国内スタジオMutations、巨人をキーにしたスマホ向けMOBA『World War Titan Front Line』をBitSummit 2014に出展へ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

国内スタジオMutations、巨人をキーにしたスマホ向けMOBA『World War Titan Front Line』をBitSummit 2014に出展へ

本日Mutations Studioは、3月7日から9日まで京都みやこメッセで開催されるBitSummit 2014へとMOBA系RTSゲーム『World War Titan Front Line』をプレイアブル出展すると正式発表しました。

ニュース 最新ニュース

本日Mutations Studioは、3月7日から9日まで京都みやこメッセで開催されるBitSummit 2014へとMOBA系RTSゲーム『World War Titan Front Line』をプレイアブル出展すると正式発表しました。

Mutation Studioは100万ダウンロードを突破したスマートホン向けタイトル『カイブツクロニクル』の製作者である桑田一生氏らが昨年設立した新規スタジオ。家庭用ゲーム機のタイトルをフリーミアムモデルでスマートフォンにリリースすることを目標としており、今回プレイアブル出展が発表された『World War Titan Front Line』も同様にスマホ向けのFree-to-Playタイトルとなることが予定されています。


現時点で詳細は明らかにされていないものの、『World War Titan Front Line』は短時間ペースでプレイが可能なゲームシステムを中心に直感的でシンプルな操作感を添えたスマホに適応したMOBAであるとのことで、また公開されたイメージでも確認できるように強烈なイメージで描かれた「巨人」が本作の鍵を握ることも明らかにされています。

BitSummitは3月8日と3月9日は一般参加も可能。国産のスマホ向けMOBAがどのようなクオリティとなっているのか、気になるユーザーはチェックしてみましょう。
《ishigenn》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 「多くのプレイヤーがスマーフを嫌っているが、この行為は一般的になっている」―オハイオ州立大学の学生がゲームの「スマーフ行為」に関する研究を発表

    「多くのプレイヤーがスマーフを嫌っているが、この行為は一般的になっている」―オハイオ州立大学の学生がゲームの「スマーフ行為」に関する研究を発表

  2. 無許可販売の疑い深まる…海外版『ヴァンガードプリンセス』パブリッシャーのeigoManga、著作権者を“今になって”捜索中

    無許可販売の疑い深まる…海外版『ヴァンガードプリンセス』パブリッシャーのeigoManga、著作権者を“今になって”捜索中

  3. デザインも“小ネタ”もこだわったのに…!Devolver Digitalが「クリックされなかった作品のウェブサイト」トップ15を発表

    デザインも“小ネタ”もこだわったのに…!Devolver Digitalが「クリックされなかった作品のウェブサイト」トップ15を発表

  4. 【期間限定無料】地球外の機械を調査する「非常に好評」パズルゲーム『Machinika Museum』Steamにて無料配布!

  5. 生活シム『Life by You』早期アクセス開始が再々々延期…今回は新たなリリース日も未定

  6. 『ユニコーンオーバーロード』などのヴァニラウェアが“新作の開発スタッフ”を募集!ジャンルは“ファンタジーアクションRPG”に

  7. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  8. 「ずっとやりたかったようなゲームが出るまで待ちくたびれたから、自分で作ることにした」業を煮やした海外名作開発者の次回作とは

  9. 『ディビジョン』シリーズ新作『Tom Clancy’s The Division Heartland』開発中止―発表から3年

  10. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

アクセスランキングをもっと見る

page top