『Super Hexagon』ならぬ『Micro Hexagon』!16KBに現代の技術を詰め込むコモドール64作品コンペ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Super Hexagon』ならぬ『Micro Hexagon』!16KBに現代の技術を詰め込むコモドール64作品コンペ

「コモドール64」用のゲームを現代の技術で制作するコンペティション「RGCD C64 Cartridge Development Competition」が半年間にも渡る制作期間を終えて、完成作品の審査に突入しました。

ニュース 最新ニュース
『Super Hexagon』ならぬ『Micro Hexagon』!16KBに現代の技術を詰め込むコモドール64作品コンペ
  • 『Super Hexagon』ならぬ『Micro Hexagon』!16KBに現代の技術を詰め込むコモドール64作品コンペ
  • 『Super Hexagon』ならぬ『Micro Hexagon』!16KBに現代の技術を詰め込むコモドール64作品コンペ
  • 『Super Hexagon』ならぬ『Micro Hexagon』!16KBに現代の技術を詰め込むコモドール64作品コンペ
  • 『Super Hexagon』ならぬ『Micro Hexagon』!16KBに現代の技術を詰め込むコモドール64作品コンペ
1982年にリリース以降、アタリショック事件からの過酷な時代を生き抜いてきた往年の8bitコンピュータ「コモドール64」。現在でもその独特な音源がチップチューン奏者などに評価されており、2011年には復刻販売が行われるほどカルト的人気を誇っていました。そんなコモドール64用のゲームを現代の技術で制作するコンペティション“RGCD C64 Cartridge Development Competition”が半年間にもわたる制作期間を終えて、完成作品の審査に突入しました。



コモドール64用ゲームの容量はたったの16KB程度ですが、タイトな容量にも負けずに完成させた15本ほどの作品が現在ダウンロード可能です。その中でも特に話題になっているのが『Micro Hexagon』。最低難易度が「ハード」で始まる過酷なレベルデザインとソリッドなチップチューンBGMが話題となっていた『Super Hexagon』の16KB版なのですが、根幹にあるゲーム性は一切削がれていない凄まじい再現度となっています。


この『Micro Hexagon』を含む作品達の紹介ページはこちら。審査期間が終わり次第、結果が発表されるようです。
《subimago》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『Apex Legends』2月の収益は約100億円、『Anthem』は約110億円―海外リサーチ調べ

    『Apex Legends』2月の収益は約100億円、『Anthem』は約110億円―海外リサーチ調べ

  2. 『アズールレーン クロスウェーブ』発売日が8月29日に決定―予約特典で「ネプテューヌ」参戦

    『アズールレーン クロスウェーブ』発売日が8月29日に決定―予約特典で「ネプテューヌ」参戦

  3. ピンボールハクスラACT『Creature in the Well』発表―エナジーオーブを弾いてダンジョンでピンボール

    ピンボールハクスラACT『Creature in the Well』発表―エナジーオーブを弾いてダンジョンでピンボール

  4. 『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』PC版の要求スペックが公開―全機種の商品情報も

  5. 不思議なオオカミが遺跡を探索するADV『Lost Ember』リリース日が7月20日に決定―あらゆる動物に取り憑いて世界を旅する

  6. ミュータントになって暴れるポストポストアポカリプスARPG『RAD』発表!二度の終末を迎えた世界でのローグライク

  7. ターン制戦術ADV『Mutant Year Zero: Road to Eden』海外スイッチ版が6月発売、DLC収録の豪華版も

  8. スイッチ版『Cuphead』が発表!日本語対応含む他機種版の無料アップデートも

  9. PS4向け『龍が如く最新作』助演女優オーディション開催!主人公「春日一番」の仲間キャラとして出演

  10. PC版『Detroit: Become Human』も!Epic Gamesストア今後のラインナップが発表

アクセスランキングをもっと見る

1
page top