FrogwaresがPC/次世代機向け「クトゥルフ」ゲーム新作『Call of Cthulhu』を開発中、初コンセプトアートも | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

FrogwaresがPC/次世代機向け「クトゥルフ」ゲーム新作『Call of Cthulhu』を開発中、初コンセプトアートも

フランスのパブリッシャーFocus Home Interactiveは、PCおよび次世代機向けタイトル『Call of Cthulhu』の存在をTwitter上にて明らかにし、開発初期段階のコンセプトアートを数枚披露しました。

ニュース 最新ニュース

先日発表された『Space Hulk: Deathwing』や『Farming Simulator』などの販売を担当しているフランスのパブリッシャーFocus Home Interactiveは、PCおよび次世代機向けタイトル『Call of Cthulhu』の存在をTwitter上にて明らかにし、開発初期段階のコンセプトアートを数枚披露しました。

PCおよび次世代機向けにリリースとされている『Call of Cthulhu』は、探偵モノの一人称視点アドベンチャーゲーム『シャーロック・ホームズ』シリーズやパズルゲーム『Magrunner』を手がけてきたFrogwaresスタジオが開発を担当。ゲームの詳細は一切語られていないものの、同スタジオは『An Adventure of Sherlock Homes: The Awakend』や『Magrunner』でもクトゥルフ神話をテーマに取り入れており、『Call of Cthulhu』はその世界観が全面に押し出された一人称視点ADVではないかと予想されます。





「クトゥルフ神話」とは小説家H.P.ラヴクラフトが1900年前後に執筆した小説群に端を発する1つのSFホラー世界で、地上でかりそめの繁栄を謳歌する人類と、地下深くで眠る人智を超えた存在「旧支配者」たちの関わりを描く内容。TRPG『クトゥルフの呼び声』とキャラクターの正気度を示すSAN値なども有名で、Frictional Gamesのホラーゲーム『Amnesia』では同様のパラメーターが存在します。

一人称視点のクトゥルフ神話ゲームと言えば、今は亡きHeadfirst Productionsが2005年にリリースした『Call of Cthulhu: Dark Comers of the Earth』も有名ですが、果たしてForgwares手がける『Call of Cthulhu』はどのような作品となるのか、今後の動向に注目です。
《ishigenn》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. DONTNODの新作ADV『Twin Mirror(ツインミラー)』バンダイナムコが日本語版の発売中止を発表

    DONTNODの新作ADV『Twin Mirror(ツインミラー)』バンダイナムコが日本語版の発売中止を発表

  2. 小島監督と盟友N・W・レフン監督が「SDCC 2019」に出演決定―イベントは7月開催

    小島監督と盟友N・W・レフン監督が「SDCC 2019」に出演決定―イベントは7月開催

  3. スマホ新作『ドクターマリオ ワールド』7月10日配信!約4分に及ぶ紹介映像も

    スマホ新作『ドクターマリオ ワールド』7月10日配信!約4分に及ぶ紹介映像も

  4. Steamサマーセールの実施日が判明か―非公式データベースサイトが報告

  5. 『Marvel’s Avengers』初代アントマンが登場する新トレイラー!海外では予約も開始

  6. フルリメイク版『聖剣伝説3 TRIALS of MANA』2020年初頭発売予定!リースやケヴィンが美しくよみがえる

  7. アッセンブル!『Marvel’s Avengers』本格映像が初公開―2020年5月15日発売【E3 2019】【UPDATE】

  8. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  9. 地獄ホラー新作『Succubus』発表!『Agony』に登場した淫魔サキュバスが主人公に

  10. 『レインボーシックス シージ』グリッチ悪用で「Clash」「展開型シールド」が再度無効に―復活時期は未定

アクセスランキングをもっと見る

page top