まさに飛び出す絵本!期待の和風インディーゲーム『Tengami』インプレッション | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

まさに飛び出す絵本!期待の和風インディーゲーム『Tengami』インプレッション

既に報じられたように、飛び出す絵本のようなアドベンチャーゲーム『Tengami』が先日2月20日にリリースされました。メディア用のプロモーションコードを頂いたので、筆者のiPhone5でプレイさせていただきました。

ニュース 最新ニュース

既に報じられたように、飛び出す絵本のようなアドベンチャーゲーム『Tengami』が先日2月20日にリリースされました。本作は日英独の3名のクリエイターによるインディー・デベロッパー、ニャムヤムのデビュー作となります。メディア用のプロモーションコードを頂いたので、筆者のiPhone5でプレイさせていただきました。

開発段階からセンス・オブ・ワンダーナイト(2012)やIndieCade(2012)などでノミネートされ評価を集めた本作。フラットかつ和風というその独特な美しいビジュアルは既に折り紙つき。気になるのは、このビジュアルがどのようにゲームプレイと融け合うのか。



ジャンルとしてはシンプルなポイント&クリックアドベンチャー。ダブルタップで主人公を操作して、気になった部分をタッチします。可能な限りテキストは廃されており、プレイヤーは四季を感じさせる美しいステージを堪能します。ステージの幕間に短歌が詠まれるのも印象的、まさに行間を楽しむ侘び寂びに満ちたゲームです。

プレイして感じた印象としては、一見、和紙のような2Dのビジュアルながらも、ステージ自体は3D的に構成されている点。最大の特徴である「飛び出す絵本」のようなギミックと合わせて、この3Dのステージ構成はいくつかのパズル要素と絡んできます。



ビジュアルには癒やされるもののパズルには骨を折る......

パズルは、主人公の移動場所を作ったり、数字の暗号を説いたりするといったオーソドックスなもの。癒し系なビジュアルですが、パズル自体は意外と骨に応えました。スムーズにパズルが解ければ、2、3時間でクリアできるコンパクトなボリュームですが、パズルに詰まるとなかなか先に進めず、時間を取られます。



この点、主人公の移動速度がやや遅いのが気になりました。パズルを解くためにプレイヤーはステージを動き回る必要があるのですが、移動速度が遅いため、イライラしてしまう場面があります。スーパードンキーコングシリーズなどを手がけたデビッド・ワイズ氏の音楽も純和風でゆったりとしているだけに、パズルに詰まってくるとゲームプレイの単調さは無視できなくなります。

しかしながら、独自開発したツール「ペーパーキット」で表現される飛び出す絵本のインパクトは、新たなUIの可能性を感じさせてくれます。本作だけではなく、今後もこのツールを利用したアプリやゲームがあれば、ぜひ触ってみたいと思います。



また日本のスマートフォンというプラットフォームで、本作のようなアーティスティックな作品をリリースすることは、非常に野心的です。本作が日本のユーザーに受け入れられることで、今後もスマートフォンでインディーゲームがリリースされることを期待したいです。

筆者自身はiPhone5でプレイしましたが、操作性の点でも美しさの点でもタブレットを推奨します。iPadを持っていて、古風かつ斬新なUIとビジュアルを味わってみたい方にはおすすめしたい作品です。現在はApp storeにて500円で販売されていますが、今後、さらにWii U e-shop、 Windows、OS X向けの発売を予定しているそうです。
《Shin Imai》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『Apex Legends』新レジェンド“オクタン”実装、シーズン1開始は日本時間3月20日午前2時から!

    『Apex Legends』新レジェンド“オクタン”実装、シーズン1開始は日本時間3月20日午前2時から!

  2. あの体験がいつでも!基本無料『Call of Duty: Mobile』発表―バトロワ搭載も示唆

    あの体験がいつでも!基本無料『Call of Duty: Mobile』発表―バトロワ搭載も示唆

  3. 今年もやるぞ!ベセスダ・ソフトワークス、E3 2019ショーケースの開催を告知

    今年もやるぞ!ベセスダ・ソフトワークス、E3 2019ショーケースの開催を告知

  4. クラウドゲーミング「GeForce NOW」ソフトバンク協力の日本サーバー展開やVR/AR対応などが発表

  5. 「Geforce GTX 1060」以上でのDXRリアルタイムレイトレーシング対応が発表!前世代カードでも楽しめる

  6. GOTYは『ゴッド・オブ・ウォー』に!「2019 SXSW Gaming Awards」受賞作品リスト

  7. 『Apex Legends』EAが人気ストリーマーNinjaに約1億円の報酬支払いか―ロイター報道

  8. 『Anthem』ドロップ率上昇のアップデートを実施―マスターワークとレジェンダリーを入手しやすく調整

  9. 『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』PC版の要求スペックが公開―全機種の商品情報も

  10. 「Epic Games Launcher」Steamユーザー情報収集問題についてValveが調査を開始

アクセスランキングをもっと見る

1
page top