ローグライク要素を持つFPS『Tower of Guns』配信日決定、多数の弾丸が襲いかかる最新トレイラーも | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ローグライク要素を持つFPS『Tower of Guns』配信日決定、多数の弾丸が襲いかかる最新トレイラーも

2012年に倒産した38 StudiosにてMMOタイトル“Project Copernicus”の制作に携わっていた経歴を持つ開発者Joe Mirabello氏の新作FPS『Tower of Guns』の配信日が2014年3月4日に決定しました。

ニュース 最新ニュース
ローグライク要素を持つFPS『Tower of Guns』配信日決定、多数の弾丸が襲いかかる最新トレイラーも
  • ローグライク要素を持つFPS『Tower of Guns』配信日決定、多数の弾丸が襲いかかる最新トレイラーも
  • ローグライク要素を持つFPS『Tower of Guns』配信日決定、多数の弾丸が襲いかかる最新トレイラーも
  • ローグライク要素を持つFPS『Tower of Guns』配信日決定、多数の弾丸が襲いかかる最新トレイラーも
  • ローグライク要素を持つFPS『Tower of Guns』配信日決定、多数の弾丸が襲いかかる最新トレイラーも
  • ローグライク要素を持つFPS『Tower of Guns』配信日決定、多数の弾丸が襲いかかる最新トレイラーも
  • ローグライク要素を持つFPS『Tower of Guns』配信日決定、多数の弾丸が襲いかかる最新トレイラーも
  • ローグライク要素を持つFPS『Tower of Guns』配信日決定、多数の弾丸が襲いかかる最新トレイラーも
  • ローグライク要素を持つFPS『Tower of Guns』配信日決定、多数の弾丸が襲いかかる最新トレイラーも

2012年に倒産した38 StudiosにてMMOタイトル“Project Copernicus”の制作に携わっていた経歴を持つ開発者Joe Mirabello氏の新作FPS『Tower of Guns』の配信日が2014年3月4日に決定しました。ゲームはSteamやGOGなどで配信予定。公式サイトでは予約も受け付けられています。


『Tower of Guns』はローグライクのようなランダム要素を持つFPSで、毎回新鮮なプレイが可能。Mirabello氏は本作を「昼休みFPS」と称し、『FTL』あるいは『The Binding of Isaac』に『Doom 2』を混ぜたものに近いと伝えています。


ゲームはランダムなレベル、ランダムな敵、ランダムなパワーアップ、ランダムなボス、多数のアンロックアイテムと武器が用意されており、上手く行けば1~2時間でクリアが可能との事。ただし、それは容易ではないそうです。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. アクションRPG『CODE VEIN』CS版ネットワークテストは5月31日から―ビルド構築情報も

    アクションRPG『CODE VEIN』CS版ネットワークテストは5月31日から―ビルド構築情報も

  2. リマスター版『Ghostbusters: The Video Game』が韓国の審査機関でも発見―申請者はEpic Games

    リマスター版『Ghostbusters: The Video Game』が韓国の審査機関でも発見―申請者はEpic Games

  3. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

    『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  4. 近未来レーシング『Xenon Racer』無料コンテンツアップデート第1弾実施―PC向けデモ版も配信開始

  5. 『ディビジョン2』開発チーム、8人レイド「オペレーション・ダークアワーズ」マッチメイク非対応について説明

  6. ソニーとマイクロソフトが戦略提携、ゲームストリーミングサービスで協力【UPDATE】

  7. ARゲーム『Minecraft Earth』がモバイル向けに発表!現実世界でみんなとマインクラフト

  8. プログラミングを楽しめるスイッチ用『プチコン4 SmileBASIC』5月23日発売決定!「初心者ガイド」も新たに追加

  9. Steamサマーセールの実施日が判明か―非公式データベースサイトが報告

  10. 「State of Play」で『FF7』リメイク版の新情報が発表!続報は6月に【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

1
page top