Nigoroが古代遺跡探索アクション最新作『La-Mulana 2』を正式アナウンス、TGSでプレイアブル展示中 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Nigoroが古代遺跡探索アクション最新作『La-Mulana 2』を正式アナウンス、TGSでプレイアブル展示中

先日より新プロジェクトを公開すると予告していた国内の開発スタジオNigoroは、本日公式ブログにて続編『La-Mulana 2』を正式発表しました。

ニュース 最新ニュース
先日より新プロジェクトを公開すると予告していた国内の開発スタジオNigoroは、本日公式ブログにて続編『La-Mulana 2』を正式発表しました。現時点でゲームのディテールは明かされていませんが、ブログでは「LA-MULANAのシステムを使った新シナリオとでも言うべきものです」と打ち明けられており、基本的なメカニックは前作を継承することとなるようです。

海外メディアJoystiqがインタビューしたところによれば、同作では前作『La-Mulana』の主人公ルエミーザ・小杉の娘がプレイアブルキャラクターとして登場。前作同様に鞭を中心としたアクションが基幹になるものの、今作では古代ノルウェーを新たな題材となっており、またワイドスクリーンのアスペクト比対応も行われるとのこと。発売は2014年でPC向けにリリースされる予定。

現在開催中の東京ゲームショウ 2013では、インディーブースにてTGS専用に製作されたプレイアブルデモが展示中であることも明らかにされています。プロモーション映像は近日中に公開とされていますが、「残念ながらTGSに来られない人には何も情報が出せないが、うちのブースは盗撮OKなのでTGSに行っている人の写真投稿でもあさっててくれ」とのことなので、ビジュアルに加え実際のプレイフィールが気になるユーザーはこの2日間でチェックしに行くべきでしょう。


なお続編の企画はWiiWare版『La-Mulana』を製作していた4年前から構想されていたとのことで、初代『La-Mulana』内にも伏線が散りばめられていると公式ブログにて伝えられています。初代『La-Mulana』は現在Steamにて9月24日まで80%オフのセール中、またTGS期間中はPlayismでも300円で購入可能となっています。
《ishigenn》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『World War Z』開発元が2つのPC/コンソール向けプロジェクトを進行中―ポルトガルの開発会社を買収

    『World War Z』開発元が2つのPC/コンソール向けプロジェクトを進行中―ポルトガルの開発会社を買収

  2. 『ポスタル』シリーズ最新作『POSTAL 4: No Regerts』発表&早期アクセス開始! 真の続編が遂に登場

    『ポスタル』シリーズ最新作『POSTAL 4: No Regerts』発表&早期アクセス開始! 真の続編が遂に登場

  3. 農業シムの究極版がここに!『Farming Simulator 19 Platinum』海外発表

    農業シムの究極版がここに!『Farming Simulator 19 Platinum』海外発表

  4. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  5. 「E3 2019」で注目を集めた中村育美氏、Tango Gameworksを退職―『GhostWire:Tokyo』『サイコブレイク』シリーズなど

  6. 『ライザのアトリエ』3回にわたる無料アップデート配信決定!10月10日の第1弾で「フォトモード」追加

  7. 『LoL』のライアットゲームズが新作FPS「Project A」を開発中!【LoL10周年感謝祭】

  8. シューター版の新作『Plants vs. Zombies: Battle for Neighborville』正式発表!

  9. 『MOTHER2』インパクトありすぎな敵キャラ10選

  10. 『マインクラフト』新たなバイオームや敵が登場する「ネザーアップデート」の情報が公開!

アクセスランキングをもっと見る

1
page top