『人喰いの大鷲トリコ』はまだ間違いなく製作中のタイトル、米ソニー幹部が現状を報告 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『人喰いの大鷲トリコ』はまだ間違いなく製作中のタイトル、米ソニー幹部が現状を報告

ニュース 最新ニュース

E3 2009での発表からおよそ5年、プロジェクトが確認されてから8年の月日が経過した『人喰いの大鷲トリコ』。同作の不透明な現状に関し米ソニーワールドワイドのソフトウェアプロダクト開発ヘッドScott Rohde氏が海外メディアのインタビューに応え、『大鷲トリコ』がまだ間違いなく製作中のタイトルであると現状を報告しました。

これは海外メディアIGNがRohde氏にインタビューを実施したもので、同氏は「君たちはこの答えでとても苛立つことになるだろうね」と前置き。その上で「だが100パーセント本当の真実で、我々は素晴らしいゲームを作りたいんだ。一般の人々が特定のゲームに興味を示した時、もちろんそれによって我々はそのゲームの完成に駆り立てられることとなる。だが我々はそれを素晴らしいものに作り上げることも迫られるんだ。もしゲームが素晴らしい出来でなければ、我々はそれを出荷したくはない」とコメントしました。

IGNの記者がいまだPS3向けタイトルであるのか、あるいはPS4向けへと移行したかという質問に対しては「プラットフォームがなんなのか、誰が働いているのか、誰が関与しているのかは発表するつもりは無い」と返答。一方で「だが同作はまだWorldwide Studiosで間違いなく作り合わせている際中(in the mix)のタイトルだ」と答え、まだ開発が継続していることを明言しています。

またRohde氏は個人的な見解として、「実際『人喰いの大鷲トリコ』に関して話すのは好きだ。まだ興味を持ってくれている人たちのことが大好きだよ。我々にとって名誉なことだ」とも伝え、『人喰いの大鷲トリコ』に対し最適なことが出来るよう挑戦し続けるとインタビューを終えています。

)

いまだ進捗が聞こえてこない『人喰いの大鷲トリコ(The Last Guardian)』。当初は2011年リリース予定であった同作は、同年4月に発売延期が発表。2012年には海外スタジオが開発に助力していることが明らかに、2013年には上田文人氏がSCEを退社しフリーランスとして同作の開発に携わるなどしています。
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 53 件

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『PUBG』テンセントが中国で120人以上のチート開発者逮捕を支援していたことが明らかに

    『PUBG』テンセントが中国で120人以上のチート開発者逮捕を支援していたことが明らかに

  2. 病院経営シム『Two Point Hospital』が海外発表!―『テーマホスピタル』開発者の新作

    病院経営シム『Two Point Hospital』が海外発表!―『テーマホスピタル』開発者の新作

  3. PC版『FFXV』&PS4/XB1『ROYAL EDITION』3月6日発売―新マップ「王都インソムニア」など新要素も

    PC版『FFXV』&PS4/XB1『ROYAL EDITION』3月6日発売―新マップ「王都インソムニア」など新要素も

  4. 『PUBG』中国のリージョンロック求める署名運動が発起―既に約4,000人が参加

  5. 『HOUSE OF THE DEAD』新作プレ・ロケテスト開催決定!セガが誇るガンSTG

  6. 噂: リメイク版『バイオハザード2』続報が近日?シリーズ海外公式SNSで気になる動き

  7. Quantic Dream元従業員が劣悪な職場環境を非難―同社CEOは強く否定

  8. 『MotorStorm』『Driveclub』元開発者が新作SFゲーム制作中―Unreal Engine 4採用

  9. 『リーグ・オブ・レジェンド』「LJL 2018 Spring Split」2月9日開幕―あの戦いが帰ってくる

  10. 『METAL GEAR SURVIVE』国内オープンベータ開催決定―シングルゲームプレイも

アクセスランキングをもっと見る

page top