『BioShock 2』や『The Bureau: XCOM』の開発スタジオ2K Marinでレイオフが実施、スタッフの大半が対象か | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『BioShock 2』や『The Bureau: XCOM』の開発スタジオ2K Marinでレイオフが実施、スタッフの大半が対象か

ニュース 最新ニュース

先日ついにローンチされた『The Bureau: XCOM Decalssified』を手がけたほか、『BioShock 2』の開発スタジオとしても知られる2K Marin。同スタジオにてレイオフが行われたとのニュースが海外メディアPolygonにて報道され、これに対し2K Gamesが事実を認め公式声明を発表しました。

Polygonが話した1人の情報提供者によれば今回のレイオフではチーム人員の大半が対象になったとのこと。別の関係筋は2K Marinは「100%確実」に閉鎖されるとも伝えており、かなり大規模なレイオフが実施されたことを匂わせています。

また別のソースによれば、ゲーム開発部門のスタッフたちはレイオフをまぬがれ、Bay Area 2K Studioに移籍したとも伝えられています。Bay Area 2K Studioは今年9月末に新設されたばかりの新規スタジオで、ヘッドは『Gears of War』や『BioShock Infinite』の開発に参加したRod Fergusson氏。

真偽は不明ながらPolygonが情報筋から内情を伝えた一方で、2K Gamesは公式声明にてスタッフの削減が行われたことのみを伝えており、レイオフの規模や閉鎖するか否かについては一切触れていません。
    「我々は2K Marinにてスタッフ削減があったことをお伝えします。難しい決断でしたが、我々は定期的に開発の成果を審査しており、クリエイティブなリソースの再分配を行ってきました。世界規模のビデオゲームタイトルを作り出すという我々のゴールは未だ変わっていません」
度重なる延期からついに今年8月に発売された『The Bureau: XCOM Declassified』はレビュー集積サイトMetacriticにてMixed分類となる平均スコア68/100(Xbox 360版)を記録していました。
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 4 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 米アニメ「アドベンチャー・タイム」オープンワールドゲーム海外発表!ウー大陸が水浸しに

    米アニメ「アドベンチャー・タイム」オープンワールドゲーム海外発表!ウー大陸が水浸しに

  2. 籾山庸爾氏原作のミニチュア『SteamCity』がPCゲーム化!―アジアンなスチームパンク世界

    籾山庸爾氏原作のミニチュア『SteamCity』がPCゲーム化!―アジアンなスチームパンク世界

  3. Google、Steamにて「YouTube VR」早期アクセス配信―VRの大迫力で好きな映像が楽しめる!

    Google、Steamにて「YouTube VR」早期アクセス配信―VRの大迫力で好きな映像が楽しめる!

  4. 2016年にキャンセルされた『Hollowpoint』再発表!Red Kite Gamesが開発引き継ぎ

  5. 『METAL GEAR SURVIVE』国内オープンベータ開催決定―シングルゲームプレイも

  6. コーエーテクモ、カプコンからの特許権侵害訴訟に一部勝訴

  7. Take-Two、インディーレーベル「Private Division」海外発表―Obsidian Entertainmentも参加

  8. 総合格闘技ゲーム新作『EA SPORTS UFC 3』発表!―リアルなファイト収めたトレイラー公開

  9. GOTYは『ゼルダの伝説 BotW』に決定!「2017 Golden Joystick Awards」受賞作品リスト

  10. 『PUBG』テストサーバー実施期間が延長、PC版正式リリースまで継続

アクセスランキングをもっと見る

page top