ブラジルゲームショウ 2013: ゲームの1シーンをペーパークラフトで!『Tearaway ~はがれた世界の大冒険~』新情報&インプレッション | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ブラジルゲームショウ 2013: ゲームの1シーンをペーパークラフトで!『Tearaway ~はがれた世界の大冒険~』新情報&インプレッション

間もなく発売になるPS Vitaソフト『Tearaway ~はがれた世界の大冒険~』の関係者向けセッションがブラジルゲームショウのSCEブースで開催されました。気になる新情報や、ほぼマスターに近いバージョンでのデモプレイのインプレッションをお届けします。

ニュース 最新ニュース
自由自在なカスタマイズも
  • 自由自在なカスタマイズも
  • 試遊の様子
  • セッションのバージョンでは色紙が増えていたほか、全体的に分かりやすいつくりになっていました
  • 王冠が欲しいと言われたのに、面倒くさくなって放棄
  • それでも喜んでくれて何よりです
海外では11月22日、日本では12月5日に発売されるPS Vitaソフト『Tearaway ~はがれた世界の大冒険~』の関係者向けセッションがブラジルゲームショウのSCEブースで開催されました。気になる新情報や、ほぼマスターに近いバージョンでのデモプレイのインプレッションをお届けします。

2013年もあとわずか。今年も素晴らしいゲームが数多く発売され、今後も年末商戦に向け注目タイトルが怒濤の勢いでリリースされていきます。そのなかでも筆者が今年1月の台湾ゲームショウで触れて以来、強烈な印象を忘れられずにいるのが本作です。

ゲームショウの試遊バージョンはこれまでの大規模イベントに出展されてきたビルドと大差はない模様。しかし、セッションではさらにバージョンアップされたビルドのデモプレイが実施されました。

内容としては、ブラッシュアップといった印象でしたが、全体的にさらにユーザーライクな作りになっているほか、細部のグラフィックスや演出も徹底的にこだわっているとのことです。

あらゆる地面をつまめば紙のようにたわみ、本体を揺らせば壁は揺らぐ、見えるオブジェクトに触れれば全てが反応するという、ゲームの設定通り完全に第三者(本作では「かみさま」)の視点からゲームに介入することができます。

基本的には決められた通りに本体機能を生かしたギミックを駆使し先へと進んでいくだけですが、ハードゲーマーも十分に楽しめるよう、かなり難易度の高いオプションも容易されているとのことで、「決して子ども向けに作った作品ではない」と話していました。

そして、気になる新情報ですが、ゲーム内で撮影した画像を「Tearaway.me」という新たなサイトに投稿することで、PDFファイルなどで、現実世界にペーパークラフトとして再現することができるというものです。もちろんFacebookやTwitter、PinterestといったSNSへも投稿可能なので、楽しみは広がるばかり。

主人公である「イオタ」と「アトイ」も被写体になり、道中でポイントを集めると様々なアイテムを購入し、見た目を大きく変えることも可能だとのこと。実際にカスタマイズ画面もデモプレイ中にみることができましたが、かなり自由度の高い仕様になっていました。アイテムのサイズ変更などはタッチ操作でまさにスマホをいじるような感覚で操作していたので、直感的にカスタマイズすることができそうです。

なお、セッションでは「Tearaway.me」のサイトイメージも公開されましたが、現在のところSCEからの正式アナウンスは海外でも行われておらず、もちろんサイト自体も公開されていない模様。続報に期待したいところです。

【ブラジルゲームショウ 2013】ゲームの1シーンをペーパークラフトで!『Tearaway ~はがれた世界の大冒険~』新情報&インプレッション

《宮崎紘輔》
【注目の記事】[PR]

特集

ニュース アクセスランキング

  1. “WHO AM I?”はこの人だった!コジプロの次回作にエル・ファニングが出演か?

    “WHO AM I?”はこの人だった!コジプロの次回作にエル・ファニングが出演か?

  2. 『サイバーパンク2077』拡張が1つだけの理由は続編「Orion」があるから…ナイトシティは眠らない

    『サイバーパンク2077』拡張が1つだけの理由は続編「Orion」があるから…ナイトシティは眠らない

  3. 「ゲーム障害への対策は必要」CESAら組織のゲーム障害調査研究会、大規模調査の中間発表明らかに

    「ゲーム障害への対策は必要」CESAら組織のゲーム障害調査研究会、大規模調査の中間発表明らかに

  4. コジマプロダクションからミステリアスなメッセージ再び―謎のイメージの答えは次回“どこか”で判明?

  5. 『サイバーパンク2077』クエストディレクターは続編プロジェクトにも参加―アメリカでの新スタジオ設立予定も

  6. 80年代にアメリカで流行した「ぶきみくん」の新作ファミコンゲームが発表!

  7. 『サイバーパンク2077』続編制作発表!『ウィッチャー』複数開発計画概要含むCDPRの今後の作品展開が明らかに【UPDATE】

  8. コジプロサイトがリニューアル!最新情報や限定特典など多岐にわたり提供―『デススト』関係のインタビュー記事も掲載

  9. 『メトロ エクソダス』スタッフがウクライナ侵攻の戦闘任務で戦死…より鮮明になるゲーム業界への影響

  10. 『サイバーパンク2077』凄まじきアニメ効果、同接数なんと7倍に!―世界観設定の解像度高める内容が再訪招いたか

アクセスランキングをもっと見る

page top