もう1つのMGSがここに、開発中止となったスネーク・プリスキンのゲーム『Snake Plissken's Escape』の映像が登場 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

もう1つのMGSがここに、開発中止となったスネーク・プリスキンのゲーム『Snake Plissken's Escape』の映像が登場

ニュース 最新ニュース

『メタルギアソリッド』シリーズの主人公スネークと言えば、ジョン・カーペンター監督の映画『ニューヨーク1997』や『エスケープ・フロム・LA』の主人公スネーク・プリスキンがモデルとなっていることはよく語られるところですが、こちらの本家本元を題材にしたゲーム化タイトル『Snake Plisken's Escape』の映像が元開発者を名乗る人物により投稿されました。

この『Snake Plisken's Escape』は2003年にも合併前のナムコが正式発表していたスネーク・プリスキン主役のアクションゲームで、開発は『Dead to Rights』や『Kill Switch』を手がけたスタジオNamco Hometekが担当。「拳と銃火器、ステルスと知能」を混ぜあわせたゲームになると謳われ、スネーク・プリスキン役を演じたカート・ラッセル氏が実際の声を当てることが明らかにされていました。

動画投稿者によれば同作の開発は当時すでにキャンペーンデザインがほぼ完成し、ストーリーラインもカート・ラッセル氏やジョン・カーペンター監督、プロデューサーのデブラ・ヒル氏らから承認を得た段階だったと伝えています。映像では同スタジオが手がけた『Dead to Rights』に良く似た『Max Payne』風のバレットタイムアクションや、背後からの隠密キルにエルードといったステルス要素も確認できますが、『MGS』と比較するとより激しいアクションが予定されていたことが伺えるところ。



開発中止となった『Snake Plisken's Escape』は2005年のクリスマスにもローンチ予定でした。2004年末には『メタルギアソリッド3』が国内外で発売されており、『Snake Plisken's Escape』が無事発売されていればスネークを名乗る眼帯主人公2人がゲーム史上に登場していたところです。
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 21 件

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『PUBG』テンセントが中国で120人以上のチート開発者逮捕を支援していたことが明らかに

    『PUBG』テンセントが中国で120人以上のチート開発者逮捕を支援していたことが明らかに

  2. PC版『FFXV』&PS4/XB1『ROYAL EDITION』3月6日発売―新マップ「王都インソムニア」など新要素も

    PC版『FFXV』&PS4/XB1『ROYAL EDITION』3月6日発売―新マップ「王都インソムニア」など新要素も

  3. 病院経営シム『Two Point Hospital』が海外発表!―『テーマホスピタル』開発者の新作

    病院経営シム『Two Point Hospital』が海外発表!―『テーマホスピタル』開発者の新作

  4. Quantic Dream元従業員が劣悪な職場環境を非難―同社CEOは強く否定

  5. 『PUBG』中国のリージョンロック求める署名運動が発起―既に約4,000人が参加

  6. 『HOUSE OF THE DEAD』新作プレ・ロケテスト開催決定!セガが誇るガンSTG

  7. 噂: リメイク版『バイオハザード2』続報が近日?シリーズ海外公式SNSで気になる動き

  8. 『MotorStorm』『Driveclub』元開発者が新作SFゲーム制作中―Unreal Engine 4採用

  9. 海外セガが謎の予告イメージを公開!―『テーマホスピタル』後継作との噂も

  10. 『GRAVITY DAZE 2』オンラインサービスが6ヶ月延長決定―2018年7月まで

アクセスランキングをもっと見る

page top