にPCでリリースされた本作はMetacriticで75点(全19レビュー)を獲得しています。

ニュース 最新ニュース


Gamespot: 80/100
    Divinity: Dragon Commanderは逸品だ。ロールプレイ、政治、ユーモアそしてジェットパックを装備したドラゴンの存在によって欠点は影に隠れてしまっている。スチームパンクなドラゴンが存在し、スケルトンとも結婚出来る大規模ストラテジーを今まで夢見たことはないだろう。ありがたいことに、数あるスタジオの一つのLarian Studioがやってくれた、そしてその結末が非常に楽しみだ。

    長所
  • ロールプレイング、ストラテジーそしてアクションが面白く合体している
  • 仲間と活力ある会話することが出来る
  • 政策設定に深みがありユートピアともディストピアともカスタマイズすることが出来る
  • ジェットパックを装備したドラゴンを操ることが出来る

  • 短所
  • リアルタイムストラテジーのコアとなる力関係が満足いかなかった
  • バグと不安定性が残されたまま発売されてしまっている


IGN: 78/100
Destructoid: 75/100
    Divinity: Dragon Commanderは沢山の物事を組み合わせた集合体であるという一例だ。RTS要素は少し荒っぽいが、少なくともそれは爆発力のあるジェットパックを装備したドラゴンをコントロールすることが可能で、ボードゲーム風の地上マップはプレイヤーが全体像を考えるのに必要なものだ。シングルプレイヤーのターンの合間に行われる空中戦艦レイヴンに乗船した個性豊かなNPC達との会話はドラゴンがいない時の私の好きなゲームパートの一つだ、それに本当に文章が強調されそれはDivinityシリーズであることを知らしめているようだ。チュートリアルはすることが沢山あってプレイヤーにとって区別なくフレンドリーではない、だだDivinity: Dragon Commanderは確かにドラゴンストラテジストを皆に解放したものだ。

Game Informer: 75/100
    Divinity: Dragon Commanderは多くの層を持っている。私はボードゲーム「リスク」のようなストラテジーで軍隊を使ってワールドマップを塗り替え、私の敵対するユニットを違ったバトルカードを使うことで妨害することを楽しんだ。しかし、私はRTS戦闘で叩きのめされることを恐れた。もしLarian Studioがバトルシステムを改良するならストラテジーシリーズを幅広い層にアピールする事が出来るかもしれない、だがスグに少数のステラテジーファンはこの指揮下の下が安心と感じるだろう。

Edge Magazine: 70/100
GameFront: 67/100
    しっかりと十分に腰を落として外交セッションを通してみると、より戦略的なゲームプレイを実現することが期待出来る。Divinity: Dragon Commanderは奇妙にも楽になれるところを見つけるだろう、それは対人関係に焦点を当てたものではなく、むしろ高いアドベンチャー性よりも戦場において何か戦略的経験に挑戦するプレイヤーにとっての悪いニュースだ。Divinity: Dragon Commanderは先の重要な警告にも関わらず十分に楽しむことが出来るだろう、だがそれはもっとRPGよりも群衆にアピールした素早い指捌きをするStarCraft IIやTotal Warよりはリラックスしたブランドだ。Divinity?いや、それはCloud Nineにも達していないだろう。しかし、Larian's は複数ジャンルを統合するという一風変わったことを可能にしドラゴンを地上に下ろし、そして十分な長さの旅を思い出深くすることが出来たのだ。

    長所
  • 外交時における会話シーンの言葉には良いのが内包されている
  • ドラゴンでの戦闘は普通に楽しい、とりわけマルチプレイヤーにおいても
  • 様々なジャンルが満足するぐらいミックスされている
  • 声優の演技が驚くほど良い
  • 個性豊かなキャラクター造形

  • 短所
  • シンプルすぎるRTS要素
  • ドラゴンモードでユニットを操作することが困難

  • 全体的なストーリーの弱さ

2011年のドイツで開催されたGamesconでその存在が明らかとなり、RPG、ストラテジー、そしてジェットパックを装着したドラゴンを操る事が出来るアクションを合体させた『Divinity: Dragon Commander』。その海外レビューになります。本作はDivinityシリーズで有名なLarian Studiosが制作し2013年8月6日にPCでリリースされた本作はMetacriticで75点(全19レビュー)を獲得しています。

レビュー全体ではロールプレイング、ストラテジー、そしてアクションが上手く合体してることが評価され、外交での会話の豊富さや、味方の個性豊かなキャラクター達などが評価されています。しかし、RTS要素はシンプルすぎる、またはユニットの力関係に満足できなかったという不満点が指摘されており、多ジャンルの合体という多くの要素全てを満足させる困難さが見え隠れしています。ですが、独特な世界観は評価されており、特にジェットパックを装備したドラゴンの存在はこのゲームの目玉と言えるものでしょう。
《G.Suzuki》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』10月31日に発売! 新キャラや待望の「3学期」などを追加して新生【UPDATE】

    『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』10月31日に発売! 新キャラや待望の「3学期」などを追加して新生【UPDATE】

  2. 未発表の『コール オブ デューティ』最新作をアメフト選手がプライベートイベントで先行プレイ

    未発表の『コール オブ デューティ』最新作をアメフト選手がプライベートイベントで先行プレイ

  3. PC『PuyoPuyo Champions/ぷよぷよeスポーツ』日本での正式リリースが決定!価格は1,100円

    PC『PuyoPuyo Champions/ぷよぷよeスポーツ』日本での正式リリースが決定!価格は1,100円

  4. スターリンと火星人が戦う『Stalin vs. Martians 4』発表! あの迷作が可愛くなって復活

  5. Co-opゾンビシューター『World War Z』発売初週に100万本セールス達成!

  6. ユービーアイソフト、ノートルダム大聖堂再建への寄付とPC版『アサクリ ユニティ』1週間限定無料配布を告知

  7. 『P5R』こと『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』PS4向けに正式発表―謎の女性キャラが登場するティーザー映像も

  8. 『熱血硬派くにおくん外伝 RiverCity Girls』国内向け正式発表!

  9. 『Call of Duty』2019年新作は“キャンペーンモード”復活―新たなファンにもアピールするものに

  10. 『SEKIRO』アップデートver1.03が4月23日配信―攻略の多様性向上&不具合など修正

アクセスランキングをもっと見る

1
page top