『Call of Duty』シリーズの2014年新作を手がけるSledgehammerが11職種の新たな人材を募集 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Call of Duty』シリーズの2014年新作を手がけるSledgehammerが11職種の新たな人材を募集

ニュース 最新ニュース


先月初めに行われたActivision Publishingの投資家向け説明会において、『Call of Duty』シリーズの2014年新作の開発を担当する事が発表されたSledgehammer Gamesが、新たな人材を募集している事が明らかとなりました。募集職種はQAテスターからキャラクターアーティストまで11職種に及びます。

  • QAテスター
  • シニア マテリアル アーティスト
  • UI アーティスト/グラフィック デザイナー
  • エグゼクティブアシスタント
  • エンジニアリング プロジェクト マネージャー
  • 開発ディレクター
  • コア エンジニア
  • レベル デザイナー
  • VFXアーティスト
  • 環境アーティスト
  • キャラクター アーティスト

この内「VFXアーティスト」の募集概要は『Call of Duty』2014年新作の方向性や対象プラットフォームを示唆する内容となっており、海外メディアでも注目されています。以下、概要及び応募資格から抜粋。

    概要より
  • 「この職種では、現在のプロジェクトのための非常にリアルな桁外れのリアルタイムエフェクトを作成するため、リード VFXアーティスト、アート ディレクター、テクニカル アート ディレクター、ライティング及びデザインチームと密接に仕事を行うでしょう」

  • 「志望者は武器エフェクト、車両破壊、大規模な剛体シミュレーション、炎/煙/水/天候システムなどの環境エフェクトを含む、様々な分野のゲーム内エフェクトに携わる機会を得るでしょう」

  • 応募資格より
  • 「少なくとも2年から3年間の、コンソールハードウェア(360/PS3)での次世代ビジュアルエフェクト開発」

  • 「現世代ハードウェア(360/PS3)の限界値と期待値に対する経験及び十分な知識」

Infinity Ward、Treyarchに加わる第三の『Call of Duty』デベロッパーとして新たに名を連ねるSledgehammer Games。近年はマンネリ化も囁かれる本シリーズに新たな息吹をもたらす事ができるのでしょうか。今後の更なる続報に期待です。
《RIKUSYO》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 15 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. チームベースのゾンビFPS『Dead Alliance』海外発表―人間も敵になる!

    チームベースのゾンビFPS『Dead Alliance』海外発表―人間も敵になる!

  2. ホラーADV『DYING: Reborn』がPS4/PS VR/PS Vita向けに国内発売決定!

    ホラーADV『DYING: Reborn』がPS4/PS VR/PS Vita向けに国内発売決定!

  3. 『Warframe』開発元の新作『Keystone』発表!―カードデッキで特殊能力使うFPS

    『Warframe』開発元の新作『Keystone』発表!―カードデッキで特殊能力使うFPS

  4. 『GTA V』全世界セールス驚異の8,000万本到達

  5. 2K、2019会計年度に有名シリーズ新作発売か―『ボダラン』『BioShock』の声も

  6. 『バイオハザード7』クリス描くDLC「Not A Hero」が配信延期

  7. 『レッド・デッド・リデンプション2』延期が国内向けに発表

  8. PS4/PS Vita『ザ・ロストチャイルド』発表! 『エルシャダイ』の系譜を継ぐ新作RPG─ルシフェルが語る新映像も公開

  9. オープンワールドサバイバル『Rust』の作者が「早期アクセス」について語る

  10. 『FARCRY5』日本向けティーザートレイラー公開!正式発表は5月29日に

アクセスランキングをもっと見る

page top