PS3向け『Heavy Rain』はもともとMicrosoftとのプロジェクトだった、“子供の誘拐”が問題でボツに | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

PS3向け『Heavy Rain』はもともとMicrosoftとのプロジェクトだった、“子供の誘拐”が問題でボツに

ニュース 最新ニュース

PlayStation 3限定タイトルとして2010年にリリース、インタラクティブ性にフォーカスした独自のゲームプレイが高評価を受けロングランを果たしたアドベンチャーゲーム『Heavy Rain』ですが、当初はソニーでは無くMicrosoftと共同で進められていたプロジェクトであったことが明らかにされました。

これは開発スタジオQuantic Dreamの創設者でお馴染みDavid Cage氏がロンドンにて開催されているBAFTAゲームレクチャーにて明かした情報。当初MicrosoftはQuantic Dreamの過去作『Fahrenheit』に興味を示しており、2005年に新たなインタラクティブドラマ作のリリースを目指していたものの、同作の“子供の誘拐”を中心としたテーマを恐れ同社はプロジェクト案を却下したとCage氏は伝えています。

一方でCage氏は「Microsoftは素晴らしい会社だし、文句や批判を言ってるわけでは無い」ともコメント。ソニーとMicrosoft両社が求めていた『Heavy Rain』のビジョンが異なり、その結果Microsoftと共に働くことが出来なかっただけであることを強調しています。

その後ご存知の通りソニーと関係を築き開発が進められた『Heavy Rain』。Quantic Dreamが『Heavy Rain』を「非常にエモーショナルな作品と成りうるが、このテーマは陳腐にすべきでは無い」とソニーに伝え、その結果お互いが理解し合うことが出来たとCage氏はコメントしており、ソニーが賛否両論を巻き起こす可能性のあるこのテーマを受け入れてくれたと伝えています。
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 31 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 旧SOE代表がクロスプレイを巡るソニーの動向に言及…「金銭が理由と言われていた」

    旧SOE代表がクロスプレイを巡るソニーの動向に言及…「金銭が理由と言われていた」

  2. 噂:2018年Steamサマーセールは6月21日から?大手データベース解析サイトがツイート

    噂:2018年Steamサマーセールは6月21日から?大手データベース解析サイトがツイート

  3. 海外の複数有名タイトルに導入されたユーザー情報解析ソフトが“スパイウェア”としてクレーム、一部メーカーは対応

    海外の複数有名タイトルに導入されたユーザー情報解析ソフトが“スパイウェア”としてクレーム、一部メーカーは対応

  4. タワーディフェンス『PixelJunk Monsters 2』DLC第一弾が発売開始ー内容紹介トレーラーも

  5. 海外プロレスゲーム最新作『WWE 2K19』のカバーはAJスタイルズ! 10月発売予定

  6. 『PUBG MOBILE』400万DL突破―FPPなど実装する大型アップデート間もなく配信

  7. Steamにパブリッシャー/デベロッパーページの作成機能が追加、ベータが開始に

  8. 『フォートナイト』大物ストリーマー「Ninja」レッドブルとパートナー契約

  9. 美少女STG『Deep Space Waifu: FLAT JUSTICE』が「貧乳キャラ」やゲーム名に大幅修正、その真相は…

  10. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

アクセスランキングをもっと見る

page top