『Starbound』プレイヤーとシップ情報の定期ワイプが終了へ、ワールドも今後出来る限りワイプをしない方向に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Starbound』プレイヤーとシップ情報の定期ワイプが終了へ、ワールドも今後出来る限りワイプをしない方向に

Steamでは年始年末セール中も好調な売れ行きが確認できた『Starbound』ですが、今週頭に行われた最新アップデートにて、同作のプレイヤーおよびシップ情報のワイプが今後実施されないことが明らかにされました。

ニュース 最新ニュース
昨年Steamなどで早期アクセス版がリリースされ『DayZ』と並び年始年末セール中も好調な売れ行きが確認できた『Starbound』。先日示唆されていたように、今週頭に行われた最新アップデートにて最後となるワイプが実施され、同作のプレイヤーおよびシップ情報のワイプが今後実施されないことが明らかにされました。

発売前からFAQにて開発途中の早期アクセス版ではゲーム情報のワイプを実施すると発表されていた『Starbound』ですが、今回のアップデートではデータをインターネット上でやり取り出来るように変換し保存するシリアライゼーションに対し多数の修正が加えられ、結果プレイヤーとシップのワイプを行う必要が今後なくなったとのこと。またワールドに関しては出来る限りワイプしない方向であることがあわせて伝えられています。

『Terraria』開発メンバーが立ち上げたChucklefishスタジオによるサンドボックス型2Dアクション『Starbound』は、『Terraria』をベースにキャラクターの種族やカスタマイズ可能なシップなど多数の新規コンテンツおよび要素が追加されたタイトル。現在は公式サイトおよびSteamにて早期アクセス版がリリースされており、キャラクターワイプで二の足を踏んでいたユーザーも今回のアップデートにあわせ購入を検討してみてはいかがでしょうか。
《ishigenn》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 「Frostbiteエンジン」の新たな毛髪表現を紹介するショーケース動画が公開―実写のように揺れ動く

    「Frostbiteエンジン」の新たな毛髪表現を紹介するショーケース動画が公開―実写のように揺れ動く

  2. Valve、『アサシン クリード ユニティ』Steamでの逆レビュー爆撃を集計外としない方針

    Valve、『アサシン クリード ユニティ』Steamでの逆レビュー爆撃を集計外としない方針

  3. 「ゲーム・オブ・スローンズ」原作者が日本のゲーム制作への関与を示唆─「日本からゲームについて相談を受けた」

    「ゲーム・オブ・スローンズ」原作者が日本のゲーム制作への関与を示唆─「日本からゲームについて相談を受けた」

  4. 人気レースゲームシリーズ最新作『GRID』PS4/XB1/PC向けに発表―2019年9月に発売予定

  5. 三国志ストラテジー『Total War: THREE KINGDOMS』発売後の計画が明らかに―DLCやMod対応について

  6. 『JUDGE EYES:死神の遺言』新価格版が7月18日発売―ピエール瀧演じたキャラのモデル/音声は差替え【UPDATE】

  7. ローグライクACT『RAD』海外発売日が8月20日に決定―様々な変異を武器に終末世界で暴れまくれ

  8. モンハン風Co-opアクション『Dauntless』PS4/XB1/スイッチ/モバイル向けにもリリースへ【TGA2018】

  9. SIEが「PlayStation Productions」を設立―PSプラットフォーム作品の映画やドラマ製作を担当

  10. 『レインボーシックス シージ』「オペレーション ファントムサイト」新オペレーターの詳細が国内向けに発表!

アクセスランキングをもっと見る

1
page top