未開の土地を開拓していくシティ建設シミュレーション『Banished』がSteamで2月19日にリリース決定 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

未開の土地を開拓していくシティ建設シミュレーション『Banished』がSteamで2月19日にリリース決定

海外のインディーデベロッパーShining Rock Softwareは、シティ建設シミュレーションゲーム『Banished』をSteamで2月19日にリリースすると発表しました。

ニュース 最新ニュース


海外のインディーデベロッパーShining Rock Softwareは、シティ建設シミュレーションゲーム『Banished』をSteamで2月19日にリリースすると発表しました。すでにSteam上では製品ページが公開されており、こちらでも2月19日の発売が告げられています。

『Banished』は2011年に公式サイトを開設したShining Rockが開発を進めてきたタイトルで、僅かな資源を持って亡命中の旅人たちを操作し未開の地を開拓していくというシティビルディングストラテジー作品。ゲーム内容は『シムシティ』というよりも『Age of Empire』や『Stronghold』のようなRTS作品から「内政」のみを抜き取ったという感じで、生まれ成長し死んでいく町の住民たちのために家屋を作って家族を持たせたり、彼らに12種類の職業を割り当て資源を集めたりしていきます。用意されている職業は農業、狩猟、鍛冶、採掘、教職、医療など。

また『Banished』では資金の概念は存在せず、代わりに商業船で資源の取引を行うことが可能とのこと。Shining Rockは資源を上手く運用管理し、町民の健康と幸福と食料を維持していくことが町の成功に繋がると強調しています。





なおSteamでのリリースがすでに明らかとなっている『Banished』ですが、公式の開発ブログでは非Steam版のインストーラーを用意しているとも伝えられており、他所での販売も行われる模様です。
《ishigenn》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『鬼ノ哭ク邦』ジョブ要素「鬼ビ人」詳細判明―刀、槍などの武器とスキルで立ち回りが変わる

    『鬼ノ哭ク邦』ジョブ要素「鬼ビ人」詳細判明―刀、槍などの武器とスキルで立ち回りが変わる

  2. 『バイオハザード』の歴史を紡ぐ『0』『1』『4』のスイッチ版が発売!大ボリュームのサントラも

    『バイオハザード』の歴史を紡ぐ『0』『1』『4』のスイッチ版が発売!大ボリュームのサントラも

  3. 『ドラゴンクエストX』最新追加パッケージ「いばらの巫女と滅びの神」発売決定!新世界「魔界」を舞台に新たな冒険が始まる

    『ドラゴンクエストX』最新追加パッケージ「いばらの巫女と滅びの神」発売決定!新世界「魔界」を舞台に新たな冒険が始まる

  4. スクエニ新作『鬼ノ哭ク邦』8月22日発売決定!「鬼ビ人(ジョブ)」を紹介した最新映像も

  5. Co-opゾンビシューター『World War Z』が発売1ヶ月で200万本セールス達成!

  6. 「Frostbiteエンジン」の新たな毛髪表現を紹介するショーケース動画が公開―実写のように揺れ動く

  7. 三国志ストラテジー『Total War: THREE KINGDOMS』発売後の計画が明らかに―DLCやMod対応について

  8. THQ Nordicが『メトロ』シリーズ開発元と未発表AAA作品の開発契約を締結―グループ全体で80のゲームを開発中

  9. 「ゲーム・オブ・スローンズ」原作者が日本のゲーム制作への関与を示唆─「日本からゲームについて相談を受けた」

  10. PS4/スイッチ版『Dusk Diver 酉閃町』2019年秋に発売決定―「台湾の原宿」が舞台のアニメ風爽快ACT

アクセスランキングをもっと見る

1
page top