視覚的なプログラミングでパズルを解く一人称視点アクション『Glitchspace』がSteam Greenlightに登場 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

視覚的なプログラミングでパズルを解く一人称視点アクション『Glitchspace』がSteam Greenlightに登場

『Portal』や『Quantum Conundrum』、『The Unfinished Swan』など、一人称視点のアクションパズルには様々な作品がありますが、新たにプログラミングの要素を取り入れた新作『Glitchspace』がSteam Greenlightに登場しています。

ニュース 最新ニュース
視覚的なプログラミングでパズルを解く一人称視点アクション『Glitchspace』がSteam Greenlightに登場
  • 視覚的なプログラミングでパズルを解く一人称視点アクション『Glitchspace』がSteam Greenlightに登場
  • 視覚的なプログラミングでパズルを解く一人称視点アクション『Glitchspace』がSteam Greenlightに登場

『Portal』や『Quantum Conundrum』、『The Unfinished Swan』など、一人称視点のアクションパズルには様々な作品がありますが、新たにプログラミングの要素を取り入れた新作『Glitchspace』がSteam Greenlightに登場しています。スコットランドのインディーデベロッパーSpace Budgieが開発する本作は、サイバースペースの世界を舞台に視覚的なプログラミング言語を用いてパズルを解いて行きます。


公開されているトレイラーやゲームプレイ映像ではそのプログラミングによって足場の大きさや形などを変化させる様子が披露されています。本作は多数のシークレットエリア、様々なパズル解法による高いリプレイ性を特色とし、フルゲームでは2~3時間のストーリーモードとサンドボックスモードが搭載されるとの事です。


Oculus Riftにも対応

プログラミングの基礎を学習するためのツールとしての可能性も秘めた『Glitchspace』は2014年Q2にリリース予定。1月には有料のアルファ版がリリースされており、IndieGameStandItch.ioGunroadから購入可能となっています(4.99ドル)。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 【UPDATE】ハクスラ農業オープンワールド『クラフトピア』7月よりSteam早期アクセス配信ーアイテムをクラフトしたり牛を煮たり

    【UPDATE】ハクスラ農業オープンワールド『クラフトピア』7月よりSteam早期アクセス配信ーアイテムをクラフトしたり牛を煮たり

  2. 家の中でも旅行はできる!『ゼルダの伝説 BotW』を旅レポ風にお届け─クリア済でも見逃してた観光ポイントがあるかも?

    家の中でも旅行はできる!『ゼルダの伝説 BotW』を旅レポ風にお届け─クリア済でも見逃してた観光ポイントがあるかも?

  3. 『ロードス島戦記ーディードリット・イン・ワンダーラビリンスー』6月に新ステージ追加! 新PVも公開予定

    『ロードス島戦記ーディードリット・イン・ワンダーラビリンスー』6月に新ステージ追加! 新PVも公開予定

  4. 『ゴーストリコン ブレイクポイント』6月予定のアップデート延期―AIチームメイト実装を含む「TU 2.1.0」へ統合

  5. ロボットバトルACT『ニンバス・インフィニティ』トレイラー公開!『プロジェクト・ニンバス』シリーズの最新作

  6. 高評価ニンジャACTや潜水艦サバイバルなど「Humble Choice」2020年6月分ラインナップが発表!

  7. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  8. 週末セール情報ひとまとめ『PUBG』『BIOHAZARD RE:3 Z Version』『Need for Speed Heat』『Kenshi』他

  9. GOG.comにてSFRTS『Total Annihilation: Commander Pack』の無料配信が期間限定で開始

  10. Epic GamesストアにてハチャメチャクッキングACT『オーバークック』PC版の無料配信が期間限定で開始

アクセスランキングをもっと見る

page top