ニンジャFPS『Shadow Warrior』の次世代機版がついに始動、PS4のメニュー画面上にて動作するイメージが公開 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ニンジャFPS『Shadow Warrior』の次世代機版がついに始動、PS4のメニュー画面上にて動作するイメージが公開

アナウンス当初から次世代機版のリリースも明らかにされていた同作ですが、2014年に入り公式TwitterアカウントがPS4メニュー画面上で『Shadow Warrior』が認識されたイメージを公開し、すでに次世代機版の開発がスタートしていることを告げました。

ニュース 最新ニュース

昨年9月にPC版がリリースされマッシヴな剣闘アクションでニンジャファンの心をガッチリ掴んだ『Shadow Warrior』。正式アナウンス当初から次世代機版のリリースも明らかにされていた同作ですが、2014年に入り公式TwitterアカウントがPS4メニュー画面上で『Shadow Warrior』が認識されたイメージを公開し、すでに次世代機版の開発がスタートしていることを告げました。

同作は『Duke Nukem』などで知られる3D Realmsが1997年にリリースしたカルトFPS『Shadow Warrior』のリメイク作品。元祖『Shadow Warrior』はどう見ても中国な日本描写と間違った日本語、美少女アニメ風のキャラクターが突如登場するなど、振り切れた内容でカルト的な人気を集めました。リメイク版はオールドスクールFPS『Hard Reset』を手がけたFlying Wild Hogが手がけ、前作のようなキテレツ感は減ったものの、一人称視点でのスピーディーな剣闘アクションが楽しめるようになっています。


本作の主人公はZilla Enterprise社に勤める警護担当者、その名も「Lo Wang」。会社からの命令を受けたことがきっかけで、相棒のHojiと共に伝説の刀Nobitsura Kageを集めていく

様々なゲームとのコラボにより各種剣闘類が充実、アップデートによって新規モードも追加され、そのクオリティはともかく先日には日本語ローカライズも追加された『Shadow Warrior』ですが、次世代機版では一体どのような登場を果たすのか、今後の続報に注目です。
《ishigenn》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. Steam2020年1月上位売上上位発表―大半が日本・アジア産作品に!日本向け展開ありも多数

    Steam2020年1月上位売上上位発表―大半が日本・アジア産作品に!日本向け展開ありも多数

  2. 『EVE Online』スピンオフシューター『Project Nova』の開発が正式にキャンセル―新たなSFマルチプレイシューターを開発中

    『EVE Online』スピンオフシューター『Project Nova』の開発が正式にキャンセル―新たなSFマルチプレイシューターを開発中

  3. 「2020 SXSW Gaming Awards」ノミネート作品発表!『デススト』『CONTROL』が7部門で選出

    「2020 SXSW Gaming Awards」ノミネート作品発表!『デススト』『CONTROL』が7部門で選出

  4. スイッチ/PS4両使用者が対象の満足度リサーチが実施―105名が10点満点形式で両ハードを評価

  5. Paradox Interactive、2019年度決算を発表―2020年は『Crusader Kings III』『Empire of Sin』などのタイトルがリリースされる重要な年になるとCEOのコメントも

  6. 『Dreams Universe』で『Fallout 4』を再現!9か月の製作期間を経て

  7. 「スイッチ あつまれ どうぶつの森セット」新たな予約開始日が3月7日に決定!「キャリングケース」も同日より予約スタート

  8. Naughty Dogが豪山火事支援のため『The Last of Us』特別番組を配信―ゲストにエリー役のアシュレー・ジョンソン

  9. 『ディシディア ファイナルファンタジー NT』「アーデン・イズニア」が参戦!キャラクター性能調整などのアップデートを実施

  10. 『ディシディア ファイナルファンタジー NT』ティファ収録DLCが販売開始!『FFXIV』ゼノスの新DLCも

アクセスランキングをもっと見る

page top