スクウェア・エニックスが『Theatrhythm Final Fantasy Curtain Call』なるタイトルを商標登録 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

スクウェア・エニックスが『Theatrhythm Final Fantasy Curtain Call』なるタイトルを商標登録

スクエニの『シアトリズムファイナルファンタジー』ですが、先月27日、シリーズ最新作を思わせる『THEATRHYTHM FINAL FANTASY CURTAIN CALL)』なる商標が米国で登録されていた事が明らかとなりました。

ニュース 最新ニュース
スクウェア・エニックスが『Theatrhythm Final Fantasy Curtain Call』なるタイトルを商標登録
  • スクウェア・エニックスが『Theatrhythm Final Fantasy Curtain Call』なるタイトルを商標登録


昨年2月にニンテンドー3DS向けにリリースされ、その後iOSバージョンの配信も行われたスクウェア・エニックスのリズムゲーム『シアトリズムファイナルファンタジー』ですが、先月27日、シリーズ最新作を思わせる『THEATRHYTHM FINAL FANTASY CURTAIN CALL)』なる商標が米国で登録されていた事が明らかとなりました。

今のところ、商標に関する詳細は不明ですが、初代『シアトリズムファイナルファンタジー』は、同社の人気RPG『ファイナルファンタジー』の人気楽曲をフィーチャーしたスピンオフでは初となるリズムゲームとして、国内外問わず非常に高い評価を得ていた作品ともあり、正式な続編の登場に期待が高まります。

※この記事には機種カテゴリが設定されていますが、ゲームの対応プラットフォームは未発表です。
《FURUKAWA》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 5 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『Apex Legends』16,000人ものチーターがBANークラッシュ問題の修正にも言及

    『Apex Legends』16,000人ものチーターがBANークラッシュ問題の修正にも言及

  2. PC版『ディビジョン2』予約注文は前作より好調ーSteam販売見送りの悪影響は無し

    PC版『ディビジョン2』予約注文は前作より好調ーSteam販売見送りの悪影響は無し

  3. 『フォートナイト』エモート「フレッシュ」巡る訴訟、米国著作権局は振り付けに著作権認めない方針

    『フォートナイト』エモート「フレッシュ」巡る訴訟、米国著作権局は振り付けに著作権認めない方針

  4. 犠牲者たちの「if」を描く『バイオハザード RE:2』「THE GHOST SURVIVORS」無料配信開始

  5. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  6. 『リネージュ M』日本語版の事前登録が開始─長い歴史を持つシリーズの原点がモバイルで

  7. SFパズルアドベンチャー『Afterlight』がPC向けに発表!4月からKickstarterを予定

  8. 『実況パワフルプロ野球』最新作がスイッチで登場! いつでもどこでも熱い対戦が楽しめる

  9. 『ポケモンGO』バレンタインイベント実施!「ピッピ」など“ピンク色ポケモン”をピックアップ

  10. SFMMOシューター『PlanetSide Arena』リリースが2019年夏に延期ー海外PS4版も発表

アクセスランキングをもっと見る

page top