海外サイトのJRPG好き記者が選ぶ『プレイすべき20の歴代JRPG』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外サイトのJRPG好き記者が選ぶ『プレイすべき20の歴代JRPG』

ゲーム文化 カルチャー

海外サイトのJRPG好き記者が選ぶ『プレイすべき20の歴代JRPG』
  • 海外サイトのJRPG好き記者が選ぶ『プレイすべき20の歴代JRPG』
海外サイトKotakuにて、『プレイすべき20の歴代JRPG』がリストアップされています。JRPG好きな米国人記者の目線で見たオールタイムのJRPGで、今でもプレイをする価値があるタイトルとしてリストアップされいます。それでは早速そのリストを順不同でご紹介します。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

■ファイナルファンタジー VI
(スーパーファミコン、プレイステーション、ゲームボーイアドバンス)


■ガイア幻想紀
(スーパーファミコン)


■LUNAR エターナルブルー
(セガサターン、プレイステーション)


■二ノ国
(プレイステーション 3)


■ファンタシースター IV
(メガドライブ、PC (Steam)


■クロノトリガー
(スーパーファミコン、プレイステーション、ニンテンドーDS)


■ペルソナ4
(プレイステーション2、PlayStation Vita)


■ファイナルファンタジー VII
(プレイステーション、PC)


■ゼノギアス
(プレイステーション)


■英雄伝説 空の軌跡
(PSP)


■MOTHER2
(スーパーファミコン、Wii U)


■ラジアントヒストリア
(ニンテンドーDS)


■エストポリス伝記II
(スーパーファミコン)


■幻想水滸伝II
(プレイステーション)


■スーパーマリオRPG
(スーパーファミコン)


■ファイナルファンタジー IX
(プレイステーション、PSN)


■ドラゴンクエストVIII
(プレイステーション2)


■ファイナルファンタジータクティクス
(プレイステーション、PSP、iOS)


■キングダムハーツII
(プレイステーション2)


■聖剣伝説2
(スーパーファミコン)


◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

記事内では、これらのタイトルをプレイするためにほこりを被っていたりするソフトや、フリーマーケットなどでスーパーファミコンなどのレトロハードを入手してでもプレイするべき時代を超越したゲームタイトルだ。と猛烈にプレイをうながしています。まだ未プレイのタイトルがある方は、これらのリストを参考にプレイしてみてはいかがでしょうか。

UPDATE (2013/8/31 18:48): 文中の誤字を訂正しました。コメント欄でのご指摘に感謝します。
UPDATE2 (2013/8/31 22:58): 記事公開時、参照元の記事には19タイトルしか紹介されていませんでしたが、最後の1タイトルとして『聖剣伝説2』が追記されていましたので、本記事にも追記いたしました。
《DOG COMIC》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 32 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. サイバーパンクアクション『RUINER』のサントラLPが海外で予約開始!―平沢進の「トビラ島」も収録

    サイバーパンクアクション『RUINER』のサントラLPが海外で予約開始!―平沢進の「トビラ島」も収録

  2. 完璧すぎる劇中再現ー『スカイリム』に「ポプテピピック」パロディ逆輸入MODが誕生

    完璧すぎる劇中再現ー『スカイリム』に「ポプテピピック」パロディ逆輸入MODが誕生

  3. 「オーバーウォッチリーグ」開幕初週に配信視聴者1,000万人突破!

    「オーバーウォッチリーグ」開幕初週に配信視聴者1,000万人突破!

  4. 『ポケットモンスター 金・銀』オーケストラアレンジアルバムが4月発売決定!

  5. 映画「トゥームレイダー ファースト・ミッション」海外トレイラー!ララのオリジン描く

  6. カナダの男性がTwitchの荒らし行為で刑事告発―最長10年の懲役

  7. 『PUBG』マーケットで一部のアイテムが高騰、20万円以上での取引成立も

  8. 『PUBG』中国のリージョンロック署名運動、賛同者が初期目標の5,000人突破

  9. スーパーファミコン用の新作格闘ゲーム『The Darkness Hunter』が発売!―元SNKスタッフが開発

  10. ゲーム中に部屋に入られた28歳男性が発砲、頭部に被弾した母親が重傷ー米国

アクセスランキングをもっと見る

page top