『Super Hexagon』ならぬ『Micro Hexagon』!16KBに現代の技術を詰め込むコモドール64作品コンペ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Super Hexagon』ならぬ『Micro Hexagon』!16KBに現代の技術を詰め込むコモドール64作品コンペ

「コモドール64」用のゲームを現代の技術で制作するコンペティション「RGCD C64 Cartridge Development Competition」が半年間にも渡る制作期間を終えて、完成作品の審査に突入しました。

ニュース 最新ニュース
『Super Hexagon』ならぬ『Micro Hexagon』!16KBに現代の技術を詰め込むコモドール64作品コンペ
  • 『Super Hexagon』ならぬ『Micro Hexagon』!16KBに現代の技術を詰め込むコモドール64作品コンペ
  • 『Super Hexagon』ならぬ『Micro Hexagon』!16KBに現代の技術を詰め込むコモドール64作品コンペ
  • 『Super Hexagon』ならぬ『Micro Hexagon』!16KBに現代の技術を詰め込むコモドール64作品コンペ
  • 『Super Hexagon』ならぬ『Micro Hexagon』!16KBに現代の技術を詰め込むコモドール64作品コンペ
1982年にリリース以降、アタリショック事件からの過酷な時代を生き抜いてきた往年の8bitコンピュータ「コモドール64」。現在でもその独特な音源がチップチューン奏者などに評価されており、2011年には復刻販売が行われるほどカルト的人気を誇っていました。そんなコモドール64用のゲームを現代の技術で制作するコンペティション“RGCD C64 Cartridge Development Competition”が半年間にもわたる制作期間を終えて、完成作品の審査に突入しました。



コモドール64用ゲームの容量はたったの16KB程度ですが、タイトな容量にも負けずに完成させた15本ほどの作品が現在ダウンロード可能です。その中でも特に話題になっているのが『Micro Hexagon』。最低難易度が「ハード」で始まる過酷なレベルデザインとソリッドなチップチューンBGMが話題となっていた『Super Hexagon』の16KB版なのですが、根幹にあるゲーム性は一切削がれていない凄まじい再現度となっています。


この『Micro Hexagon』を含む作品達の紹介ページはこちら。審査期間が終わり次第、結果が発表されるようです。
《subimago》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『アノ1800』初の大型DLCとなる「海の底の宝」の詳細な内容を発表―新天地や潜水鐘など

    『アノ1800』初の大型DLCとなる「海の底の宝」の詳細な内容を発表―新天地や潜水鐘など

  2. 『モンハン:ワールド』5つの「アステラ祭」が7月26日より5週連続開催!『アイスボーン』に向けて未入手装備を狙え

    『モンハン:ワールド』5つの「アステラ祭」が7月26日より5週連続開催!『アイスボーン』に向けて未入手装備を狙え

  3. 『モンハン:ワールド』全世界出荷本数1,300万本に到達―攻撃珠などの記念アイテムパックが7月26日配信

    『モンハン:ワールド』全世界出荷本数1,300万本に到達―攻撃珠などの記念アイテムパックが7月26日配信

  4. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  5. 『MORDHAU』今後のアップデート計画を公開―乱雑な町や地中海風の城など新マップやランクモードも

  6. 『ボーダーランズ 3』過去シリーズキャラの吹替声優は全て続投―山路和弘/檜山修之ら新キャストも発表

  7. 【UPDATE】チェルノブイリ原発事故の処理に挑む『Chernobyl Liquidators Simulator』発表―モンスターは出ない現実路線

  8. 『レインボーシックス クアランティン』は2020年4月までに発売される―海外投資家向け発言

  9. 『アサシン クリード オデッセイ』新アップデート配信―レベル上限99やニューゲーム+など

  10. 販売停止になった台湾ホラー『還願』開発元が現状報告―しばらくは再販予定無し

アクセスランキングをもっと見る

page top