視覚的なプログラミングでパズルを解く一人称視点アクション『Glitchspace』がSteam Greenlightに登場 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

視覚的なプログラミングでパズルを解く一人称視点アクション『Glitchspace』がSteam Greenlightに登場

『Portal』や『Quantum Conundrum』、『The Unfinished Swan』など、一人称視点のアクションパズルには様々な作品がありますが、新たにプログラミングの要素を取り入れた新作『Glitchspace』がSteam Greenlightに登場しています。

ニュース 最新ニュース
視覚的なプログラミングでパズルを解く一人称視点アクション『Glitchspace』がSteam Greenlightに登場
  • 視覚的なプログラミングでパズルを解く一人称視点アクション『Glitchspace』がSteam Greenlightに登場
  • 視覚的なプログラミングでパズルを解く一人称視点アクション『Glitchspace』がSteam Greenlightに登場

『Portal』や『Quantum Conundrum』、『The Unfinished Swan』など、一人称視点のアクションパズルには様々な作品がありますが、新たにプログラミングの要素を取り入れた新作『Glitchspace』がSteam Greenlightに登場しています。スコットランドのインディーデベロッパーSpace Budgieが開発する本作は、サイバースペースの世界を舞台に視覚的なプログラミング言語を用いてパズルを解いて行きます。


公開されているトレイラーやゲームプレイ映像ではそのプログラミングによって足場の大きさや形などを変化させる様子が披露されています。本作は多数のシークレットエリア、様々なパズル解法による高いリプレイ性を特色とし、フルゲームでは2~3時間のストーリーモードとサンドボックスモードが搭載されるとの事です。


Oculus Riftにも対応

プログラミングの基礎を学習するためのツールとしての可能性も秘めた『Glitchspace』は2014年Q2にリリース予定。1月には有料のアルファ版がリリースされており、IndieGameStandItch.ioGunroadから購入可能となっています(4.99ドル)。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. SIEが「PlayStation Productions」を設立―PSプラットフォーム作品の映画やドラマ製作を担当

    SIEが「PlayStation Productions」を設立―PSプラットフォーム作品の映画やドラマ製作を担当

  2. 『レインボーシックス シージ』「オペレーション ファントムサイト」新オペレーターの詳細が国内向けに発表!

    『レインボーシックス シージ』「オペレーション ファントムサイト」新オペレーターの詳細が国内向けに発表!

  3. 『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』10月31日に発売! 新キャラや待望の「3学期」などを追加して新生【UPDATE】

    『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』10月31日に発売! 新キャラや待望の「3学期」などを追加して新生【UPDATE】

  4. Steamサマーセールの実施日が判明か―非公式データベースサイトが報告

  5. 「State of Play」で『FF7』リメイク版の新情報が発表!続報は6月に【UPDATE】

  6. ソニーとマイクロソフトが戦略提携、ゲームストリーミングサービスで協力【UPDATE】

  7. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  8. 『レインボーシックス シージ』Y4S2でGlazが弱体化―展開シールドなど調整の一部を公開

  9. アクションRPG『CODE VEIN』CS版ネットワークテストは5月31日から―ビルド構築情報も

  10. かつての親友が敵となる『ゴーストリコン ブレイクポイント』国内でも10月4日発売決定―ゲーム概要を一挙紹介【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

1
page top