Guerrilla Gamesが『Killzone』とは全く異なる要素を含む新規IPの開発をスタート | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Guerrilla Gamesが『Killzone』とは全く異なる要素を含む新規IPの開発をスタート

同スタジオが『Killzone Shadow Fall』の発売を前にして新規IPの開発に着手し始めていることを明らかにしました。

ニュース 最新ニュース
2012年3月のGDCにて、3本のタイトルが開発中でありその内1本は『Killzone』では無いことを明らかにしていたオランダのゲーム開発スタジオGuerrilla Gamesですが、同スタジオが『Killzone Shadow Fall』の発売を前にして新規IPの開発に着手し始めていることを明らかにしました。

リードデザイナーのEric Boltjes氏は、アーティストやプログラマとは異なりデザイナーはゲーム発売の3、4ヶ月前には仕事を終えることになると説明し、PS4ローンチタイトル『Killzone Shadow Fall』の開発を終えたデザイナー達は現在すでに異なるタイプのゲームに着手していると明言。

この新規IPは、『Killzone 3』がローンチされた2011年2月の数ヶ月前から『Killzone Shadow Fall』の開発をスタートさせた際と同様の開発サイクルを採用しているとBoltjes氏は説明。限られた開発期間の中で部屋一杯の開発者が考えるアイディアを実現することは不可能であり、少数のデザイナー達で開発を始めることは合理的であるとコメントしています。

    「スタジオとしては様々な分野に手を出してみたい。新規IPの開発を始めていて、『Killzone』とは全く異なる要素もあるよ。現時点ではこれ以上のことは言いたくないが、スタジオとしては非常に新鮮な作品にしたいと思っている」


同作が2012年3月に言及された新規IPと同一であるかは言及されていませんが、スタジオが始動してから全7作のうち6作の『Killzone』シリーズを手がけてきたGuerrillaがどのような新作を生み出すのか興味深いところとなっています。
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 13 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 【e-Sportsの裏側】本当の意味での「最強」になりたい。プロゲーマーときど氏インタビュー

    【e-Sportsの裏側】本当の意味での「最強」になりたい。プロゲーマーときど氏インタビュー

  2. 『フォートナイト』シーズン6は9月27日から!バトルパスの経験値400%プラスボーナスも開始

    『フォートナイト』シーズン6は9月27日から!バトルパスの経験値400%プラスボーナスも開始

  3. アーケード版『ストV』開発決定!全キャラクターが標準で使用できるほか、パッドの持ち込みにも対応【TGS2018】

    アーケード版『ストV』開発決定!全キャラクターが標準で使用できるほか、パッドの持ち込みにも対応【TGS2018】

  4. 「日本ゲーム大賞 2018」フューチャー部門の受賞作品が決定! ゲーマー期待の11作品が選出【TGS2018】

  5. 「日本ゲーム大賞 2018」受賞作品発表! 大賞は『モンスターハンター:ワールド』に【TGS2018】

  6. ADVの老舗Telltale Gamesの大部分が閉鎖へ…高評価を受けるも売り上げに苦心

  7. 【e-Sportsの裏側】追求し、共感を受けて、そして今の僕がいる。プロゲーマーPunkインタビュー

  8. 『CoD:BO4』恒例「Nuketown」は全プレイヤー向けに11月配信―BLACKOUT、マルチの発売後展開が予告

  9. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  10. 『レッド・デッド・リデンプション2』のオンラインモード『Red Dead Online』が発表!

アクセスランキングをもっと見る

page top