ベータ版『Arma 3』がSteam Workshopに対応、よりModの導入が簡単に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ベータ版『Arma 3』がSteam Workshopに対応、よりModの導入が簡単に

先日『DayZ』のユニークプレイヤー数が100万人を超えたという話題で知られる『Arma 2』の続編、『Arma 3』。現在はSteamにてベータ版としてリリースされていますが、今回のアップデートでSteam Workshopに対応したとのことです。

ニュース 最新ニュース
ベータ版『Arma 3』がSteam Workshopに対応、よりModの導入が簡単に
  • ベータ版『Arma 3』がSteam Workshopに対応、よりModの導入が簡単に
  • ベータ版『Arma 3』がSteam Workshopに対応、よりModの導入が簡単に
『DayZ』のユニークプレイヤー数が100万人を超え話題となった『Arma 2』の続編、『Arma 3』。現在はSteamにてベータ版としてリリースされていますが、今回のアップデートでSteam Workshopに対応したとのことです。

チェコに拠点を構える『Arma 3』の開発であるBohemia Interactiveは、ユーザーが『DayZ』のようなModを導入しやすい環境を望んでおり、クリエイターとプレイヤー双方にメリットのあるSteam Workshopを導入。今回のアップデートを行ったというわけです。

『Arma 3』の製品版発売日は2013年9月12日。現在ベータ版がSteam及び公式ストアにて49.99ドル(Digital Deluxe Editionは59.99ドル)で発売しており、これらは最終的な製品版へのアクセスも含まれるとのことです。
《milkydrift》
BFV最新ニュース[PR]

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『JUMP FORCE』17キャラが使えるオープンベータテスト開始!バトルを紹介する指南動画4種も

    『JUMP FORCE』17キャラが使えるオープンベータテスト開始!バトルを紹介する指南動画4種も

  2. 高速トップダウンシューター『The Hong Kong Massacre』1月23日発売!―激しい銃撃戦のトレイラー公開

    高速トップダウンシューター『The Hong Kong Massacre』1月23日発売!―激しい銃撃戦のトレイラー公開

  3. PC版『エースコンバット7』Steamで予約開始!最小動作環境はGTX 750Tiから

    PC版『エースコンバット7』Steamで予約開始!最小動作環境はGTX 750Tiから

  4. 『バイオハザード RE:2』にハンク&しっかり関西弁な豆腐が登場!「The 4th/豆腐 Survivor」情報が公開

  5. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  6. PS4日本語版『OVERKILL’s The Walking Dead』の発売日が無期延期―発売元と協議も…

  7. シリーズ最新作『エースコンバット7』価格/シーズンパス詳細が公開―早期購入特典に過去作移植版

  8. 『エースコンバット7』最新情報!ストーリー詳細やF-15Jなど一部登場機体がついに公開

  9. オフロードレーシング『ダートラリー2.0』国内PS4版が2019年4月18日に発売決定!―告知トレイラー公開

  10. 新作オープンワールドサバイバル『DYSMANTLE』発表!―トレイラー公開

アクセスランキングをもっと見る

page top