PS3向け『Heavy Rain』はもともとMicrosoftとのプロジェクトだった、“子供の誘拐”が問題でボツに | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

PS3向け『Heavy Rain』はもともとMicrosoftとのプロジェクトだった、“子供の誘拐”が問題でボツに

ニュース 最新ニュース

PlayStation 3限定タイトルとして2010年にリリース、インタラクティブ性にフォーカスした独自のゲームプレイが高評価を受けロングランを果たしたアドベンチャーゲーム『Heavy Rain』ですが、当初はソニーでは無くMicrosoftと共同で進められていたプロジェクトであったことが明らかにされました。

これは開発スタジオQuantic Dreamの創設者でお馴染みDavid Cage氏がロンドンにて開催されているBAFTAゲームレクチャーにて明かした情報。当初MicrosoftはQuantic Dreamの過去作『Fahrenheit』に興味を示しており、2005年に新たなインタラクティブドラマ作のリリースを目指していたものの、同作の“子供の誘拐”を中心としたテーマを恐れ同社はプロジェクト案を却下したとCage氏は伝えています。

一方でCage氏は「Microsoftは素晴らしい会社だし、文句や批判を言ってるわけでは無い」ともコメント。ソニーとMicrosoft両社が求めていた『Heavy Rain』のビジョンが異なり、その結果Microsoftと共に働くことが出来なかっただけであることを強調しています。

その後ご存知の通りソニーと関係を築き開発が進められた『Heavy Rain』。Quantic Dreamが『Heavy Rain』を「非常にエモーショナルな作品と成りうるが、このテーマは陳腐にすべきでは無い」とソニーに伝え、その結果お互いが理解し合うことが出来たとCage氏はコメントしており、ソニーが賛否両論を巻き起こす可能性のあるこのテーマを受け入れてくれたと伝えています。
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 31 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『Call of Duty: WWII』キャンペーンは「自動回復」無し、リアルな兵士を描く

    『Call of Duty: WWII』キャンペーンは「自動回復」無し、リアルな兵士を描く

  2. 『Call of Duty: WWII』キャンペーン/マルチ情報が公開―オマハビーチ以外の舞台は?

    『Call of Duty: WWII』キャンペーン/マルチ情報が公開―オマハビーチ以外の舞台は?

  3. 『バイオハザード7』クリス描くDLC「Not A Hero」が配信延期

    『バイオハザード7』クリス描くDLC「Not A Hero」が配信延期

  4. あまりにセクシーな2B…『ニーア オートマタ』過去作コスチューム/闘技場DLC発表!

  5. 第二次世界大戦が舞台の最新作『Call of Duty: WWII』が近日正式発表!【UPDATE】

  6. 『Days Gone』のSIE Bend Studioが規模拡大、リリース後も意欲的に活動か

  7. 戦慄ホラー続編『Outlast 2』海外発売日が遂に決定!

  8. 銀河の歴史がまた1ページ『EVE Online』で起きた史上最大の宇宙艦隊戦を収録した映像やショットが登場

  9. 『ボーダーランズ ダブルデラックス コレクション』に収録される『ボダラン2』のキャラとシステムを一挙紹介!

  10. 『MARVEL VS. CAPCOM INFINITE』海外9月発売!新参戦キャラも

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top